大橋塗装工業`sブログ

<・・・・Proposal of high technology・・・・>

卒業式

2017-03-15 18:21:57 | 子育て・教育・親子
今日は長女の短大の卒業式と、次男の中学校卒業式が行われました。
卒業式の日程が重なったため短大担当部門と中学校担当部門に分かれ夫婦でそれぞれ出席するかたちとなりました。
中学校の卒業式は76名の名前が呼び上げられ無事卒業証書を手にしました。その後、各教室へ戻り最後の
ホームルームが行われ担任の先生からこんな言葉をいただきました。「生物学的には人の命は数億分の1です。
ですから皆さん1人1人の命は奇跡です。その奇跡で誕生した皆さんがこのクラスを作りました。これからも互いを
尊重しあい、いつも感謝の気持ちを持って生活して下さい・・・・・・・」それは命の尊さと、与えられた命を最大限に利用しようという
素晴らしいものでした。この話を聞いた後、子供たちはそれぞれ親元へ行き手紙を読み上げました。自分より大きくなった
我が息子も3年間の素直な気持ちを手紙に綴り声を詰まらせながらようやく読み上げました。
地元の中学校を閉校し、新生軽米中学校として始まった3年前の事を「不安しかなかった」と数名の子供たちが口にしていました。
きっと多くの子供たちがそうだったのでしょう。それがこの3年間で素晴らしい仲間と巡り合い、できれば「このままで居たい」
という言葉を聞いたとき、本当に統合して良かったと思えたのでした。
息子にとっても、素晴らしい部活と部員に恵まれ、同級生に恵まれ先生方に恵まれた素晴らしい中学校生活だったのでは
ないでしょうか。そして卒業式では6年生の時、担任としてお世話になった小学校時代の恩師や現在の小軽米小学校の先生からも
祝電をいただきました。離れたところから戴いた祝福と大きな応援も忘れてはいけません。
4月からは福岡高校へ進学します。人生のたった3年を ”息子に負けないように送迎してやろう。東京へ就職する娘に負けないよう稼いでやろう”と
自分にとっても新たな意欲に満ちた1日となりました。

 
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小軽米小学校授業参観 | トップ | 笹渡子ども会育成会歓送迎会 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL