goo

窮鼠。追い詰められたネズミ。


中国共産党政府を潰すためのステップ

 アメリカは二つのパンドラの扉を開けるべく着々と準備をしているように思われます。

 パンドラの一つ目は中国潰しです。
現在トランプ政権が中国を潰すための方策は3つ考えられます。
①北朝鮮へのアメリカ軍攻撃を認めさせる
②中国の不正貿易(ダンピング)を叩く
③南シナ海の解放軍の侵出を叩く

 特に今日と明日に行われる米中首脳会談は特に①と②の踏み絵を踏ませるものと思います。

 習近平氏はアメリカとは戦争をしたくありません。しかし①と②の譲歩もウンとは言えません。本当に厳しい苦渋の会談となることでしょう。



米軍の北朝鮮侵攻を皮切りに

 ①については、トランプ氏は、中国が北朝鮮に厳しい経済制裁を行うことを要求することでしょう。しかし元々北朝鮮と繋がりが深いのは解放軍で反習近平の瀋陽軍区と言われておりますから、コントロールは難しいでしょう。

その場合は米軍が単独で北朝鮮に軍事攻撃を行うから、邪魔をするな。という内容になるでしょう。これが今回の首脳会談の一番の目的であると思います。



北京政府は韓国のTHAADを強烈に反対していますが、もし北朝鮮に米軍が侵攻し、駐屯基地でも作られたら、もう本当に地政学的に非常に不利になります。
従って米軍の軍事侵攻は何としてでも食い止めたいところでありますが、北朝鮮に強い圧力を掛けることもできず、(例えば)1ヶ月という時間猶予を切られたまま、時間切れになる可能性が高いです。



トランプ政権は「北朝鮮の核弾道ミサイル技術の脅威」をアメリカ国民に宣伝し始めております。これは米軍が本気で北朝鮮に軍事侵攻するよ。という世論支持のための準備であるように思われます。

また安倍政権が駐韓大使と領事を戻したのは、有事の際の邦人保護と言われています。
5月上旬の韓国の大統領選挙では、反米親北の人物が選ばれることはほぼ決定していますから、米軍が北朝鮮の軍事侵攻を行うのは、その前が一つの山場となります。
そして大統領選挙前に米軍が侵攻した場合、韓国国内は大混乱となる可能性が高いです。在韓日本人は米軍基地から引き上げさせなければなりませんので、そのための日本政府の窓口の役割です。



米軍が北朝鮮に侵攻すると、韓国の国境付近(ソウル含む)は大きな危機に晒されます。もう本当に韓国は国全体が危機に晒されておりますが、韓国国民の多くはそのことに目をつぶったままのように思われます。

==========
韓国の掲示板より
韓国人「日本は今、韓国の有事に備えている」

1. 韓国人(スレ主)
今日、在韓日本大使を急遽韓国に帰国させた理由について、日本の官房長官は「邦人保護が必要だから」と答えた。

それで、日本では、韓国で戦争が起きるのではないかという話が出ている。

2. 韓国人
北韓の情報を最も多く収集する日本が、あのような行動を起こしているのを見ると、今回ははっきりしているようだ

3. 韓国人
騒ぎ立てることについては日本が世界トップクラス

4. 韓国人
猿特有の精神勝利wwwwwwww

5. 韓国人
韓国国民だけが知らないwwwww
本当にマスコミのゴミ野郎どもは

6. 韓国人
>>5
何を知らないのか出来損ないめ
知識人のふりをするな

7. 韓国人
>>6
ニュースで扱わないということを言ってんだろ
何が知識人のふりだ病身

8. 韓国人
>>6
知識人のふりで笑ったwwwww
韓国のマスコミだけ報道していない

9. 韓国人
>>8
メジャーな報道機関だけが報道しないだけで、ちょっと関心をもってグーグル検索すれば、北爆の兆候に関する記事はたくさん出てくる

10. 韓国人
>>9
だから、今のマスコミは、セウォル号と大統領候補について集中的に報じており、ポータルのメインにそのような情報は上がらない
関心のない一般人が、わざわざ検索するのか?
北爆の兆候などいくら話してもキチガイ扱いされるだけだwwww

11. 韓国人
習近平とトランプが会うということも知らないやつが大半だった

12. 韓国人
もともと、現実が近づくにつれ、信じないようになるものである
・・・
64. 韓国人
韓国人は、戦争が起きてちょっと人が死んでこそ、ようやく反共意識が芽生える人畜どもである

65. 韓国人
我々はいつものんきな民族であった

http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/51003273.html
==========



②については、中国の鉄鋼ダンピングについて停止するように交渉するでしょう。しかしもし今中国がダンピングを止めてしまうと、大量の失業者が出てしまい、共産党政府の存続が危なくなります。
上げ底経済で実体を粉飾している経済の弱みであり、経済の崩壊は即共産党政府支配の崩壊に繋がります。

従ってこちらも習近平氏は呑むことはできず、時間切れのまま、アメリカは中国輸入品に対し、高関税を掛ける政策になるでしょう。



トランプ政権が習政権に突きつけているのは、王手飛車取りであり、自分で自分の首を締めるのか俺に首を締められたいのか。という選択しかありません。
習政権北京政府は自分で自分の首を締めることは出来ませんから、トランプ氏が宣言した期限を過ぎてアメリカから首を締められるということになるでしょう。



トランプ政権が開けようとしている二つ目のパンドラの箱は、イスラエルと中東です。
==========
シリアめぐり安保理緊急会合 欧米・ロシア激しく対立

内戦が続くシリアで化学兵器が使われた疑いが強まる中、国連の安全保障理事会で緊急の会合が開かれましたが、誰が攻撃を行ったかについて欧米とロシアの主張が真っ向からぶつかり、欧米が提案した非難決議案のこの日の採決は見送られました。
シリアでは、北西部イドリブ県の反政府勢力が支配する町で4日、激しい空爆があり、少なくとも72人が死亡しました。
現場で医療活動を行っているNGOは、住民の症状から猛毒のサリンなどの神経ガスが使われた可能性が高いとの見方を示しています。

国連の安全保障理事会は日本時間の5日夜遅くから緊急の会合を開き、アメリカのヘイリー国連大使が「きのう起きたことは化学兵器を使うアサド政権の特質を示している」と述べてアサド政権による攻撃だと非難しました。

これに対しロシアのサフロンコ次席国連大使は「シリア軍は反政府勢力が化学兵器を保管している倉庫を空爆したにすぎない」と述べて化学兵器を保有していたのは反政府側だと出張し、双方の主張が真っ向からぶつかりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170406/k10010938681000.html
==========

シリアに対してアメリカとロシアの対立が深刻化することは日本にとっては良くないことです。
しかし中国にとっては良いことです。王手飛車取りで国を潰される局面を向かえている習政権にとっては、アメリカを共通の敵としてロシアと組むしか選択肢がないからです。


トランプ政権内のシオニズム原理主義の人達は、アメリカはたとえロシアと敵対したとしても、エルサレムをイスラエルの首都とし、パレスチナとシリアをイスラエルに戻すべき。というアジェンダを尊重しているように思われます。



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )
« 外貨準備の考... 再会。 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-06 11:47:54
在韓邦人3万何千人をどうやって、救出するのでしょうか?
できるだけ早く、自主的に日本へお帰り頂きたい。
救出時に紛れて、多くの韓国人も日本へということがないように。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-06 16:42:44
個人的な意見ですが、米軍の北朝鮮侵攻は、今年中は起こらないのでないかと思っています。
本家も言ってましたが、トランプ政権は主要な閣僚人事の指名すら終わってなく、権力の掌握ができてないからです。国内が二分した分裂状態では戦争はムリじゃないかと。
また、国民の支持も全く得られないからです。米国でも戦争をするときは、国内の強い支持がないとできないです。イラク戦争を見てもわかるとおりです。
米国の一般市民の今の気持ちは、大規模な戦争なんてゼッタイイヤ!大反対!でしょう。

北朝鮮侵攻は、背後に中国がいることや、地政学的に日本へ波及する可能性を考えると、孤立したイラクを叩けば良かったイラク戦争よりも難易度が高く、米軍の犠牲も大きいはずです。
イラク戦争時は、米軍はかなりの時間をかけて完全勝利の布陣、戦略を立てたと聞いています。
戦争のための米国内の世論作り、政権の権力掌握、米軍勝利の戦略作りにかかる時間を考えると、米軍の北朝鮮侵攻は、来年以降ではないでしょうか?
ただそのあいだに、本家が示唆したように、中国、北朝鮮、韓国の三国同盟が結ばれ、さらに背後にロシアが軍事顧問としてついてしまうと、米軍でも勝てるかわかりませんね。
トランプ氏はロシアと提携したいのでしょうが、米国内の反ロシア・親中国の抵抗がとても大きいのだろうと推測され。

国際情勢は先の見通しが立たず、心配でなりませんが、心乱されず平常心で過ごしなさいね、と本家はおっしゃているのでしょうね。
 
 
 
気になること (乙ヒメ)
2017-04-06 20:50:17
 これから先色々な事がおきるとおもいますが、 何が心配って、やはりこの国に一緒に住んでいるC国人、在Oの人。 それに日本の嫌いな日本人。寺社仏閣に油を撒いてる人もいますが、テロが怖いです。 対日本アジア同盟なんてできてしまえば、どうなるのでしょう?
 
 
 
Unknown (coralpink)
2017-04-06 22:33:33
初めて投稿します 20歳の息子からの影響とまるぞうさんのお話しで 世界情勢が分かってきました
本当に詳しいお話しで 有り難いです
ここまで詳しく書いてくださるおかげで 理解できたことも多々あります

今の20歳も日本を取り巻く情勢を良くわかっています
 
 
 
軍事侵攻の場合 (Unknown)
2017-04-06 22:52:47
北に軍事侵攻の可能性の場合、日本の拉致被害者の家族の気持ちを思うと...
居所がわかれば、真っ先に助けてからという可能性もあるのか...
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-07 00:23:53
すべては、米中会談の成り行きですかね?
正男氏の死去から、息子のハンソル君は米国に亡命した等の噂があります。事実なら、彼を新しい北のリーダーにすげ替える算段が米国にはあることになります。
 中国が、米国の条件の何を呑んで、代わりに何を黙認してもらうのかそれによって決まる様に思います。北朝鮮も米国まで飛ばせるミサイルの技術があるのだから、日本の距離なら余裕です。ほんとに窮鼠を猫を噛むで、北朝鮮が米国と同盟国の国に何を仕掛けて来るか、怖いです。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-04-07 19:36:01
内閣官房国民保護ポータルサイトに”武力攻撃やテロなどから身を守るために~避難にあたっての留意点などをまとめました~”というページがあるそうです。
http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/hogo_manual.html
弾道ミサイルによる攻撃の場合とか、怪我などに対する応急措置などが書かれています。
このサイトのホームには警報のサイレン音もあります(少し音が大き目です)。一度は聞いておいたほうが良いのではと思いました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。