おひるね茶家だより

北名古屋市中之郷のカフェ&ギャラリーです。お野菜中心のお昼ご飯を作っています。ご予約は0568-21-0048へ

ちょっとお出かけ

2017-06-21 15:15:02 | Weblog
ようやく雨が降りました。畑の野菜や庭の草木、とりわけ紫陽花は
喜んでいることでしょう。

このお天気で、今年は畑の野菜がなかなかうまくいきません。



キュウリもあまりいい出来ではありませんし、ようやく収穫した枝
豆も色がわるいとナニから失格扱いで、オジサンがっかりです。
発芽の時期の低温がいけなかったのか、欲張って密植しすぎたオジ
サンがアホチンなのか?・・・やや反省気味である。

それでも、ジャガイモはけっこう元気で、今年はダンシャクだけに
絞って豊作になりました。せっせとあちこちに配っています。
我が家のポテトサラダも美味しくできました。
ポテトサラダって、新じゃがで作るとベチャベチャして美味しくな
いですね。

さてと、オジサンたち、ちょっと遠くへ遊びに行きます。
6月29日(木)から7月2日(日)と7月6日(木)・7日(金)
お休みします。どうぞよろしく。

どこへ?
クロアチアからボスニア・ヘルツェゴビナ、スロベニアとバルカン
3国を回ってきます。
ユーゴ内戦から、もう何年になるのでしょうか。傷痕はまだ残って
いるようですが、いまは治安もいいようですから、ゆっくり楽しん
できます。
帰りましたら、またいつもの旅日記をアップします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の砦のことなど

2017-06-05 20:11:52 | Weblog
おひるね茶家の庭は一番きれいな季節を迎えました。
30株ちかい紫陽花が今年はとても元気で、たくさん花をつけて
います。梅雨が始まって、雨にぬれるともっともっと元気になる
ことでしょう。





立ち葵もげんきです。
このやさしいピンクがとてもかわいいですね。



さて、毎年学習院大学の史料館で開かれている「辻邦生展」のこの
夏のテーマは「夏の砦」です。

この作品のなかで、主人公(支倉冬子)が幼少期を過ごした家は、
邦生の妻・佐保子が小学生から中学卒業のころまで過ごしたところ
であることは、よくご承知のことでしょう。

あまり過去のことに関心のない私は、この家がどこにあったのかさ
え、正確には知りませんでした。
今回の展示のこともあって、現地をたずねてみたところ、どうやら
中区正木の「闇の森神社」の北西側、堀川に面したあたりだったよ
うです。
敷地1000坪、一部二階建て250坪の大きな屋敷だったようで
す。

残念ながら、昭和20年の空襲で焼失したうえ、会社の倒産で土地
も人手に渡ってしまいました。
昔のことが懐かしい年齢になったいま、もう少し母や姉からその頃
のことを聞いておけばよかったと思います。

さて、7月の邦生展では、作家であり、邦生の親しい友人でもあっ
た加賀乙彦さんの講演もあります。ぜひお出かけください。

<夏の砦展> Arcadia 永遠の光
 辻邦生 「夏の砦」を書いた頃
  期間:7月18日~8月11日
  場所:学習院大学史料館

 講演会 辻邦生の出発 「夏の砦」
  日時 7月22日(土) 14:00~15:30
  講師 加賀 乙彦氏」


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

美味しいものを食べる

2017-05-12 21:13:33 | Weblog
オジサンは、この頃つくづく考える、「私は美味しいものを食べる」こと
以外にこの世の望みがあるのだろうか?

前から書いているように、昔高校近くのうどん屋さんで食べた中華そばと
星ヶ丘のうどん屋さんのおばちゃんが作ってくれたカレーうどん、いずれ
にしても大したものではないが、オジサンの妄想や幻想が複雑に絡み合っ
て、もはや空想上の味になってしまっている。この頃では、もう巡りあう
ことはないだろうとあきらめそうである。

最近になって、また1つ、食べたいものを思い出した。高辻にあったレス
トランで食べた「地中海なべ」、ちょっと甘めのトマトソースに貝・えび
・いか・白身の魚などが入って、ピリッとトウガラシが効いている。ほか
のお店にもあったけれど、このお店のがとても美味しかった。

料理情報を見てみると、どうやらブイヤベースのトマト味みたいなものの
ようである。オジサンは、愛するナニがトマト大好きなので、ときどきト
マトの缶詰などでトマトソースを作っている。これを使えば、自分でも再
現できそうである。

と、思いつつ、このところかなりグズの進行してるオジサンは、まだチャ
レンジしていない。ゆっくりできるオフにと思うのだが、なかなかチャン
スが来ない。これを書いているいまでも、舌なめずりするような気持ちに
なるのだけれど・・・・・。

おひるね茶家の畑では、スナップえんどうが真っ盛りだ。今月のご飯では、
珍しく「卵とじ」にしてお出ししている。黄色と緑の対比がとてもきれい
だ。いつもはサラダにすることが多いので、たまにはいいかもね。






メインディッシュの1つは、ふわふわ鶏豆腐、以前にはしょうが、ねぎな
どを使った強い味だったけれど、だんだん変化して・・・偉そうに言うと
「工夫して」、今はショウガの風味の甘酸っぱい餡をのせてお出ししてい
る。優しい味になった。

ナニも気に入ったらしく、残り物を持って帰ると喜んで食べてくれる。共
同生活を始めて、もうじき50年だけれど、彼女がオジサンより大きい方
(たくさん)を食べることはほとんどないのに、この前はさっさと大盛り
の方を食べ始めたのにはびっくりしたな。ちょっと自信がついた?

鶏のミンチと豆乳と水、調味料などを合わせて、ひたすら混ぜ合わせて、
茶碗蒸しのように10分蒸してから、別に作った餡を載せます。

もう1つは、カルパッチョを和風にしたもの。白身の魚をフライパンで
焼いてから、和風のソース、あさり、きのこなどと合わせます。具材も
もちろん美味しいけれど、アサリなどから出る旨味もあって、スープが
とにかく美味しいです。

というわけで、今夜は結局オジサンの自慢でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おひるねオヤジのうたたね厳禁2週間

2017-05-01 19:47:21 | Weblog
おひるね茶家のオヤジはこんな名前をつけるくらいだから、もちろんおひるね
が大好きである。時間さえあればウトウトするのは、昔からの習いである。

ただ眠いから寝るだけでなく、昔お仕事をしていたころは、「オレは今退屈し
ている、会議がつまらん」という主張でもあった。それにしてもよく寝たな。
今も、お昼ごはんのあと、晩ごはんのあとの15~20分の転寝は欠かさない。

しかし、夜中に目がパッチリ覚めてしまうことが続き、オジサンはとうとう
一大決心をして、先々週の月曜日から転寝を止めたのです。ちょっとつらい
時間もあるけれど、なんとか元気に頑張ってる。おかげで1日が1時間くらい
長くなった感じである。でも、やっぱり夜中には目が覚めるな。

おひるね茶家の畑では、ようやく新玉ねぎを収穫、やっぱりデキはもう1つで
カタチはあまりよくないけれど、けっこう美味しいよ。
スナップえんどうも最盛期に入った。おひるね茶家のごはんでも献立に加えよ
うと思っている。
それにしても、暖かくなって、庭も畑も雑草がすごい!

すこし、いつもの食べ物話しをしましょう。

4月はオジサンの誕生日なので、ナニが「ひつまぶし」を食わせてやるという。
彼女はあの蓬莱軒ならと言う。なぜか、ここなら食べられるらしい。(実はナ
ニはあまりウナギが好きではない)
水曜日で本店がお休みだったので、デパートのなかに行った。11時にオープン
で、11時30分過ぎに着いたら、何と100人ほどの大行列。二人ともびっくり。
この日はあきらめて、Sなみの粕漬けを食べました。お魚はとても美味しいで
す。

そして、次の水曜日は熱田の本店へ。開店1時間前に着いて、さすがに行列の
先頭でした。開店時間に着いていたら、やっぱり食べるまでには1時間くらい
かかりそうな行列ができました。ひつまぶしは、ちょっと濃いめの名古屋らし
い味、ご飯の盛りも多めで、お腹いっぱいです。美味しく頂きましたよ。

今日は、ナニが大好きなお寿司です。あの東京築地で有名な「Sざんまい」へ
行きました。お値段も手ごろで、ネタも新鮮、美味しくいただきました。
ところが、家に帰って、レシートを見たナニがびっくり。オジサンの飲んだ生
ビールが750円だと・・・・・どうやら突出しが200円らしい。断りもせず出
てきた、白魚10匹ほどのものが・・・・。確認しない客が悪いのか、店の方
針が乱暴なのか。2度とビールは飲みません!

水曜日、オジサン1人で高山ラーメンを食べました。名古屋インターから東へ
10分ほど、古戦場の少し手前です。以前にもご紹介したかもしれません。
いまのところ、オジサンが名古屋で一番大好きな味です。お値段も良心的
ですよ。

というわけで、オジサンはGWも休まず(?)頑張ります。
5月のご飯は「和風アクアパッツァ」「鶏豆腐のふわふわ蒸し」など。
自分でいうのもナンですが、美味しいです。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おひるねの畑で

2017-04-18 17:35:02 | Weblog
この春のお天気は変ですね。この頃は毎年なにがしか変なので、
変な方が普通かもしれません。

そんなわけで桜の開花が大幅に遅れましたが、オジサンの畑でも
3月半ばに植えたジャガイモや枝豆がなかなか芽を出さず心配し
ました。とくにジャガイモは我が家の生活を支える大切な糧なの
でとっても心配しました。

4月に入って、ようやく少し暖かい日も増えてきて、ジャガイモ
君が芽を出してくれました。黒いマルチシートを下からつつくよ
うに伸びてくる、指先でそれを触ったときは嬉しいものです。
シートを破ってやると元気にピッと顔を出します。
今では写真のように元気に育っています。収穫は6月かな?




枝豆は、この地域の特産です。お百姓さんは、種を蒔いて発芽し
た苗を植え付けますが、オジサンは直接タネを蒔きました。
これがまたなかなか発芽しない。近所のおばちゃんは「あきらめ
て苗を買ってりゃー」などと冷たいことを言いました。
でもね、2週間くらい遅れてやっと出てきました。しばらく暖か
いトンネルのなかで過ごします。収穫は7月かな、去年は美味し
かったので、今年も・・・・・!




春蒔きのほうれん草もそろそろ食べごろです。ほうれん草もこの
あたりでたくさん採れますが、オジサンはあまり上手にできませ
ん。いつも種をびっしり蒔きすぎるみたいです。でも、このほう
れん草はいい感じでしょ?楽しみです。




去年、とても美味しかった春タマネギは、寒さのせいでしょうか、
あまり大きくなっていません。何というか、肥厚が進んでいない
という気がして、分厚さが嬉しいのに、ちょっと薄っぺらい感じ
です。

スナップえんどうもまだまだです。
ナニが首を長くして待っています。


でもね、収穫があるって楽しいですね。
お客様にも旬の美味しさを味わって頂きたいもの、なんて
殊勝なことも考えているオジサンです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

びっくり!青春80キップ?

2017-04-05 19:28:04 | Weblog
さぁ、オジサンの大食いの開始。
と、その前に、名古屋駅の東海道線、大垣行き特別快速はすごい人、人、
のんびりビールでも飲みながらと思っていたオジサンはもうびっくり。
春休みのこと、若い人が多いとは思っていたものの、なんとなんと、ホ
ームには、年配の方ばかり、ほとんどオジサンより年上に見える。
青春エイティーンがエイティになったのかと。

大垣までは何とか座れたものの、そのあとは乗り換えのタイミングも悪
く、もちろん大勢の人で立ったまま。結局座れたのは京都から。さすが
にくたびれた。

明石で降りて、日本標準時の天文台をチェック。それほどでもない。街
も魚の棚商店街を冷やかす程度。釘煮に惹かれましたが、100g:1
000円にびっくり。

そのまま、姫路へ。この町は駅を降りるとお城まで広ーい大通りがま
っすぐ、とても気持ちがいいですよ。いわゆる商店街もシャッターの下
りているところは1つもないと言っていいくらい、活気があります。食
べ物屋さんもいっぱいです。

2日目はお城に登ります。平成の大改装ももう2年ほどとか、初めは真
っ白でイヤ、なんて声もあったようですが、だいぶ落ち着いたあまり違
和感は感じませんでした。天守閣までのアプローチが長いこと、天守ま
での急階段を登るのがつらいことを除けば、とても素晴らしい。江戸の
初め、池田候の築城のままの姿はやはり素晴らしい。

どこかの町でも木造再建が話題になってるけれど、あの目立ちたがり市
長のすることで、オジサンはこのことと敬老パスだけは賛成だね。

お城のお隣、好古園もいいですね。いわゆる大きな大名庭園はともかく
小さなお庭をいくつか特徴を持たせて見せているのはいいですね。水の
流れとか、築山とか、松や竹の庭とか、けっこう楽しめます。

で、オジサンは昨日懲り懲りしたので、早々と帰ることにしました。
12時前に姫路を出発、4時半には家に帰っちゃいました。今度はとて
もゆったり、ラクチンでした。

そうそう、ちゃんと食べましたよ。

①名古屋駅ホームにて きしめんエビ天・たまご:500円


②明石・魚の棚にて タコ飯セット:600円 たこぶつ:650円


③明石駅にて 明石焼き:620円


④姫路商店街(なんとか通り) あなご定食:1510円
 ごめんなさい、写真を忘れて食べちゃった!
 名古屋人としては、もう少しかば焼きの感じがほしい。
 ひつまぶしみたいに食べました。


⑤ホテルにて 朝ごはん(和):900円 これはお値打ち


⑥姫路大通り 大手前にて  えきそば・きつね:360円 安いんだけど?
 うどんのおつゆに中華麺です。


⑦姫路駅にて お寿司:1100円


で、最後に八事で豚バラのラーメンのはずでしたが、
あまりに早く帰ってしまったので・・・・
⑧家の近くで 五色ラーメン:750円

以上、よく食べました。ものすごく美味しいものは残念ですが・・・
 合計いくらかな? 6890円でした。(ビール代別) 



コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

オジサンの大(喰い)旅行計画

2017-03-27 19:56:45 | Weblog
今年は春が遅いですね。
おひるね茶家の庭でも、ラッパ系の水仙の開花が遅れています。
ようやく、黄色の小さなのが咲いています。
白い日本水仙は、冬の初めに咲くものとは少し形が違いますね。
でも、かわいいです。



我が家の杏は満開です。百舌鳥がつついて花を落としてしまう
ので「やめて!」と頼んでいるのですが・・・・。



4月の初め、うちのナニはオジサンのことをすっかり忘れて、遠い国へ
遊びに行くそうです。ナニはいないし、ポッキーもいないし、オジサン
だって淋しいのでオジサンもタビに出ることにしました。

生まれて初めて「青春18キップ」を使います。

1日目 名古屋発7:32 とりあえずホームで①名物きしめんを食べ
ます。
お昼前に、明石に着きます。ここで②タコ飯を食べますが、できれば鯛
のお刺身も出てこないかと期待しています。
東経135度 日本標準時を確認します。
3時ごろ、姫路に向かいますが、乗る前に③明石焼きを買って、汽車で
食べようと思います。

姫路に着いたら、お城の近くのホテルに泊まります。
晩ごはんは、④瀬戸内海のお刺身と名物アナゴ丼の予定です。

翌日の、朝ごはんは、特に計画はないので、ホテルの⑤和朝食です。
ブラブラ、歩いて初めての姫路城です。きれいになりすぎていないかと
心配しつつ・・・・・。
お昼は、ここは中華そばを探したいところですが。現在のところわかり
ません。⑥ひるごはん未定です。

とりあえず、他の観光地を知りません。お城のそばにお庭があるようで
すが・・・・・。
3時ごろの、列車に乗るつもりですが、乗る前に⑦えきそばといううど
んのおつゆに中華の麺というのがあるらしい。
お弁当を買いますが、やっぱり⑧アナゴ弁当でしょうね。

名古屋着は7時半ごろ、八事辺りに帰り着くとお腹も減ることでしょう。
豚バラをたっぷり乗せたラーメンがあります。やっぱり夜食は⑨ラーメ
ンですね。

さあ、全部食べられるでしょうか?
オジサンのレポートをお待ちください。

そんなわけで、おひるね茶家は4月6日から9日までお休みします。
どうぞよろしく。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

たまには「ぼやきますか」

2017-03-14 15:31:22 | Weblog
いいお天気が続きますね。
それでも風が冷たく、おひるねでの畑仕事は「伊吹颪」の洗礼を
まともに受けることになる。




オジサンはこのところとても元気なので、頑張ってじゃがいもを
植え付け、枝豆のタネを蒔くなどけっこうファーマーである。
ほうれん草やコカブは収穫できている。春タマネギはもう少しだ。

ちょっと困るのは、4月に入るともうキュウリやトマトの植え付け
なのだけれど、いろいろやりすぎてスペースがなくなりそう。
オジサン、思案投げ首である。

さて、先週のお休みに、ミッドランドへ映画を見に行った。「彼ら
が本気で編むとき」はちょっと?だけれど、ナニの大好きな荻上直
子監督(「かもめ食堂」とか「めがね」とか)だから。

オジサンは、LGBTの問題に必ずしも理解のある人ではなかった
けれど、この映画のおかげで少しはやさしい目でそういう人を見る
ことができるようになったかもしれない。

ところで、皆さんはミッドランド(Ⅰ)から(Ⅱ)にすんなり行く
ことができますか?オジサンは何回行ってもまっすぐたどり着きま
せん。案内のサインが適確でないうえに、センチュリーとかシンフ
ォニーとかの建物のネイミングが紛らわしい。

ナニはオジサンよりもっと方角のわからない人だから、どこへ行く
にもオジサン頼りである。だから、オジサンがきちんと案内しない
と、オジサンへの信頼が危ういのである。これはまさに夫婦の危機
に直結するのである。

ミッドランドで映画を見て、その割引券でランチを食べるというの
が私たちのまことにささやかな楽しみなのです。
 オジサンの気持ちわかってください。

日本の案内サインや場内の見取図などは、どうもデザインが優先さ
れてわかりにくいと思いませんか?必要な情報だけをわかりやすく、
大きな文字(絵)で提供してほしいものだ。
NHKのプロフェッショナルで取り上げたサインのプロも、すてき
ではあったが、けっしてわかりやすいものではなかったように思う。

今週のボヤキは終わりです。

おひるね茶家からのお知らせとしては・・・
 4月の6日~9日と16日はお休みします。 


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東京物見楽食

2017-02-18 17:11:42 | Weblog
木曜日と金曜日、東京見物に行きました。
セットの楽々しかし豪華旅行です。

東京の新しいステーションホテルでは、館内を案内してくれます。
オジサンたちの担当は、ふだんはバーテンさんだとか、とても上手
です。外観はなるべく元通りに修復したようですが、内部は今風に
なり、とても素敵です。

そして、レストラン(アトリウム)でフレンチのお昼を食べました。
どうせ、ツアーだものとバカにしてたら、とんでもございません。
これが本当にすてきに美味しかった。前菜2品、スープ、お魚、お
肉、デザート、コーヒーに食前酒までついてました。少し和風にア
レンジされたソースやドレッシングの味が素晴らしい。
ビンボー症のオジサンは、つい「これいくらだろう?」なんて考え
しまう。

そして、今回の目玉、赤坂迎賓館の見学、ヨーロッパの宮殿そのま
まのたたずまい、真っ白の内装、確かにすばらしいが、皇太子さん
も東宮として住むにはちょっと躊躇するよね。

夜は、スカイツリーの足元、「そらまち」へ。
ごまみそ味の牛鍋を食べたよ。それなりの美味しかったね。
そして、オジサンは生まれて初めて「生落語」を聞いた。これも予
想に反して面白い。傘の上でボールを回す芸はなんだっけ?これも
楽しかった。やっぱりナマはいいね。

お泊りは、これも豪華に「ニューオオタニ」。
ちょっと時代に遅れたかな?って感じもあるけど、働いている人た
ちは、さすがに洗練されて、親切だ。

朝ごはんは、ビュッフェをさけて「なだまん」へ
写真のようにまったく定番だけど、美味しかったな。ご飯をいっぱ
い食べて、最後にお茶漬けまでしてやった。
切干大根の煮物はオジサンの方が美味しいかな?????




明治神宮を参拝




築地へ。
お昼は、例の「すしざんまい」



それにしても、築地の場外はすざましい人の波、どこもここも日本
人、外人などなどいっぱい。歩くこともままならない。
きっといいものが並んでいるのだろうけれど、お値段はそれなり、
名古屋まで持って帰る気にはならない。

銀座のすぐ隣で、こんなところがあったら、どんな都知事でも移転
したくなるよね。ここを再開発したら、はたしてどれだけの経済効
果があるか、皮算用したくなるほうが普通だよ。

そして、コルビジエの西洋美術館へ。
建物は?
松方コレクションを中心にした収蔵品は、ほとんど常設展しか見な
かったけれど、すごいな。オジサンでも知っている作品がズラリ。
格差社会と言われる今だけれど、明治・大正のお金持ちはやっぱり
すごい。ニューオオタニともども、後世に良きものを残されたと思
う。

ちょっとくたびれましたが、楽しい2日間でした。
ナニとも喧嘩しませんでした。

おひるね茶家は、ようやく来週木曜日、2月23日から始めます。
どうぞよろしく。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もメン喰い?

2017-01-11 14:16:32 | Weblog
かなり遅いけれど・・・・
 あけましておめっでとうございます。

子どもたちが帰り、ナニと二人きりになった。
仲をとりもつポッキーがいなくなって、どう二人の折り合いをつけるのか、
ちょっと手探り状態である。



言わば、喪中の気分ではあるけれど、年賀状は出した。
オジサンくらいの年齢になると、「年賀状はやめます」というお断りをいた
だくこともある。オジサンの場合は、こんなブログでも書いているくらいだ
から、書くことについてあまり負担は感じない。むしろ、人とのかかわりが
ますます薄くなっていく今、せめて年賀状で年に一度の便りも悪くないかと
思っている。

短い言葉でこれまでを振り返ったり、これからを考えることもいいかと思う。

今年の年賀状を考えながら、オジサンはつくづくわがままだなと思った。そ
して、わがままにしていた時ほど、いい結果が出ていることに気がついた。
いずれも、なにかのチームのトップにいた時である。人と相談したり、力を
合わせて何かをするというのがホントに苦手で、或る意味、勝手に進んでい
い状態でないと成果が上がらない。
「君にはサラリーマンは勤まらん」とか「生意気だ」とかよく言われたな。

今、おひるねのオジサンは誰にはばかることもなく、勝手放題である。自分
が美味しいと思う料理を作る。汗をかいて畑を耕す。結果として、お客様が
美味しいと言ってくだされば、これに勝る幸せはない。
そろそろ、おひるね茶家も終わりかと思うけれど、とりあえずもうしばらく
マイペースでやろうかな。

秋の畑では、465gのジャガイモ、太すぎてスライサーからはみ出した大根
など美味しかったけれど、今は暖かくなるのを待っているだけ。





メン喰いの話は?
年末、久しぶりにY本店の味噌煮込みを食べた。やっぱりいい味
だ。しかし、どうしてこんなに麺が少ないの?

お正月、子供たちにオジサンの味噌煮込みを食べさせた。息子は
最近、親のことを気遣うようになったのか「美味しい}と言った。
今日、イオンのうどん屋さんに味噌煮込みを食べに行った。残念
ながらメニューにない。仕方なく普通の煮込みを食べた。普通だ
った。夏に聞いた時には冬場はあるようなことを言っていたのに。

高山の中華そばはパックのものを買って食べた。前にも書いたけ
れど煮豚のタレを少し入れると格段に美味しくなる。息子は細め
んが嫌いだとぬかした。コンチクショー!

麺が余ったので自分でスープを作ってみた。不味くはないが、人
に食べさせられるほどではない、というか「ラーメン」の味にな
らない。

近所のスパゲティ屋さんにも行ったよ。野沢菜きのこ和風はおじ
さんの選択ミスだった。油揚げが入っていたが、ちょっとなじま
ない味になってしまったな。

今年も、オジサンの中華そば・味噌煮込み・カレーうどん探しは
続くのであります。

おひるね茶家の冬休みは、都合により2月22日まで延長です。
赤坂迎賓館を見に行きます。

みなさーん!
 ことしも美味しいものを食べましょう!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加