徳兵衛の狂人日記

C-PTSDを病む四十男です。このブログは、時事に関して、言いたい放題に言い放していくブログです。よろしく!

『TPPの国会承認議案 審議始まる 今国会で承認目指す』-米大統領候補はいずれも反対

2016-10-14 23:42:51 | 狂人日記
TPPの国会承認議案 審議始まる 今国会で承認目指す

「TPP=環太平洋パートナーシップ協定」

これを正確に認識している国民は何%いるのだろうか?

少なくとも私は良く知らない(笑)

わずかに知っているとすれば、国内の農・酪業が環太平洋の市場に晒されて、

政府とすれば、国内事業者の法人化の推進や補助金の交付で対処するらしい・・・

ことは何となく解る。

しかしながら、国内の辺境の地での「過疎化」、「人口減」が進んでいて

日本のような狭い土地で「効率的生産で世界との競争」に打ち勝てるのか?

「国内産業のアンバランス」が起きないのか懸念される。

なんだか、政治家は「明るい未来設計」しか出来ておらず、

「危険度は何%」でトータルでどうなのか?

予想しているのだろうか?

私を含め、「賢くない国民」から選出された「もっと賢くない議員」が、

「賢い選択」するとは、自省を含め考えたいところだ。

TPPの牽引役を担っていたアメリカ合衆国の改選される大統領候補の両陣営が

『TPP反対』を示していることだ。

音頭を取って、他国を木を登らせてはしごを外すようなものだ。

米大統領はその国民に向かって「自国の利益」を最優先に語ることが望まれるからだが、

「アメリカ抜きのTPP」は、さて「環太平洋パートナーシップ協定」と言えるのか?

甚だ疑問です。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村






『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貧困者から見る『18歳まで... | トップ | 『安倍チルドレン?稲田朋美... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL