goo

苦境=警告。拾えるかどうか。




 昨日は安倍政権の支持率低下について書き留めました。実際マスコミに載せられて洗脳されている人たちについては、「いい加減眼を覚ませよ」という気持ちでありましたが、陰陽の視点では真実は真逆に存在すると言います。外の世論に見えることこそ、自分の心の内側の様相である。そのような仮説備忘メモでありました。

 しかしメモを書きおいたあとも、この安倍政権の支持率低下が気になっておりました。
 ネットでは、反日マスコミの世論調査だから操作しているに決まっているとか、これほどディスられても支持率が半分近くあるから安心だ。などの意見も目立ちましたが、しかしそれらの指摘は、今回に関しては外れているように感じられておりました。

 その理由は何だろうか。とずっと考えていたのですが、それは「支持率低下」こそが安倍首相に対する重要な警告である。ということでありました。



苦境の中に示された警告

 安倍政権にとって一番のリスクは何でしょうか。反日マスコミでしょうか。反日野党でしょうか。いいえ。違います。
自民党内にいる慢心した議員であります。

 一番のリスクとは人の意識が一番及びにくい一番油断しているところから蝕んでいくのです。
 今の国会では、反日マスコミや野党の印象操作劇だけが目に付きます。しかし現時点での安倍政権一番のリスクは、実は身内である慢心自民党議員でありました。



人はどうして人生の警告を見落とすのか

 人生の警告とはいたるところで私達に示されます。しかし残念ながら多くの警告は、見過ごされてしまいます。そして大きな失敗と挫折をすることで、ああ、あれが自分にとっての警告だったのだ。と思い知ることとなります。

 人生で何度も失敗と挫折を繰り返していくと、人生に於ける警告というものがだんだんニオイでわかってくるように思います。ああ、これは「相手が間違っている」と切り捨てちゃ駄目な案件だ。多分自分が間違っている前提で対応しなきゃ駄目な案件だ。自分の自我とは正反対かもしれないけど、一番嫌な相手かもしれないけど、謙虚な態度をとらないと、あとで自分が泣きを見るパターンだ。
 そのようなことが嗅覚でだんだんわかるようになることであります。

 先週末各マスコミが一斉に報じた安倍政権の支持率低下は、その警告臭(におい)がプンプンしておりました。だから私はひっかかっていたのでした。



一番の側近が一番のリスク。真逆の真理

 慢心した自民党議員とは、まず都議会議員であります。おそらく今のままでは選挙は大きく負けるぞ。という警告でありました。

 また慢心した自民党議員とは側近の官房副長官でありました。加計学園でこじれたそもそものキッカケはこの官房副長官の態度であったと言われます。
 もしこの人物がリーダーシップを持ちながらも、謙虚に担当官僚に接することをしていたのであれば、実は加計学園炎上は起きなかったと思います。



 なぜ加計学園が炎上したか。多くの人は朝日新聞や民進党を非難します。それは事実であります。しかしその問題の奥底には、安倍政権を蝕んでいるシロアリたちが、かなり深刻な問題となっていることを、見抜けるかどうか。

 側近中の側近である官房副長官と、利権まみれの自民党都議会議員は同じ穴のシロアリであると言われています。2F幹事長を悪く言うネット民は多いですが、彼は確信犯的な「ガス抜き演技の役目」のイチ面があります。そういう意味では、官房副長官の方が2F氏より悪質であるかもしれません。



驚きの会見。安倍首相は本質を見ている。

 ただこの厳しい警告を、安倍首相は認識することができるか。ううん。難しいなあ。と一人で気をもんでいた時でした、安倍首相が国民に謝罪会見をしたというニュースが飛び込んで来ました。正直私は驚きました。

==========
加計問題「批判の応酬に終始」と安倍首相、内閣改造も検討

[東京 19日 ロイター] - 安倍晋三首相は19日、通常国会閉幕を受けて記者会見し、学校法人「加計学園」の問題を巡り「批判の応酬に終始した。政府への不振を招いたことを率直に認める」と述べた。今秋の臨時国会前の内閣改造・党役員人事については「これからじっくりと考えていきたい」との認識を示した。
http://jp.reuters.com/article/abe-presser-idJPKBN19A18U?feedType=RSS&feedName=topNews
==========
安倍首相「反省」「謙虚」連発のナゼ 加計問題めぐり自身や周囲の「おごり」意識か

 安倍晋三首相が、「加計学園」問題の対応をめぐり、「反省」や「謙虚」という言葉を連発した。「安倍一強」といわれるなか、自身や周囲に「おごり」「慢心」「過信」があったことを意識したようだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/13223850/
==========



 上記のニュースから読み取れるキーワードは「反省」「謙虚」であり「内閣改造・党役員人事」であります。

 私はこのスピーディーな会見のニュースを知り、本当に安倍首相は恐ろしい人であると思いました。私は現時点では安倍首相支持でありますから、頼もしいと言い換えるべきでしょうか。

 よくあの警告を読み取り解釈し、そして最も早いタイミングで謝罪会見という舵取り修正を行えてたものだ。長期安倍政権の秘密を見たと思いました。

 野党やマスコミは、安倍首相が支持率を下げ、謝罪会見をしたことを、鬼の首をとったように思っているかもしれませんが、正反対です。本当に恐ろしい人間を相手にしていることを知るべきであります。



慢心議員(身内)への最大のメッセージ

 安倍首相が頭を下げた理由は、もちろん国民に対してでありますが、それは慢心した自民党議員に対してでありました。自分達は慢心している。油断しちゃ駄目だ。どれほど謙虚に謙虚にと思っていても、日常の仕事の中では人は簡単に慢心してしまう。私達議員は国民の中で一番下から目線でいなければならない、その自戒を忘れてはならない。
 その強いメッセージを、安倍首相の頭を下げる態度から、ビシビシ感じます。

 次の都議会選では、とにかく議員は初心に返り、自分の利権目線ではなく、国民都民目線で働かせて頂く。その目線を忘れるな。きっと都議会議員の何人かには安倍首相のメッセージは届いたことでしょう。

 私は現時点では小池都知事支持であります。また小池都知事についての考察は別の機会に書き留めたいと思います。ただ豊洲バッシングにしても、前事務次官の援交疑惑にしても、マスコミにネガキャンペーンの支持をしたのは同じ官邸の人物であろうと個人的には推測します。


相手が卑劣でも同じ次元に堕ちてはならない。という教訓

 安倍首相は加計学園問題について、前事務次官の個人攻撃をマスコミに指示した戦略については、間違いであったと考えているようです。
 そうなのです。どんな相手にしても誠意と公正さで接する。ということで結果的に吹く追い風に安倍政権はこれまで助けられてきたのですから。相手の汚いやり方に、目には目を。という戦法を許可したとたん、どういう結果になったか。安倍首相は、やはり。と思い当たるところがあったのでしょう。


 党役員人事の変更。これの意味するところは、豊洲や加計学園問題でマスコミにネガキャンペーン暴走を指示した側近を斬る。ということも含まれている。そのように思います。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )
« 時事ネタ。心... 時事ネタ。 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (薫風亭奥大道)
2017-06-20 10:59:41
私は安倍さんの中に強い慢心を感じてました。正直、危ないな~と思ってましたよ。この慢心は支持者の側にもあったのでは?と苦言を呈しておきます。
危機を呼ぶのは自分自身。
 
 
 
魑魅魍魎の世界 (unknown)
2017-06-20 11:30:53
阿部取層の会見見損ない内容がよくわからないのですが、まるぞうさんの記事で、鳥肌が立ってしまいました。安倍首相のの凄さに感服いたしました。
 
 
 
不振→不信 (Unknown)
2017-06-20 11:33:54
ロイターの記事でも「政府への不振を招いた」と間違えることがあるんですね
 
 
 
火はすぐに消せ (芋瀬童子)
2017-06-20 11:41:05
 造船設計数十年の経験から・・『ここは何となくボヤけている』『ここは燻っている』と感じる案件は火急的速やかに【感情躊躇】(そういう問題は殆ど逃げたくなる、眼をつむりたい問題)を押し殺してブルドーザーのように針の筵の痛さ、苦さを徹底的に味わいながらしかし【しぶとく強引に】解決しなければならない。今回の安倍総理の処置はまさにそれだった。でも【こいつはいかん!】と閃くようになるまでは色々失敗を経験する。
 勝ちに奢って図に乗る、これが一番いけない。口が軽い人間を側においてはならない。

 人生の警告について・・入社試験に出向いて、内定の状況で帰途についたところで驟雨に襲われ、新調の背広ごとずぶ濡れになった。思えばその会社に就職したばかりにずぶ濡れの人生だった。
 初恋の女性に逢おうと朝早く駅までタクシーに乗った。積雪で車が滑って危うく・・。この物語は母親によってメチャメチャにされてしまった。再就職の面接に出かける時道に迷った。これはいかんな、と思ったがその通りダメだった。あるモノを買おうと銀行に振り込みに出かけた。庭を出るところでマムシが居た。振り込み出来なかった、問題ありの口座だった。
 私の場合は人生の岐路やある種の決断に際して(それがうまく行かない場合は)いつも何らかの警告がある。一番多いのが【何故か手間取る】【へびに出くわす】【道に迷う】
 
 
 
道連れにされないために。 (Unknown)
2017-06-20 11:54:13
こんにちは。皇室も、国内の政治も、諸外国の気になる事件も同じ土俵なのかな?と感じてます。歴史は正直、興味ないのですが、数千年?数万年?の集大成の地球のゲームに全ての人類が、参加しているのでしょうね。それを忘れて、観客席にいる気になっていたら、誰でも足元をすくわれるのかな。あるブログでは、神界では、決着がついてるとの事。負けを覚悟した時の道連れの話しも気になります。
 
 
 
同感です (Unknown)
2017-06-20 12:26:13
全て同感です。
昨日は偶然にリアルタイムで総理の会見を視ました。テレビ等めったに視ないのですが、まるぞうさん同様、今回の支持率低下の件について気になっておりましたので夕方のニュースをチェックしようとテレビをつけたらすぐに始まりまして本当に驚きと同時に、この素晴らしい総理をなんとしてでも三期九年支持し続けたいと心より思いました。

また官邸に応援メッセージを送ります。

まるぞうさんの都知事考察も落ち着きましたら是非ともお聞かせください。
総理とタイプは違いますが、都知事の常人離れした深い深い信念により先導されているような気がしてなりません。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-20 12:44:47
ナルホド〜!
そのような直感でご覧になっていたのですね。
参考に なります。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-20 13:18:21
個人的な感想ですけど、森友加計問題を通して、安倍内閣vs野党のバックにいる中韓反日勢力という図式で見ていたので、マスコミも同じ穴のムジナでしょうから、いい加減、国民への印象操作、洗脳にウンザリで、絶対にこういう勢力の思い通りにならないと腹を決めていたところです。昨日の総理の会見は見ていませんが、今日の記事を読んでいて、まるぞうさんに「いいね!」を沢山押したくなりました。(笑っ)
最近では声の大きな主張に一応耳を傾けるけど、冷静に考え、自ら情報を取捨選択し、それでも安倍総理を支持する若者層もいるのが希望を持てるのではないでしょうか。
 
 
 
ネット様様 (乙ヒメ)
2017-06-20 13:19:05
それにしても、左方向の人は角を突いて、大ごとにしますね。 戦後かいつごろかしりませんが、ちょっとした事ときっかけに権利、差別を主張し、法律をかえ、気に入らないことで、人を追い落とす、いつのまにか、TVにも保守の論客がいなくなり、タレントから、専門家までオール左で議論する。  救いはネット。  いつになればこの逆転がおきるのかしら。  ここや、ネットTVで学んでます。
 
 
 
Unknown (兵庫県民)
2017-06-20 14:32:16
いつも記事を拝読させていただいております。色々と参考になる事多々です。ありがとうございます。
安倍総理は本当にすごい方ですね。このまま安倍政権が存続する事を望みます。
一方都知事に関しては。。。
ご存知かもしれませんが、
豊洲移転については大もめにもめ、最後は石原都知事が移転反対派に毛筆の手書きの手紙を送り、やっとまとまった、と聞きました。その移転を見送り、選挙前に結局移転??という不思議な舵取りをなさって、また一波乱を招きます。汚染も問題無いものだったそうです。移転しないとなると中国系に買収される危険もあると聞きました。常識ある色々な方から色々な事実を聞くと、都民ではないのですが心配になります。日本の首都東京が良い方向に導かれますように。
長文、失礼しました。
 
 
 
読売新聞 (Unknown)
2017-06-20 15:05:21
憲法改正問題について国会で読売新聞を読んでくれと言ったあたりから嫌な予感はしましたね。
阪神ファンは読売新聞は読みたくないでしょう。
与党は腐る、野党は毒。
大自然の大祓いも必然です。

このブログが「漢字が多くて読みずらい」には驚きました。
最近の若者は洋画の字幕が読めないので、吹き替えが好まれるとは聞いていましたが本当のようですね。
男系皇統の維持とともに日本語の読み書き能力の維持も大切です。
「読みずらい」は「読むのが辛い」で正しくは「読みづらい」です。
新聞を読んでくれと言われても、漢字が読めない日本人も増えているんでしょうね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-20 15:17:44
安倍さんの背後に、上手に空気を読める人がいるのでは?言葉選びのプロがいるのでは?と思ってます。

謝罪のタイミングがいつも良いですよね、復興大臣の「震災が東北で良かった」発言のときも、直後に謝罪されてましたが、おそらく安倍さんは実際には聞いてないのでは?と思いました。マイクの前に立つ直前に到着されたと思うので。

小池さんが都知事に当選したときには「小池さんには一本取られました」あれも良かった。

もし安倍さん本人の生の発言なら、本当にすごい人だと思います。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-20 17:31:22
フィリピンのミンダナオ島の事件を報道しないマスコミに心底腹が立つ。情報番組はT豚Sウジ朝同じ製作会社が関わってるそうでもうびっくり。
 
 
 
何か (ハルカ)
2017-06-20 17:48:50
国に何が出来るだろうと、ここのところ第n番目の手段が在るはずだと試行錯誤しています。
イメージは既存の中に新しい流れを入れる。

ドゥルーズは既存の社会に違和感を感じて、外から運動がやってくる思想を「ノマド的」と表現しました。まるぞうさんの考えは内からと外からも来てると思います。真我を見るのも聞くのも感じるのも、体があってこそ。
要は面白くてcrazyでためになる思考と実践をやってみるわけです。
 
 
 
成る程 (Unknown)
2017-06-20 18:10:47
昨日からのマスコミの安倍政権が終焉のような報道ラッシュに気分が落ち込んでいましたが、今日の記事で落ち着きました。今の心のまま、3期9年が望まれます。
昨日の会見、演説も誠実ではあるが、流暢ではない。でも、国を思う気持ちは伝わります。兎に角言葉の選びが適切でした。

もし、天災、ミサイル、国が乱れると商売も勉強もままならない。生きるのが精一杯になります。なくす前に、未来の子供のあっと驚く秘策を見る為にも。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-20 18:17:46
アヴェのマリアで安倍晴明で、名が心臓。最強だと思います
 
 
 
斎宮交代 (Unknown)
2017-06-20 18:26:35
本日6月20日付けで、池田厚子様が伊勢の斎宮を退任され、交代に黒田清子様が正式に就任されました。
 
 
 
それも青春てね! (Unknown)
2017-06-20 20:26:27
漢字が多くて、読みづらかったとのこと。私の読みやすいコメントは、スパム※と見なされてしまった。そして、漢字が読めないことを、何度も(複数にんから?)ゆわれた。日本人じゃないみたく。そして、まるぞうさん本にんには、スルーされた。泣くほどの、くやしさと怒りだったらどうしようかと、想像した。

ま、元気出せ!むずかしい漢字は、そのたびにコピーして調べるのさ。ネットならかんたんさ。そうして、よめる漢字のかずを、ふやしてゆけばいいんだよ。ぼくも、たまに読めない漢字あるので・・・だから、読めても、ゴーマンにならないように気をつけようと思いました。やたらと、むずかしいことばを使いたがる人もいるし。大正時代の本みたいな書き方とかさ・・・それはなぜ、やるのか、面白いと思う人もいるし、イヤな人もいるかもしれないけど・・・。
 
 
 
そういうこと (Unknown)
2017-06-20 21:30:11
http://netgeek.biz/archives/98245
 
 
 
Unknown ()
2017-06-20 21:46:33
なるほどですね。私も鳥肌でした。とにかく無事に進むことを思います。自分と違う視点なので読むのが楽しみです。ありがとうございます。
 
 
 
付け加えますと (Unknown)
2017-06-20 21:53:30
まるぞうさんも、他の人も、別に、いじめたくてそうしたわけではなく、たまたまそうなってしまったということだと思いますね。大体は。もっと、行間詰めろとか、スペースあけるなとか、言う人もいるし、気にするか気にしないかも、選択ですね。どうも失礼しました。
安倍さんの動画は、内閣府のHPで見れました。ぼくも見させて頂きました。
 
 
 
心に沁みいります (皆が幸せにを望むひとり)
2017-06-20 21:56:20
今日の記事は、鋭く感服しました。「どんな相手にも誠意と公平さを持つ」とは、人の究極の目標と思います。総理の地位で、これに気付き、実践できるのは素晴らしい。これを指摘てきる、まるぞうさん、凄いです。
 
 
 
切るべき側近 (ちゅぶ)
2017-06-20 22:00:14
噂では〇ソーセージという話もありますが、本当なんでしょうかね?
にわかには信じがたいですが。。。
 
 
 
宮内庁のHP (Unknown)
2017-06-20 23:00:47
見てみました。

会見に至るような事実はなく、ちょっと安心しました。

http://www.kunaicho.go.jp

むしろ誤った報道を指摘されています。
タイムリーなものはないですが…。

http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio.html
 
 
 
まるぞうさんご存知でしたか? (Unknown)
2017-06-21 10:10:46
中央構造線で検索したところ
棚倉構造線なるもの初めて知りました。
 
 
 
Unknown (ないすでい)
2017-06-21 10:32:14
今回の加計学園の「総理のご意向」問題を外野から見ていて、勝手に、私が思った妄想は、過去、アメリカが、PKO問題で、「しょうざフラッグ」と言っている、を故意にねじ曲げて、受け止め、日本をPKOでペシ
ャワールに自衛隊派遣させたことを思いだしました。今回も、多分、誰かが、勝手に、口頭で、ちらっと、勝手な奥底をして、加計学園理事長と総理は、親友、を知ってる人が、言ったことが、伝言ゲームのように、文科省で流れ、伝わり、最後は、文章化され、それを見た人が、「メールは、あった」と言って、「メールの存在」=総理のご意向=総理が指示した、と、繋げようとしているように、感じてしまいます。
真実の現実は、一つ。よく見て、よく聞いて、私も、余計な妄想は、これくらいにしようと思う次第です。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-06-21 11:26:03
フィリピンミンダナオ島の事件ことが、ニュースアプリの国際カテゴリーにすら載ってないなんて、これが情報統制ってやつですか。左巻き思想に染まった連中がISを引き入れて島の町を占拠して住民を盾にして、逃げようとする住民が撃ち殺されたり連れ戻されたりしてるのに。Isがアジアに拠点を作ろうとしてるのに、どこも報道しないマスコミは腐ってる。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。