goo

大地の怒り。


==========
南カリフォルニアの山火事、記録的な勢いで拡大
2017.12.10 Sun posted at 14:51 JST

(CNN) 米カリフォルニア州南部で数日前に発生した複数の山火事は、折からの強風などにより記録的な勢いで拡大している。

最大の山火事はロサンゼルス西方のベンチュラ郡で4日に発生し、1秒間に約1エーカー(約4000平方メートル)のペースで拡大。9時間のうちに3万1000エーカー(約125平方キロ)まで広がった。これはニューヨークのセントラルパーク全体を14分間で焼き尽くす速さに相当する。

焼失面積は9日夜の時点で15万5000エーカーに達した。鎮火率は15%にとどまり、依然としてロサンゼルスの方向へ燃え広がっている。
・・・
米国では今年、山火事の被害総額が今回の発生前から100億ドル(約1.1兆円)を超え、すでに史上最悪となっていた。

http://www.news-us.jp/article/20171211-000009k.html
==========

カリフォルニアに住んでいる知人が、自分のところも先週から焦げ臭いが流れてくると言っております。
すでに山火事面積は東京23区と同等。それだけ広範囲に燃えているということです。



自然を畏怖し敬愛しそして感謝する人たち。

人類は本来自然を畏怖して生き延びて来ました。災害の多い日本で生まれ育った私達は、自然を畏敬することは肌感覚として当然であります。

しかし自然の畏敬を忘れた人達。そういう人達は、自然の恐ろしさを目の当たりする。そういう因子を蓄積している。そう思えてなりません。

日常生活の中で、自然を畏怖し、敬愛し、感謝すること。この想いと行為が、大災害の因子を少しでも低減させる。これは私達日本人が育ててきた人生の知恵であります。

その畏怖と敬愛と感謝を忘れたならば、謙虚さを失った人々は、大きな挫折と直面する因子を蓄積していることとなります。
逆を言うならば、謙虚さと感謝の気持ちは、挫折の因子を小さいうちに昇華させている。そのように言えます。



放火の木と呼ばれる外来種。ユーカリ。

北アメリカ西海岸。もともとこの地域は乾燥した地域でありました。山地の針葉樹以外、低地一部のセコイアの森以外は背の低い灌木しかありません。

150年ほど前、ゴールドラッシュで西海岸に殺到した人達。彼らは燃料の木を手に入れるため、セコイアの森を伐採し尽してしまいました。
彼らはこの木材不足を解消するために、彼らはこの殺風景な土地に樹木を植え始めました。
彼らが植えたのは、オーストラリアから運んできたユーカリの木でした。

カリフォルニアの乾燥した気候に似たオーストラリアに生息していたユーカリ。これがカリフォルニアに植えられると、またたくまに大繁殖しました。

当初木材としての価値も期待されていたユーカリですが、成長が早すぎるのです。ユーカリを食べる動物もカリフォルニアはいませんでしたから。

しかしユーカリは木材としては、早く育ちすぎる木であったため、材木には不向きでありました。電信柱にすると腐ってしまい、線路の枕木にすると割れ、薪としても2流品でした。
防風林として植えられた場所でも、ユーカリは強風でバキバキ折れてしまうので役にたちません。

しかしユーカリはものすごい繁殖力で、カリフォルニアの大地に広がって行きました。



そして実は、このユーカリは、実は山火事の木でありました。「ガソリンツリー」と呼ばれる放火の木でありました。
脂が蓄えられた葉や、リボン状に乾いて剥がれる樹皮など、山を燃えやすくするように繁殖していきます。
そして一旦火が付くと、ユーカリは山全体を火に包ませるのでした。
なぜならユーカリはは山火事によって、繁殖していくからです。ユーカリの種子も硬い皮脂で覆われており、山火事によって発芽しやすくなります。
(この性質のため、ユーカリを植える時は、一度フライパンで加熱すると良いとさえ言われています)
山火事によって、他の木が全滅したところに、ユーカリは発芽しそして圧倒的な早さで繁殖するのでした。



怒れる大地。

今回の山火事は鎮火の目処はたっていません。が、鎮火したあと、また前にもまして、焼け跡の土地はユーカリが大繁殖することでありましょう。
そして大繁殖したユーカリは、次には更に大規模な山火事の要因となることでしょう。

アメリカの人達にはこの山火事がどう見えるかはわかりません。ただ日本人の心情では、それは「真っ赤に怒れる大地」に見えます。
人間が持ち込んだ外来種。これによって、人間自身がこの土地から出ていかざるを得ないようになっている。

被害に遭われ、避難を余儀なくされている方たちには本当にお見舞いを申し上げます。しかし世界でもっとも高級な住宅街の一つと言われる地域から、人々が出ていかざるを得ない状況は、象徴的に思えます。









西海岸に白人たちが移住するずっと前から生えているジャイアント・セコイア。この樹木も山火事に強いと言われています。
硬い樹皮のため、山火事でも枯れません。またセコイアの種子も、ユーカリと同じように、山火事によって発芽する性質を持ちます。
何千年もこの土地で自然と一体になって暮らしていたアメリカインディアンと呼ばれる人達。彼らはこのジャイアント・セコイアの精霊を感じることが出来た人達であろうと思います。日本人が巨木に神様を感じるのと、まさにおなじように。



まさに畏怖の樹木であります。



ブログランキングに参加することにしました。
本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 日本の底力へにほんブログ村



 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。



コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )