おひるね茶家だより

北名古屋市中之郷のカフェ&ギャラリーです。お野菜中心のお昼ご飯を作っています。ご予約は0568−21−0048へ

何度目か、安土往還記を読む

2015-08-24 17:02:37 | Weblog
暑い日が続いている。夏休みのオジサンはそのほとんどをうたた寝
と推理小説など軽ーい読書で過ごしているが、時には脳ミソに負担
のかかることもしなければと、辻邦生の「歴史小説集成」を手に取
った。

「安土往還記」を読むのはもう数回目のはずなのに、読んだ瞬間か
らすぐ忘れてしまうオジサンにはまことに新鮮で面白い。これはき
っとオジサンの特技(邦生流に読めば<とくいわざ>)に違いない。

信長が天下統一の過程で、比叡山を焼き尽くし、謀反した荒木一族
は女子供まで残らず処刑する。長島で石山で一向門徒は数か月の兵
糧攻めの末に殺し尽くす。その戦いぶりはまさに鬼畜のごとくであ
る。

戦争とは殺すこと、という理(ことわり)を徹底すれば、それが理
にかなうことと信長は考える。そして、かれは「理にかなう」こと
を何よりも大切にする。

だから、戦場以外では弱いものを救い、貧しいものに施すのも信長
にとって理にかなうことなのである。路傍の足萎えの女を救い、荒
木村重への恩義から謀反に加担しようとして思いとどまった高山一
族は、キリシタンであるにもかかわらず最後まで重用する。

秀吉と並んで、もっとも優秀な武将であり、天下統一の両輪となっ
た明智光秀も、その潔癖さや優しさのためか、とうとう本能寺の変
を起こしてしまう。同時に、自害し、炎に包まれた信長は、近代の
幕を開くという自らの役割を終えて、燃え尽きたようにも見える。

前回、申し上げた戦争とは殺すことということを考えながら、オジ
サンがサラリーマンを終わるころ、「企業は成長しなければ」とい
論理についていくのが苦しくなったことを思い出す。

おひるねのオジサンになって、まことに安気な毎日である。
昨日は、キャベツ・芽キャベツ・クキッコリーの苗を植えた。
芽キャベツの育て方を聞きかじったのでとても楽しみである。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

戦後70年

2015-08-07 19:41:56 | Weblog
ものすごい暑さが続いています。
昨日はちょっと一服と思ったら、今日の名古屋は何と38度とか、
オジサンも少し街に出かけましたが、ホントに死ぬほど暑かった。

さて、先週は東京・学習院に出かけて、邦生の展示を見てきました。
と、言いつつ、現地でいろいろな方にお目にかかってお話している
うちに、きちんと展示を見ないで帰ってしまいました。
まあ、オジサンらしいというかドジというか・・・・

そこで、ある方に「満州難民」という著書を頂きました。
敗戦の時、満州や朝鮮半島にいて、取り残された人たちが帰国する
までの厳しい、苦しい、残酷な1年半を綴ったノンフィクションで
す。心の逞しさにはからきし自信のないオジサンのことですから、
なんども挫折しながら、ようやく読み終えました。

著者のお祖母さまの記録ですから、書いておられるご本人が一番つ
らい思いをされているのでしょうけれど、その気持ちを抑えて、淡
々と事実が綴られます。そのことがさらに悲しみを募らせるように
思います。

1000人以上の仲間は、結局200人以上を飢えや病気で失いま
す。最後に居留地を出発する列車を追うようにして飛ぶ三匹の蛍は
まるで、亡くなった3人の子どもたちの魂のよう・・・・。
オジサンはもう涙が止まりませんでした。

この本に触発されて、今日は「ソ満国境 15歳の夏」という映画
を見てきました。やはり、終戦の時、軍にも役所にも学校にも見捨
てられた120人の中学生が、最後には現地の中国人の村人たちに
救われ、4人の犠牲者は出ますが、日本に帰ることができたという
お話です。

その村の村長さん、ボクの好きな田中眠さんはそのお婿さんにあた
ります。お父さんはなぜ子供たちを救うことにしたのか、という質
問に答えて「人間というのは困っている人を見ると助けるものです」
と答えます。

オジサンは思いました。「人間というのは戦場では相手がだれであ
れ殺さざるを得ないもの」ではないでしょうか。だから、武器をも
ってはいけないのです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オジサンの夏休みは・・・・

2015-07-23 21:02:05 | Weblog
今週からおひるね茶家は夏休みに入っている。
それでもほぼ1日おきにおひるねに通って、畑の草取りなど働いている。
ナニが手伝ってくれるおかげで畑はかなり片付いた。残りは、桃など果樹
の下草を刈ること、これもけっこう大変だけどね。電動式の草刈り機はで
は長い時間使えないので2日間かかるかな。

桃は、とうとう終わってしまった。きれいに熟したものは本当に少ないの
で、お使い物にはならず、結局自分たちで食べてしまった。もちろん、売
っているものほど大きくはないけれど、味はほとんど負けない。おまけに
今年は頂き物まであり、これほど桃を食べたことはないなと2人で話して
いる。ゴチソウサマ!

今日は、雨模様でおひるねには行かず、ナニも仕事で出かけたので、オジ
サンのお昼はフリーである。
こんな時は狙いをつけていたラーメンを食べに行く絶好のチャンスである。
おひるねの帰り道、気になる「中華そば」の看板が2か所、今日はそのハ
シゴをすることにしよう。

1軒目は、千種橋あたり、煮干しだしの・・・と書いてある。
ちょっと煮干しが強すぎるかな、ほかの材料が足らないのか、コクがない。
醤油系ではあるけれど、ちょっと違う。

2軒目は、仲田あたり、きれいな暖簾が出ている、ここは日本料理のかつ
おだしを思わせる。ちょっと薄味に感じるが飲み続けるとだんだん美味し
くなる。とはいえ、ラーメンのつゆとしてはやっぱりこくがない。さっぱ
りしすぎている。たまねぎなど野菜を煮だしてできるあのほの甘さがほし
いと思う。

やっぱり、今のところは自由が丘のMさんかな?

オジサンがあわや緊急入院となった日から、ちょうど1年になる。無理を
しないでボツボツという医者の言葉に従って、なんとか元気に生きている。
畑仕事も、料理も、ナニが手伝ってくれるおかげで続けてこられた。
ゴルフもいっこうに上達しないけれど、まだ意欲を失わない程度には続け
ている。
ただ、残念なのは「鍛える」ということができないこと。トレーニング大
好きオジサンとしては、とってもつまらないのである。

来週は、学習院で辻邦生の「西行展」がある。子供たちにも会えるし、楽
しみにしている。予想ではものすごく暑いみたい・・・。

そうそう、もう1つの自慢。
前々回だったか、生きとし・・・・のところで紹介した。青紫蘇(大葉)
でカミさんがジュースを作ってくれる。ちょっと酸っぱいけれど、美味し
い。いかにも身体にいいよという味がする。こぼれダネで勝手に生えてき
たもので、こんな気持ちを味わえるなんて、感謝である。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

カレーばっかり

2015-07-11 17:17:54 | Weblog





今週はどういうわけかカレーばっかり食べている。
月曜日のお昼は、生パスタに無印のインスタントカレーをかけて、
火曜日のお昼は、近くの市場のうどん屋さんが売っているカレーうどん、
水曜日のお昼は、テレビで紹介していた焼肉屋さんのカレーうどん、
ご承知のように?オジサンは和系なので昔ながらのうどん屋さんのものが
大好き、求め続けてまだ見つけていない。

この中では、市場のものが一番オジサンの好みに近い、焼肉屋さんのものは
こだわって作っているということだったが、あまりそれも感じられず、オジ
サンの好みからは一番遠い、Wシャチ系のお味でした。

今夜は、ママの帰りがちょっと遅い。冷凍庫の隅に眠っていたイカを食べて
くれとのこと。どいうわけかイカカレーを作ることになり、今週は確率4/7
でカレーを食べることになった。
カレー好きはママの方なのに・・・?おかしいね。
でも、イカカレーだけはオジサンの好みなのだ。

それにしても、今日は暑かったですね。
おひるねでは、午前中ちょっとだけ草取り、午後は明日の準備・・・珍しく
たくさんの予約があるの・・・・だけして、さっさと帰ってきちゃいました。
「おひるねは今日も早じまい!」です。



明日は写真のように畑のトマトを使ったもの、デザートにはこれも畑の桃、
きっと美味しいことでしょう。
今月の献立はオジサンの作るもののなかでも、けっこうベスト10に入りそ
うなものが多く、楽しみです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ピロリ菌その後

2015-06-30 19:55:16 | Weblog
30年以上付き合ってきたピロリ菌とオジサンが決別したのは5月の中旬、
これで胃腸のコンディションも万全と思いきや、どうも調子が良くない。
だけでなく、口が不味いというか、味覚がおかしい。

あれこれ調べても、ピロリ菌退治のあとで胃酸過多になる傾向はあっても、
オジサンのような症状は出ていない。このままでは「食べることが生きがい」
のオジサンにとって、ほとんど生きる目的を失ったようなもの。
と、それから1ヶ月、ようやく味覚が帰ってきました。腸内細菌もいくらか
復活したのでしょう。ホッとしています。

と、そんなわけで7月も頑張ってお料理します。
メインディッシュは「焼鯵とあさりの蒸し煮」とホワッと柔らかな「シュー
マイ」、サブの野菜類は、畑の茄子、トマト、キュウリ、じゃがいも、玉ね
ぎなどを使います。スープは枝豆のポタージュ、これもいいよ。



自分で言うのも・・・・だけど、これは美味しい!

7月は多分、第3週までで、そのあと19日から9月の第2週まで、夏休み
に入ります。

紫陽花がきれいに咲いている間に、ぜひお越しください。
今年の紫陽花はとてもきれいです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いきとしいきるもの

2015-06-22 15:58:54 | Weblog
息子たちが軽井沢の「星のや」によんでくれました。自分たちの記念も兼ねて、一度くらい
親に豊かなリゾートの数日をプレゼントしたいと思ったのでしょう。
6月の初め、ポッキーも連れて行ってきました。犬といっしょに滞在できるコテージが1つ
だけあります。子供たちの狙いも私たちよりポッキーと過ごす時間だったかもしれません。



部屋にはテレビや新聞はもちろん読書灯もありません。とにかく何もしないでボーッしろとい
うことのようです。私たちの部屋からは人工のものは何一つ目に入らず、自然のままの草木を
眺めるのみです。邦生ワールドの「いきとしいけるもの」に身を任せるほかありません。

村内で食事ができるのは、日本料理の「嘉助」だけ、とてもお高いですが思い切って2日目の
夜、ここで会席をいただきました。写真は八寸、手の込んだ料理が並んでいます。普通よりは
少しチャレンジーなお料理が出てきます。きっと若い板長さんが頑張っているのでしょう。



ハルニレテラスも歩いて10分ほど、1日目の夜はここで中華を食べました。ちょうど傘を飾
った何やらフェスティバルをしていました。ここの空間は大好きです。



7月22日から2週間、学習院大学の史料室で、辻邦生の「西行花伝展」が予定されているそ
うです。おひるね茶家も夏休みに入るので、子供たちの顔を見がてら行ってこようと思います。

これに触発されて「西行花伝」を読みました。何度読んでも難しいです。特に歌はなかなか意
味がとれません。それでも貴族から武士への時の流れを感じながら、たっぷりと邦生の世界を
味わったように思います。
軽井沢では、辻別荘ものぞいてきました。木漏れ日のなかに静かに、それこそいきとしいきる
ものと、1つになって佇んでいます。すこし寂しげですが、9月と10月には軽井沢文庫の手
で公開されるとのこと、きっとにぎわうことでしょう。

私のおひるねライフも、テレビが見えなくなって(アナログなんです)、お昼ごはんを1人で
食べるときなど、ただただ庭の緑を眺めるほかなく、そういう意味ではこの時期の雨に濡れた
紫陽花が最高かもしれません。



畑では、トマト、キュウリ、ナスなどが実りはじめ、庭の一角ではこぼれタネの大葉がてんこ
盛りになって。います。ナニがしそジュースを作ってくれます。とっても美味しく、まさに自
然を飲んでいる心地がします。




というわけで、オジサンも「いきとしいきるもの」の真ん中で、ゆっくりとたまには忙しく過
ごしています。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花の季節

2015-06-02 20:06:03 | Weblog
6月に入り、紫陽花が咲き始めました。
今年のおひるねはけっこう花付きが良く楽しみです。花後と秋の剪定の
タイミングかと思います。たまたまうまくできたということでしょう。
それでも、紫陽花にはやはり雨が似合います。なかなか降らないので、
ちょっとしょんぼりしています。






同時に立ち葵も咲きはじめましたが、こちらは株が少なく残念です。
やはり勝手生えばかりではだめのようですね。



そして、枇杷はもう最後です。鳥たちがやってきて食べ散らすので、
ほぼ全部収穫してしまいました。自慢できるほど美味しくはありませんが
自分たちで食べる分には十分です。それでも今週のお客様にはお出ししよ
うかと思います。




ところで、みなさんはピロリ菌を持っていますか?
オジサンは、もう30年も前、まだ保険適用できなかったころから退治を
初めてずーっと失敗ばかり。かなり耐性がついて逞しく育っている?
今年の初めからまたチャレンジして、1回目は失敗、それでも意を決して
2回目に挑戦しました。そしてとうとう成功。担当の先生と一緒に思わず、
「やったー!」と叫んでしまいました。

皮肉なことに、菌がいなくなった後の調子が悪いこと、というか、ご飯が
不味くて困っています。今日で2週間、ようやく少し落ち着いてきました。
こういうコンディションで美味しいものが作れるか心配です。
今週はちょっと忙しいので、頑張らなっくっちゃ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

果物たちの近況報告

2015-05-21 20:05:25 | Weblog
果物たちは花の季節が終わり、いよいよ実をつけ、みのらせようとしています。

一番早く食べられるのは、枇杷でしょうか?



今日、最初の一粒を食べてみました。ちょっと酸っぱいですが、今週のお客様には
差し上げられそうです。これからはモズなど鳥たちとの競争ですね。

次は、この家の李かな?日当たりのせいか、例年10ケほどしか実をつけませんが
今年はもう少し食べられそうです。6月に入ってからでしょう。

アンズは、今年もダメです。これも日照が不足、樹勢が少し弱くなっているような
気がします。

おひるね畑の桃は今年もたくさん実をつけています。



葉っぱに病気が出て心配しましたが、手入れをしたら元気になったみたいです。7月
には・・・・・去年は、収穫が遅れて失敗しましたので、カナブンやカブトムシに負
けないように、早めに収穫してみます。
ホントに美味しいよ。

8月は無花果、カミキリムシの攻撃で苦労していますが、今年も元気に新芽を出して
くれました。

10月は、柿ですね。今年は当たり年、どの木もたわわに実をつけそうです。
木が3本もあるので、食べきれるかと今から心配しています。

11月は、りんご。これは口に入るかどうか?



ゆっくり待ちましょう。

12月には、蜜柑もあります。温州にしては妙にデカいのができます。


果物ではありませんが、イチゴはまあまあかな?ちょっと難しいです。
スナップエンドウはとっても美味しかった。両方とも今週でおしまいです。

おかげさまで、ことしも楽しみです。

余談ですが、ピロリ菌退治にようやく成功しました。はてさてなんど失敗したことで
しょう。
これでまたごはんが美味しくなるでしょうか?
今月の、春巻やロールキャベツはもちろん、副菜のまるごと玉ねぎのコンソメ煮、ひ
じきの白和えも美味しいです。
枇杷といっしょにお待ちしています。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

農業は厳しいな

2015-04-27 19:19:53 | Weblog
梅雨のような長雨が明けたとたんに、何ですか?この暑さは!
ほんとに生きにくいお天気です。

寒さでしょぼくれていた植物たちが一気に元気になったのとは逆に、
人間たちはちょっとかったるく、うんざりです。

それでも、夏の果菜たちの植え時、頑張らなくちゃ。オジサんの畑も
大忙しです。1回目のトマト・ミニトマト・なす・きゅうり・ピーマ
ン・ズッキーニを植え、枝豆やインゲンのタネをまきました。

今週には、2回目のトマトなど植えつける予定で、畝を作りました。
里芋の植え付けを終わり、ジャガイモはほぼ全部発芽し、元気に育っ
ています。





サニーレタスやスナップえんどうはもうオジサンたちの口に入りまし
た。少しですが、お客様にも差し上げました。
玉ねぎも少しだけ収穫してみました。両方とも寒さや雨のためかあま
り豊作とは言えないみたいです。
ほうれん草もなかなか大きくなりませんので、あきらめて食べちゃう
ことにしました。

桃の花が終わり、けっこうたくさん実をつけています。今年こそ、カ
ナブンやカブトムシに負けないように収穫しないと・・・・。



リンゴはかわいい花をつけました。この地方ではなかなか育たないよ
うですが、今年はどうかな?




こういう仕事は楽しいのですが、雑草くんも大元気、こいつらとどう
付き合っていくかが問題です。江戸時代は全部畑に鋤きこんで肥しに
していたようですね。今年はあまり戦わないことにしようかと思って
います。

今年から、田んぼが1枚帰ってきて、耕作は農協に頼んだのですが、
あぜ道の草刈りと用水の清掃は自分でやるのがルールとか。
日曜日に、ものすごく苦労して片付けました。1メートルの底にたま
ったヘドロをかきだして、土嚢に詰めておくのです。
去年、へたばってから最大の肉体労働でした。
何とかこなしましたが、今日月曜日はグッタリして過ごしました。

それでも、新しいラーメン屋さんを見つけ、ゴルフの練習もして、明
日は今月4回目のゴルフです。
がんばるぞ。

そうそう、もう5月です。 和風のロールキャベツと春巻を作ります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

4月は忙しい?

2015-04-02 20:13:03 | Weblog
あっという間にもう4月ですね。

お休みの火曜日、お花見に行きました。
今年は、山崎川です。瑞穂グラウンドの脇を通って、桜の下を歩いて
来ました。やはり美しさと品格はここが一番ですね。



瑞穂のサブグラウンドでは、春休みを利用した陸上の練習をしていま
した。ハードルが並んでいるのを見て、オジサンの若いころの活躍を
思い出しました。これでも高3の時は2種目で優勝しているのです。
運よく強敵がいませんでした。1つ後輩には(学校は違いますが)、
のちに三段跳びの日本記録を作ったM選手がいましたが、このときは
まだオジサンの方が強かった。 自慢話おわり。

お花見のあとは、石川橋のRでお肉を食べるのが恒例でしたが、今年
はワケあってうなぎになりました、すこし市大病院の方へ歩いたとこ
ろ、TMTです。美味しかった。オジサンとしてはこっちの方が食べ
たかった。めでたしめでたし。

おひるね茶家では、花海棠が満開です。葉が出た後、3つ房になった
形で花が咲きます。ほんの50cmくらいの苗木が9年でこんなにな
りました。



4月は、畑の忙しい季節。今日はカミサンにも手伝ってもらって畝を
4本作りました。来週まで待って、トマト・きゅうり・なす・ピーマ
ンなどを植えます。里芋の植え付けや枝豆などの種まきもします。
トマトなどは時間差で2回植えたいと思っています。
この前植えつけたじゃがいもはもうじき芽を出すことでしょう。
そうそう・・・・イチゴも実をつけ始めましたぞ!

本業のご飯は、鶏のふわふわ蒸しを甘酢の餡で、エビマヨの豚肉巻は
オーロラソースで召し上がって頂きます。きっと美味しいです。

お待ちしてます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加