大賀ハスのふるさとの会

東京大学からハス見本園の管理を引き継ぎ、観蓮会の開催・ ハス文化の継承と普及を行うため組織されたボランティア団体です

観蓮会2017 活動報告2 「蓮は平和の象徴なり」

2017-07-16 17:32:19 | 日記

今年の観蓮会は、昨年より多くの来場者にめぐまれ、地元の方だけでなく、東京などからも蓮を見に訪れる方が増えた印象でした。

ガイドツアーが三回行われました。6時半からの第一回目は、南先生がガイド役を。広場に集合して、ツアー開始です。

見本園につづく椿のトンネルで、蓮の写真を見ながらの説明があります。

緑のベスト姿が蓮の写真を撮影した会員O氏です。

緑のトンネルを抜けると、蓮たちが迎えてくれます。朝日を浴びる姿が幻想的。

南先生のお話と共に、見本園を練り歩きます。

1951年、この地で古代の蓮を求めて発掘していた大賀一郎博士は、蓮の実が古くても発芽する可能性があることを知っていました。その結果、古代の蓮が現代によみがえり、「大賀ハス」と名付けられ、この見本園の礎となります。

大賀ハスが発掘された地で、日本だけでなく、世界中の蓮を見ながらのツアーは特別な時間です。

見本園では、列ごとに蓮の名前と写真を明記した看板を設置しました。

大賀一郎博士が「蓮は平和の象徴なり」と言われたとおり、今でも多くの人をつなぎ、その心を和ませています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 観蓮会2017 活動報告 1 ボ... | トップ | 観蓮会2017 活動報告3 オカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。