続・OHIOからこんにちは

2003年3月OHIO州に引っ越してきました。気づけば15年目に突入。年齢を実感しながら、何でもない日々をつづります。

母の日に思う事

2017年05月15日 | 季節の行事
5月15日(月曜日)     

心地よい晴れ
車に乗ってると、そのままあてもなく、走っていきたくなるようなそんな天気です。






昨日・14日は 母の日だったわね。

My母・My義母には何もしてあげてなく・・・・ごめんなさい
自分は何もしないくせに、やっては貰いたいわがままな母


お父さんは、昨日も出勤
しかも、連日の遅い帰宅

K也と二人っきりでした。


ビンボーなK也は私に何かを買うお金もなく、なので、『夕飯を作ってあげるよ』と、労働で感謝の気持ちを表現する方法を選択しました(笑)

メニューは ‘オムライス’だそうです。

(何度も登場していますが)8年前、こんなかわいいお手紙をくれたK也が・・・・



台所に立ち、一生懸命料理をしてくれました



最近は、忙しくて、なかなか台所で一緒に、という事がなくなっていたので、なかなかどうして、手際が悪い

手を出したい気持ちをググッと抑えて、見守ります。
調理に入ると、いちいち「どうだっけ?」「このくらいだっけ?」などと、ちょくちょく質問してくるので、母は、座ったり立ったり

一生懸命フライパンをフリフリして、チキンライスを作っていましたが、終わった後は・・・



ま、しょうがないね

コーンスープもミキサーからの裏ごしという手間をかけて作り、あとは、切っただけきゅうり(母と同じだ)&出しただけ 生ハム(これまた母と同じ)で完成!



あ、失敗した卵焼きは、おかずにしたわ

私が味見したんだけどね、美味しく出来上がったよ

まだ、全部お任せ!は無理だけど、それでも、作ってくれただけで、嬉しいわ

K也と二人の夕食中、いろんな話をしました。


日本でも、今、家族で夕食という事が、なかなか難しいと、ニュースで統計が出ていたのをみました。
現実、そうよね。

渡米してからの私は、仕事もしてないし、子供のお世話が仕事だから、夕飯を作るのも私の仕事。
手抜きはするけど、それなりにやってきました。


もちろん、いろんな家庭がありますが、米国は、‘みんなで一緒に夕食’という事が、あまり習慣ではないみたい。

共働きの家庭も多いし、冷凍食品なんかも充実してるしね、
子供が高校生くらいになると、自分のタイミングで、自分の好きな物を食べなさい、って感じの家庭も多いみたいです。

‘ご飯出来たよーーー’って、掛け声も、あまり聞かれないってことです。


そんなお友達も周りにいるK也は 『毎日ご飯を作ってくれるお母さんがいるって、幸せな事なんだなって、最近思うんだよね』 などど、泣けることを言ってくれるわけですよ


なんか、まじめな話を息子としちゃったわ


そんな・・・・今年の母の日でございました




スーパーで ハーゲンダッツを買ってきたぜ
前回品切れだった、大好き ラムレーズンもGet!!

午前中、YMCAでマシン&筋トレをして疲れたから、ラムレーズンでも食べてのんびりいたしましょ。
って、それじゃダメじゃん!!

『家族』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 避暑地に来たみたい! | トップ | オヤジの脂の利用方法(笑) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Kyo)
2017-05-16 17:32:16
こんちわ~
我が家の母の日も子供の労働だったわ
でもね ものをもらうより嬉しいよアタシは
人に作ってもらうご飯はサイコー

うんうん 今家族で食卓を囲まない家は増えているみたいだね
あと何年できるかわからない我が家も
夕ご飯の時は 一応ご飯だよ~って叫んでいるし
みんなが揃うときはカンパーィも必須よ
Unknown (Kyoさんへ)
2017-05-17 03:20:47
ほんと、メニューは何であれ、作ってもらうご飯が一番うれしいね。
既に、3人そろう食事が難しくなってきてる我が家だけど、出来る時は ‘いただきます’を一緒に言えるように頑張らなくちゃ!
そのうち、‘乾杯!’になるんだな(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。