徳兵衛、狂人の頭の中

C-PTSDを病む四十男です。このブログは、時事に関して、言いたい放題に言い放していくブログです。よろしく!

日ロ首脳会談するも 『同床異夢』 北の現実的な恐怖をどうするのか?

2017-09-08 01:53:18 | 狂人の頭の中


対北、プーチン氏「対話を」…首相は圧力を主張

いくら、会談回数が多い両者でも「北と緊密な関係のロシア」と「標的に一つである日本」

という、相容れない立場と緊張感の違いがある。

しかし、日本の動きは遅すぎる。

第一回目の日本を横断して福島の沖に着弾した北朝鮮の「自称ロケット実験」の時には

安倍首相だったので、「すでに北の兵器は、日本本土に着弾する可能性は大きい」と判断して、

『韓国・中国・ロシア・アメリカ』の周辺国または同盟国を巻き込んで、

外交交渉すべきであった。

しかし、当時はアメリカに緊張感はなく、オバマは「ゆうわ路線」というよりも

「北朝鮮まで手が回らなかった。」のだ。

日本にも緊張感はなく、兵器に転用可能の精密機器を日本から送られていた事実もあった。

つまりは「民から官まで緩かった」のが当時の現状だった。

父の金正日の時は、兵器の進化の目的は明白であった。

「確固たる国際的地位」を欲していたのだが、息子の金正恩は首脳会談の経験は「0」であり、

ただただ、ミサイル技術を磨き、進歩させている。

通常、外交の現場では表では罵り合いがあってでも、別の外交専門家同士が実務的な話しを

進めている「硬軟」両方で妥協点を見いだしているものだ。

もちろん、日本もしていたのであろうが、「あまりにも話す状況にない」と判断して、

『兵糧攻め』を試みて海外を飛び回っているのだろうが、

その間、「防衛費の増加」が国会で認められたことは看過できない。

それも防衛省のたっての願いでの成立ということで

『北朝鮮の脅威を理由に軍拡(軍備拡張)をする。』というのは、

「いつか来た道」なのではないかと心配になる。




にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村







『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日中問題の基礎知識 『南京事... | トップ | 狂人の頭の中 『「北朝鮮問題... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

狂人の頭の中」カテゴリの最新記事