アートセラピー「心のお絵かき」の世界

アートセラピストで妻で母で女の、楽しく豊かでゆるい人生後半日記。

50年前の絵日記

2016-11-02 17:17:13 | 日記
先日、本棚を片付けていたら、なんと、私が小学校一年生の時の、夏休みの絵日記が
出てきました。

つまり50年前の作品です

生まれ育ったのが、鎌倉の七里ヶ浜という所でしたので、家族と鶴岡八幡宮に行って、
鳩にエサをあげている絵がありました。

手を浄める水や、倒れてしまって今はもう無い大銀杏の木なども見えます。

人がいっぱいいて、どれが私と妹なのかわからないわ・・・。

鳩も、めちゃくちゃ個性的だわ・・・。



それから、うちから少し歩くと、江ノ島がよく見える場所があり、そこで、みんなで
江ノ島の花火大会を見た絵もありました。



我ながら驚いたのは、クレヨンで塗るだけでなく、折り紙を丁寧にちぎって貼っていたことです。

50年前といえば、まだ、子どもの見るような「ひょっこりひょうたん島」だの「鉄腕アトム」だのの番組は
夕方でしたし、娯楽らしいものもなく、田舎で、周りにお友達も少なかったので、時間がたっぷりあったのでしょうね。

私は、小さいときから、こういう、お絵描きのような一人遊びが好きだったのよね。

それで、アートセラピストなんてやらせていただいているけれど、50年前に既にコラージュを
やっていたとは・・・我ながらあっぱれ
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パステルでいたずら描きした... | トップ | 円山応挙展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む