O-SAMは、まだユクのか?

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

読書(チェルノブイリ)

2017-06-15 15:42:20 | 読書ー本の紹介

悲しい、しかし、この国はどうなっているのか? どうなっていくのか? などなど、考えてしまう。

がしかし、この本は、決してそんなことは一切書いていない!  ただ、インタビューである。 

この事故は、1987年4月の事故から、約10年後の記録で、日本に翻訳・紹介されたのが1998年、岩波書店から。 

徹底的に、知らされなかった、そして、結果的に騙されて、放射能に侵されて死んでいった人たちのことを、決して忘れないために書き記したもの。 とっても、貴重だ。

ところで、今月発売の本で、「ある原発離散家族の物語」というのが、(リベルタ出版)から出るそうだ。 作者は言う、このまま、無かったことのようにされてしまうことに、悲しさを覚える、と。 ・・・  

人は、あまりにも理解できない、恐ろしいことが起こると、見なかったことにするらしい?

ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 居場所(読書) | トップ | 還暦を迎える車両とか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書ー本の紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。