goo

春の散歩道。



 先週のことです。仕事の都合で、あるスマホ端末を、取引先担当者に送る必要がありました。そういう場合は通常なら宅配便を使うのですが、その人はもう出国してしまうので、直接成田空港に手で持ってきて欲しい。というのです。

で、いつなの?と私が聞きます。

22日のお昼過ぎにお願いします。第一ターミナルです。

え?22日って土曜日じゃない。お休みだよ〜。

まるちゃんお願いしますよ。

ったくもう。。。





 京成本線という電車で成田空港まで向かいますが、ちょっと早く着きすぎるようです。時間があるので、京成成田という駅の一つ前でぶらり降りてみることにしました。京成成田とはあの有名な成田山新勝寺です。そしてその次の駅がもう成田空港です。

 成田の一つ前の駅は、公津の杜(こうづのもり)という駅名です。不思議な名前の駅名です。
 杜(もり)とは「鎮守の杜」の言葉のとおり、神社の杜です。この場所には「杜(もり)」があるのでしょうか。



 降りてみてちょっと驚きです。再開発が進んだ真新しい駅です。駅前にはキレイな大きなマンション群が立ち並びます。駅名から来るイメージとちょっと違いますね。





 駅の北口を数分歩くと大きな公園があります。「公津の杜近隣公園」。この写真ではわかりづらいですが、たくさんの鯉のぼりがたなびいており、小川もあり、広々とした良い公園です。
 駅前の再開発で洒落た街並みの新興住宅街はこの公園までです。この公園を過ぎると一気に風景が変わります。





 正面に見えるクレーン2機が駅前のマンション群を絶賛開発中です。しかし国道464号線を渡ると一気に一面田んぼの風景です。



 ずっと遠くまで、見渡す限りの田んぼです。
 今の時期は丁度田起こしの時期なのですね。田んぼに水を入れて田起こしをしているお父さんがいます。その向かいからおかみさんが「とうちゃん、ごはん〜!!」と大きな声で呼びかけますが、お父ちゃんはトラクターのエンジン音で聞こえません。無心にトラクターのハンドルをさばいています。そんなお父ちゃんをじっと見ているおかあちゃん。そんな春の田園風景でありました。




 更にずんずん進んで、小さな丘を登って行きます。立派な竹林とタケノコ。



 丘を越えると聞こえてくるゲコッゲコッゲコッという無数の蛙の声。蛙とは夏に鳴くものと思っていましたが、こんな春の昼間も鳴くのですね。田んぼに水が張られたので喜んで土の中から出て来たのでしょう。



 林からはホーホケキョと鶯の声が聞こえます。蛙と鶯の二重唱であります。





 お地蔵様が菜の花に囲まれておりました。このお地蔵様の後は小川です。何人かの小学生の男の達が釣りに来ていました。







 道沿いの花壇。道標には1.2kmとありますから半分は来たようです。


 あと0.8km



 季節が良いせいでしょうか。道端にたくさんの花がさいています。ここが杜なのでしょうか。











 着きました〜。








 駅から徒歩で30〜40分ほどでした。往復5キロ。皇居一周と同じぐらいの距離です。天気に恵まれ良いお散歩でありました。ゴールデンウィークに行かれる方は下記地図をご参照ください。私が通った道です。

行き方地図



追伸)
 「公津(こうづ)の杜」の地名の由来を調べました。印旛沼に麻賀多神社の為の港「神津(こうづ)」が「公津」になったそうです。当時の「公津村」という地名は今は「公津の杜」に残っています。

 麻賀多神社/天日津久神社は、ここ数年参拝者が急増し、一気に見違えて立派になって来ております。ご存知の方も多いと思いますが、土地内に埋められていたゴミはショベルカーで掘り出されたあと、天日津久神社の周囲に柵と鳥居が建立されました。また大権現様の碑にも社が建てられました。現在は御本殿が立て直しの工事中であります。

 社務所は1日と15日しか人がいない無人の神社であります。(御札は無人販売所で分けていただけます)しかし無人の神社でありながら手水所の御水は流れており、やはり大切な場所であります。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )
« 正気に戻った... Jアラートが鳴... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (しゆり)
2017-04-23 12:38:47
歩いて行くなんてまるぞうさんすごいですね。車でも駅からそれなりにかかりますもの。
とても近くに住んでいていつでも行けるのに2ヶ月ほど行けてません。時間は作るものだと再認識させてもらいました。いつもありがとうございます
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-23 12:44:21
わお~ぉ、何気にマガタ神社まで行ってきたんですか。私もいつか参詣したいと思っていたので羨ましいです。写真の風景を見ているとこのまま変わってほしくない風景で、いずれ建物が沢山立ち並び自然が失われていくのだろうと思うと寂しなりますが...。...ただ神社だけは守ってもらいたいと願います
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-23 13:04:29
公津の杜、そうなんですよ、駅前は近代的。あのあたりには縁があり昨日もお参りをしてきましたがのどかですね、まるぞうさんの記事を読み、私も公津の杜から歩いて行って見たくなりました。最近某週刊誌に大麻の神社とか書かれたみたいでビックリです。呆れます。
 
 
 
桃源郷? (ハルカ)
2017-04-23 13:12:03
何処の桃源郷かと思ってしまいます。
グローバルの波が届かない場所はまだあるんですね。
ロシアの街並みや玉ねぎ頭の教会を見るとより感じます。
 
 
 
素敵な風景 (うさぎのロン)
2017-04-23 13:22:23
 記事の更新をありがとうございます。
都心なのに田園風景が広がり、とても美しい所ですね。
 そして、相変わらずまるぞうさんが、御使いされているのかと微笑ましく拝見しました。
ほら、この大事な時期に麻賀多神社へ参拝されているから。 出雲、上賀茂の時もちゃんと、お仕事が入って、まるぞうさん自ら行かれてましたね。 足を延ばしてくれる方への御使いに偶然は無いって事ですよ。ふふ。
素敵な写真を見ることが出来て良かったです。
ありがとうございます。
 
 
 
ありがとうございます (ジャスティン)
2017-04-23 13:23:35
麻賀多神社への電車での行き方、これはとても参考になります。ありがとうございます。
 
 
 
行きたくなりました! (Unknown)
2017-04-23 13:44:47
知ってはいてもなかなか足を運べず、もし行くのならバスで…と思っていましたが、今日のお話を見て歩いていきたくなりました。続きはありますか?(楽しみにしています)
 
 
 
地図を掲載しました。 (まる(=・3・=)ぞう)
2017-04-23 13:49:40
記事の下に私が通った経路のリンクを掲載しました。と言っても「公津の杜駅」と「麻賀多神社」をGoogleMapで検索しただけのものでありますが。
片道40分の往復5kmを普通に歩ける人で、地図を見て歩ける方であれば、ゴールデンウィークには良いハイキングコースと思います。

もう少し季節があとになるこ今度は暑くて厳しいでしょうから、今が丁度良い季節なのかもしれません。
 
 
 
感想 唐獅子牡丹 (koike)
2017-04-23 14:10:28
とても良い 日記と。
歩いてゆく推移と、風景の経過。
花たちや 農家の夫婦。
ある意味で有名に、なってしまったこの社にゆくまで、
この沈黙の推移に、サリンミサイルや
日本人は ついに覚醒はできるのか?
のまるぞうさんの 焦慮の内部意識が
ひとことも言わないだけに
強く感じました。
わたしもいま、麻布十番の公園で奥様のつくってくれたお弁当と、安白ワイン。
でも目の前の外人さん親子をふくめ
幸福な 親子の嬌声。
不吉なイメージがこの風景に、だぶり。
まるぞうさんのいう こころに” 喪服 ”の用意を、というのを 自戒します。

ジェラール. ド.ネルヴァル の
「 オーレリア 」という書は いいですよ。40年ぶりに読んで、、まいりました。
岡潔が こともなげに未来から透視する、
異様に神的な 原宇宙エイリアン、日本人
また 今回もだめだったか、
また45億年待たなければいけないのか!
と ふつうに 言ってました。
そんなことを 宇宙の実相を 描いて
狂死した ネルヴァルの オーレリアを
この 硝煙の匂いがする この世で
同時に看てます。

それにしても、武闘派のまるぞうさんを
成田まで チョット スマホ 持って来い、とは、たいした度胸。
兄さん、かんろくやなあ、すじもんかい?(健さんの映画シーンより) (^^)
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-23 14:10:49
改修工事中ではなかったのですか?
 
 
 
わぁ〜 (のに3987のように)
2017-04-23 14:31:33
きれいになりましたね〜。
ゴミは少し減ったのかしら。
東京の郊外から電車だと結構時間がかかりますか?
 
 
 
Unknown (チャメゴン)
2017-04-23 14:39:01
まるぞうさん、今日はどんな所に案内して頂けるのか知らん…と読み進めていくうちに…あらまぁ麻賀多神社ではございませんか!!!
いつかは参拝したい、と思っていますが、このゴールデンウィークで行けることになるでしょうか…。行きたいなぁ〜。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-23 17:35:34
ナミダが じわーっと 溢れてきます。
優しい文章を ありがとうございます
m( )m
 
 
 
足を延ばせば印旛沼 (belly)
2017-04-23 17:44:51
いつか歩きたいと思っていた道を紹介して下さり、楽しく読ませていただきました。有難う御座います!

私、去年の1月の寒い時に参拝いたしました。
以前バスで麻賀多神社へ行くには・・と調べていたら、終点が「甚兵衛渡し」というのに惹かれていて、去年は車で行ったので参拝の後、足を延ばしてみました。

台方の森を抜けると印旛沼の畔、空も広々として大変気持ちの良い風景が広がっていました。
天之日津久の神様もこの空を散歩されているかも?と自然に思えました。
川魚の養魚場のところに和風のレストランがあり、鰻やナマズの天ぷらがあります。
その裏手には私達が「甚兵衛ランド」と勝手に名付けた(笑)味のある?子供の遊具施設と釣り堀があって、参拝の直会に楽しく過ごしました。

次回お時間があったら是非一度、足を延ばしてみてくださいませ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-23 17:48:09
まるぞうさん、ありがとうございます。
 
 
 
追伸 (belly)
2017-04-23 18:04:24
地図があったのに気づかず!失礼しました。
私が立ち寄ったのは、手前の養魚場の方です。
甚兵衛公園はすぐそばのような気がしてましたが、少し先だったのがわかりました。
 
 
 
追記しました。 (まる(=・3・=)ぞう)
2017-04-23 18:24:24
公津の杜の地名について追記しました。やはり麻賀多神社の杜のことです。印旛沼の神様の港(神津)の意味です。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-23 19:34:21
地図より文章で言ってもらった方が親切だと思うのですさっぱり分かりませんでした。やっぱり一人歩きは不安になります。バスが一番です。
 
 
 
うわぁ〜! (kokoro-utau)
2017-04-23 20:29:34
麻賀多神社様じゃないですか〜!
まるぞうさん、ありがとうございます。 なかなか参拝に行けない遠方ですから、こうして道のりまで拝見させて頂ける事が有り難いです。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-24 09:18:49
自分がさっぱりわかりませんでした、ということを人のせい?こんなに親切に地図のせてくれてることに全く感謝無しかーい。
 
 
 
天津の神様!!! (夏小町)
2017-04-24 10:06:56
天津の神様!!!ブログをありがとうございます、いつか自分も参拝したいと思います!
 
 
 
Unknown (riria)
2017-04-24 12:08:54
まるぞうさん、ありがとうございます。
私も遠方なのでなかなか行けなくて写真や皆さんのコメントでイメージを浮かべておりました。駅からの道のりの写真では一緒に歩いてるような気分になりました。周りは懐かしい里山みたいですね。いつかは行きたいです。マップはブックマークに入れておきます。
 
 
 
歩きもいいですね (素ラーメン)
2017-04-24 12:40:18
記事のアップありがとうございます。 最近ちょこちょこ拝見させていただいてます。
麻賀多神社には車で一度、バスで一度行ったことがあります。次は片道だけでも歩いてみようかと思います。
久しぶりにコメントしてみました。ではまた。
 
 
 
新ルート開拓 (ちゅん)
2017-04-24 18:36:41
まるぞうさんはじめまして。

いつも貴重なお話ありがとうございます。
麻賀多神社へ23日に行ってきました。

私は千葉市の京成線沿線に住んでいるので、月に一度、新月期間に参拝しています。
最初は公津の杜駅から徒歩で参拝していましたが、夏場は結構過酷な参拝でした。
JR成田駅西口から「はなのき台行き」というバスが出ています。駅からバスに揺られること15分、終点のはなのき台、または1つ手前の遊歩道前で降りると、麻賀多神社まで徒歩10分ほどで到着します。
坂を下って田んぼを抜けてまた坂を上がりますので、脚の不自由な方には向きませんが、私は以前よりもずっと楽に参拝できるようになりました。
東京方面から電車で参拝される方は、快速の停車するJR成田駅でバスに乗り換えるほうが楽チンかと思います。

このバスは1時間に2本ほど運行しています。運賃大人230円。
成田駅西口時刻表
http://transfer.navitime.biz/chibakotsu/pc/diagram/BusDiagram?orvCode=00176423&rrCd=00055264&updown=1

はなのき台時刻表
http://transfer.navitime.biz/chibakotsu/pc/diagram/BusDiagram?orvCode=00303651&rrCd=00055264&updown=0

長いので一番下に行き方地図のリンクを貼ります。
https://www.google.co.jp/maps/dir/35.7769171,140.2798547/%E9%BA%BB%E8%B3%80%E5%A4%9A%E7%A5%9E%E7%A4%BE,+%E3%80%92286-0003+%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E6%88%90%E7%94%B0%E5%B8%82%E5%8F%B0%E6%96%B9%EF%BC%91/@35.7739711,140.2768179,16.7z/data=!4m9!4m8!1m0!1m5!1m1!1s0x60228bcfdbc140df:0x97b72a5a70d04b0c!2m2!1d140.2763581!2d35.7707357!3e2

ご参考まで。
 
 
 
Unknown (質問をお願いします)
2017-04-26 18:07:40
まるぞうさんの歩いたルートですが、ベビーカーを押して行けそうでしょうか❓
ちゅんさんの情報も参考にさせて頂こうと思っています。
 
 
 
質問お願いしますさんへ。 (まる(=・3・=)ぞう)
2017-04-27 10:13:56
私が通った道は全てアスファルトでありました。したがってそういう意味ではベビーカーを押して歩くことは可能です。
ただ丘を越えますので、急坂ではありませんが、上りと下りがあることと、片道40分はかかりますから、お母さんもお子さんも普段から長距離をベビーカーで歩くことに慣れていないと難しいかもしれません。
 
 
 
ご回答ありがとうございます! (Unknown)
2017-04-27 11:48:32
まるぞうさん、丁寧なご回答をありがとうございました。私は歩くのが好きですし、子どもも赤ちゃんではないので、ある程度は降りて歩かせる事が可能と思います。でも、陽射しの強さと水分補給には気を付けた方が良さそうですね。ありがとうございました♪
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。