goo

インターネットの海(デジタル・アーカシック・レコード)


 私が備忘録として書き残しているこのブログでありますが、書いた内容について読者の方々から御礼を言われますと大変ありがたく感謝いたしますが、本心ではこの方は誤解されているなあ。本当はそのように人のために書いているのではないのに。といつも申し訳なく思っております。


 私がこのブログを書いている理由は、一重に自分自身のためであります。なぜか。
 このブログを書く。という行為によって、私は自分が知りたかった様々なことを知ることができる。教えられることが本当に多いのからなのです。


 人に与えるものは与えられる。という言葉は本当に真実であります。たくさんの人に知ってもらう。という行為は同時に私自身に、自分が知りたかったことを教えることになるのでした。


 それはたとえばインターネットやテレビなどの情報であり、読者の方がコメント欄を通して教えてくださる情報であります。
 職業柄、私はインターネットで検索することが得意な方であるようです。知りたい内容の多くの半分くらいは、時間をかけて検索していくと、いろいろな情報を知ることができます。
 そういう点でこの「インターネットの海」というデジタルのアーカシック・レコードは凄い発明だなと思います。私のような凡人であっても、パソコンやスマホで簡単に人類の総知にアクセスすることができるからです。


 私が書く行為を通して知らされるのは、外からの知識だけではありません。面白いのは、書きながら自分の頭に浮かぶ事柄であります。このブログの記事を書いておりますと、自分が思いもかけないアイディアが浮かぶことがあります。書き始めには思いもかけない結末になることがしょっちゅうです。そういう時は私は文章を書きながら、同時に自分の文の最初の読者でもあります。非常に興味深い現象です。


 私がインターネットの海で調べたこと、および書く行為を通して自分自身が知らされたことを、やはり私はこのインターネットの海というデジタルのアーカシック・レコードに沈めて戻していくかのようです。
 私が沈めた記事は、このブログを定期的にお読みになってくださる縁ある方々や、あるいは将来何らかのキーワードで私が書いた内容に辿り着くであろう方々の目にふれることでありましょう。その時は私の自我はなるべく消えていることが望ましいです。私の書いたものは、どこの誰だかわらない無名の人物の書き物であることが望ましいです。それは自我という沈殿物から分離された上澄みを丁寧に掬い(すくい)取り、インターネットの海に流し込で行く作業でありますから。


 もし私が作家になりたいと思って文章を書いたとしたら、それは自我の沈殿物が撹拌された、読むに値しない自己満足の文章の羅列になったことであろうと思います。
 逆に現在のように、地に足がついた本業の生活費を稼ぐ合間に行う、無名の行為であるからこそ、私はこのブログを書くことが許されているのであると思っております。


 今でも自我の沈殿物が混ざることの多いこのブログの記事でありますが、できるだけ上澄みを静かに掬い濾すことができればなあ。と思います。そしてこのように、自我が無名のまま、思考の上澄みをインターネットの海(デジタルなアーカシック・レコード)に溶け込ませることが、私がやりたかったことであった気がいたします。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら

本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )
« 新卒候補生の... 時事ネタ。 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (薫風亭奥大道)
2016-10-19 08:24:00
おっしゃりたいこと、よくわかります。それでいいんです。

思うままに。
 
 
 
Unknown (いずみ)
2016-10-19 09:24:53
まるぞうさん、おはようございます。
朝一でアップ嬉しいです。
読むと元気になります。

今日も一日、現実の海も楽しんで泳いできます!
 
 
 
Unknown (うさぎのロン)
2016-10-19 09:44:42
 まるぞうさん、早い時間の更新をありがとうございます。昨日の記事を読んで、一人で巨人軍の人気も確かに変わってきたなぁと思っておりました。30年程経つと、本当に価値観も変わっていますね。
 時間が早く過ぎていく感覚が増えた事と並行して想定外の事も増えた様に思えます。このような時代に、備忘録として1つの考えの型を残して置くという行為自体に、私は意味ある事だと思っています。考えた事は、インターネットの海に沈めて置いても、型を残した事で誰かの潜在意識にまたいつかアクセスする事もあるかもしれない。そういうセレンディピティな中に、まるぞうさんの記事はあると思っています。 私の感じ方で恐縮ですが、ここは各自個人的な悩みはあるけれど、社会的な問題も無視できないとの考えを共有する人達の現代版サロン的存在に感じます。
 時代が動く時、思えば西欧でも日本でもこうした民衆のサロンでの語り合いというのは盛んだったと思います。今は、ネットを媒体にしますから、集まらなくても考えが新鮮なまま遠方まで拡散できますね。
 今日もブログをありがとうございます。永く続けて頂ける事を切に願っております。
 
 
 
書くこと (Melati)
2016-10-19 09:58:09
仕事についてのシリーズ、国の社会事情は違えども参考になる事が沢山でした。仕事だけでなく人生そのものに対しての心構えとも思いました。

《文章を書くこと無しには思索は進みません》と数学者の岡潔さんは仰いましたが、まるぞうさんの仰る様に、書くことで自分が知りたかった事を思いがけず発見しますよね。私もこうして人様のブログにお邪魔して書かせて頂いて発見する事が沢山あります。

まるぞうさん、(-)×(-)=(+)
       (-)×(+)=(-)

中学で習う数学の法則ですが、どうしてか説明できる?って昨日話題になりまして。
ネットで検索すれば色々説明が出てくるんですが、これ真理の陰陽法則とも似てると感じました。

間違いを重ねて重ねて、気付く事で正す方向にもって行ける。間違いを正論や正当化するだけでは、正す方向に持って行けない、、。
そんな様な事を思ったんですが自分のアホ~な頭では
上手にまとまりませんでした。

岡潔さんやまるぞうさんなら解り易く、書く事が出来るんだろうなぁなんて思いました。数学は真理でもある?

日本はもう秋ですね。季節の変わり目、ご自愛下さい。
いつも為になる記事を有難うございます。
 
 
 
コメントも (トフ)
2016-10-19 10:20:21
実はコメントを書きながら、「えーこと書いたろか」という自我をひしひし感じます。でも読み逃げ隊長も生けなくて、平易なお礼を書き込んでしまいます。本当は名前も要らなくて、名無しで応援隊長になろうかな?
ともあれ、毎日楽しみに有り難く読んでます。
わたしも生活頑張ろう、ってなります!
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-10-19 11:13:05
まるぞうさんもすごいけど、その読者のみなさまもすごい方々だなぁと思います。お会いできて(というか、見えないけど。。)すっごくうれしいです。
コメント欄も楽しみです。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-10-19 12:01:11
まるぞうさん、カッコいい‼  
 
 
 
ありがとうございます (ゆみ)
2016-10-19 12:21:39
毎日読ませて頂いております。
名を出し顔を出し発信されている方の文章でないからこその思い、理解にうなづくことが多いです。

他人がある人の文章に惹かれるのは、知識や情報だけではなく、その人の感情に触れる場合が多いと思います。
まるぞうさんの文章は、その自我、感情部分をあえて出さないようにしているにも関わらず、こんなにも魅力があるのは、その分析力と文章力の素晴らしさにあると思います。

今後の記事も楽しみにしています。
 
 
 
スタンスとして。 (真実一路)
2016-10-19 13:35:05
まるぞうさん、とても意味深く、質の高い"空間"を日々ご提供くださって素敵です。 ネットの海はピン〜キリの中、、こちらは、かなり有用℃が光ってて好きです。

それにしても、人類の意識の海に 誰もがアクセスでき、又、変容していくのを観察できる大変面白い時代に生まれてこれた事は、"生き物にサンキュ〜" …じゃなくって〜、"神様にサンキュ〜" でありますm(_ _)m

70億人類の意識や、神界初め次元の創り主が根源神であるならば、ネットの人類意識の海は、根源神へと重なっているはず?で、、妄想が膨らむし、大いに参加者として"探究"を楽しみたい!

この非常に貴重な変遷に立ち会えているのだから、"今のところまだナンセンスな意識がひしめいている一部の仕事世界"の事などは、まるぞうさん式装備で軽く"いなす"勢いで 塗り替えてくのが、、面白い。。。
 
 
 
Unknown (チャメゴン)
2016-10-19 16:22:52
そうは仰られましても、いつもまるぞうさんの記事には本当にお陰様でとしか言いようのないご恩ばかりです。
今日は「思い出すこと」の記事のままの出来事がありました。今日という日に思い出した事に意味があります。勘違いかもしれませんが、何故かそう思ったので、そうなのかもしれません…。
まるぞうさんの記事は、とても深くて真理なのに、なるべく自我をなくしてというところが、ますます真理なのだと思いました。こうして稚拙なコメントを書かせて頂いて、また載せて頂けて、(皆様には読んで頂けて)本当にありがとうございます!! ご縁に感謝致します。
 
 
 
Unknown (みきぷる)
2016-10-19 16:27:34
インターネットの海。   まるで遠い太古の記憶と今、生きる現代を結ぶ、たゆたうような御言葉。 もしかして自分も何回も転生してる魂のひとりだったなら、、まるぞうさんの記事を読めて良かった! インターネット在って良かった、普通に居たら、まるぞうさんのような賢い御人や、多分すれ違う御縁も無いかもしれない素敵な読者様方と、お話し出来ないモン。
 
 
 
回想 (40,3003,40)
2016-10-19 17:50:00
誠に勝手な印象を語らせてください。まるぞう様は透明な御方だと感じます。どんどん透明度が増しているような気がしています。文章には五感以外で感じとる匂いがあると思っていますが(たぶん色とか音とかもあるのでしょう)、まるぞう様は、匂いまで透明です。不思議に思っています。

私の父は文筆家でした。インターネットを使うことなく、パソコンすら触れることなく、紙とインクの時代を終わらせました。家には2万冊にのぼる書籍やレコードが残っていました。その父が言っていたことですが、頭に入れた膨大な知識は、(整理して)外に出さなければいけない(社会に還元しなければいけないという意味です)と。父は深い無念を残したまま世を去りましたが、本日の文章を拝読して、静かに我が父を思いました。

「自我の沈殿物が撹拌された、読むに値しない自己満足の文章の羅列」、私は作家ではありませんが、これはまったく自分のことだと、自分が書く文章の匂いが語っています。まるぞう様、澄んだお言葉を綴ってくださり、ありがとうございます。
 
 
 
生きてるだけで、、、 (tara)
2016-10-19 19:26:03
今日の文章を読みながら、なんて美しい~としみじみ感じ、胸が熱くなりました。コンピューターの出現で、最近 あの世とこの世が近くなってるように感じています。現実世界の愚かさにホトホト、、、嫌にもなったりしますが、ちょっと光も感じます。やっぱり、生きるって、それだけで楽しいことかもしれません。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-10-19 20:00:25
何故か攻殻機動隊を思い出してしまいました〜。年がバレちゃいますね(笑)
まるぞう様の御考えや仰りたいこと、なされていきたいこと伺いまして、ますますなるほどー!と納得、感動しました。
お仕事のお話もとてもタメになりました。うんそうそう、そうなるようしていかんとね!と勇気づけられましたよ!!
 
 
 
隠徳 (ハルカ)
2016-10-19 20:30:21
「隠す徳」なんか面白そうな言葉だ。
隠しても神様にはお見通しってわけで、こそこそやる徳って楽しい。
中学坊主を出しに募金活動っていやらしいなぁと思って、やるなら個人でまとまった額を出せばいいじゃん。

webの海は汚いのも多いのでちゃんとゴーグルと酸素ボンベをつけて入りましょう。webと行動の二本立てで前に進める。
 
 
 
いつもありがとうございます。 (kikehi)
2016-10-19 20:31:58
まるぞうさん
いつも拝読しております。
今日の記事は、だから、まるぞうさんの記事は、同意、反論あっても、すーっと拝読できるのですね。
 
 
 
Unknown (うた)
2016-10-19 20:49:13
まるぞうさん、こんばんは。まるぞうさんの記事を参考に改めて生活を見直し始めたところ、陰徳を積める瞬間が来るたびに、自分の反応が様々です。一瞬げっ‼︎と思ったり、やばっ‼︎て思ったり、陰徳やったーやりますやります…と一日中自分と向き合うと、良い意味でのクタクタになり、夜は快眠です笑。素敵なご縁に感謝しております。
 
 
 
よく訪れるサイト (ジェダイカズ)
2016-10-19 21:23:53
まるぞうさま
いつも本当に本当に勉強になる記事更新ありがとうございます。会社経営者として私では全く及ばない知る由も無い経験積まれているからだと思いますが、本当に深い考察にいつも勉強させていただいております。もしよろしければまるぞうさんんがよく訪れる情報サイトあれば教えていただきたく思います。裏情報オカルトなど特に世間ではマユツバ物とされているところなど特に嬉しいです。よろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (最初はみみ)
2016-10-19 22:57:18
この備忘録は、ピュアなまるぞうさんの心がなさりたいことなのですね。
真の心がやりたいこと。
インターネットの海に溶けこんでいくのですね。
共有意識に溶け込んだモノは、各人の心に響いちゃうのでしょうか。
動機の発端は、人のためでは無く、自分に正直に、自分が生かされてる事に真剣に。。
木々が自然にしていても、二酸化炭素出してくれてありがとう~って感謝する人もいるし。というか、そんな気持ちになる瞬間がある。
自然が一番。
独り言でした~。

 
 
 
想いのままで (幸(さち))
2016-10-19 23:36:38
まるぞうさま、初めてコメントをさせていただきます。
こちらを知ってまだ一か月にならないのですが、とても引き付けられて毎日楽しみにしています。

読者のおススメで本を出したらというのを見て、これは安易な希望で、まるぞうさまはそれには乗らないだろうと思っていました。
それは、このブログは「まるぞう忘備録」だからです。
私たちはエネルギーの海のなかにどっぷり浸かって生きていて、インターネットの海もその一部であり、どれをチョイスするかは自分次第です。
その中でキラリと輝くこのブログに繋がったことはとても光栄なことです。
そして、今回、想いの一部を美しい言葉で編み込んでくださって、またまたありがたいことです。
これからもよろしくお願いいたします。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-10-20 02:45:15
一昨日(安易な希望で?)一冊の本にまとめて欲しいと書いた者です。つまらぬ提案すみませんでした。まるぞうさんに作家になって欲しいとは、自分は全く思いませんです。
そのままのお心のままの、まるぞうさん節がまるぞうよもやま話が好きなんですから。
 
 
 
ありがとうございます (Unknown)
2016-10-20 08:39:56
毎日拝読させて頂いています。息子が大学生になり数年後には就活を迎えますが、先日来の記事は読んでもらいたいなぁと心から思うものでした。自分自身にもとても心穏やかになれる内容でした。大企業と言われる会社への内定、一見とても素晴らしい事ですが、良いと思われる事が必ずしもそうであるとは限らない、悪いと思える事がそうであるとは限らない。生きていくって時に辛いと思う事もあるけれど楽しんで行きたいです。リーマンさんのブログにはばな子さん関係の検索でたどり着きました。そしてそこからまるぞうさんともご縁を頂きました。ネットの海は不思議に満ちています。1人でも多くの方が良きご縁に繋がりますように。本日もありがとうございます。
 
 
 
Unknown (ツクル)
2016-10-20 09:30:12
私はSNSなどで、農業と食をテーマにタイムラインにあげています。
自身の提示する情報は最低限で、なるべく無個性にして文章を添えると、色々な情報をくれるコメントが来ます。
とても面白くて、友達じゃなかった人まで交流して、新たな情報を広げて頂けます。
本当に恵まれた時代に住んでます。
 
 
 
ジュダイカズさんへ。 (まる(=・3・=)ぞう)
2016-10-20 12:08:33
下記サイトはRSSで読んでいます。

http://blog.goo.ne.jp/akamine_2015
http://kkmyo.blog70.fc2.com
http://business.nikkeibp.co.jp
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/
https://jp.sputniknews.com
http://jp.reuters.com
http://www.gekiyaku.com
http://kabooo.net
 
 
 
備忘録について (aiki)
2016-10-20 13:00:43
いつもためになる記事をありがとうございます。
自宅から是非、PDFを希望したいと思っています。
これからもよろしくお願いします。
 
 
 
ありがとうございます (ジェダイカズ)
2016-10-20 20:27:22
まるぞうさま
ありがとうございます!
これは本当に勉強になりそうなサイトばっかりです!
ありがとうございます。
 
 
 
もっと早く‥ (unknown)
2016-10-22 00:12:19
こんばんは。まるぞうさん。
今回のシリーズ胸にストンと腑に落ちてます。思えば若い頃より仕事を転々とし1番長く続いて1年半でした。身の丈に合わなかったり目先の事しか考えず我慢が足りませんでした。中年になって取得した資格もせっかくのチャンスだったのに1年しか頑張れませんでした。当初の予定では3年勤務し移動願いを出そうと計画を立てていたのですが。踏ん張りが効かず仕事の覚えが悪い自分を卑下し申し訳ないこのような自分は皆に迷惑をかけてしまうとばかり考え肝心の業務を覚える事が半分以下だったように思います。自分の事ばかりで教えて下さっている先輩の大変さを考えられませんでした。そして怒られたり厳しく指導された事、失敗をした事は体に身に沁みて僅かな経験ですが今の仕事に生かされてます。人生も半分を過ぎましたが蓄えがないのでまだまだ働かなくてはなりません。謙虚にそして良心に沿いながら悩んだ時はまたこちらを読んでいきたいと思いました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。