かきたいことをかく

てきとうに ゆるゆると

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分の求めていたこと

2016-11-19 00:00:38 | 日記
自分の中ですごくスッキリしたことがありました。

先日、ずっと気になっていた心理学の講座を受けてみたんですが…
ワークの内容が自分の期待していたものと違っていて、帰り道はモヤモヤ、期待が裏切られた気持ちでがっかりしていました。

何にそんなにがっかりしたんだろう?
どういうものがしたかったんだろう?

…と電車の中で考えてたんですが、

私は自分の話を聴いてもらいたかったんだなぁ。受け入れられるという体験がしたかったんだなぁと気づきました。

あー、誰かに話を聴いてもらいたかったんだなぁ。そうかぁ。
そんな感じで自分に声をかけてました。


帰ったら帰ったで、夫からイラッとした声で、おーい、電話に出てくれーと留守電が入っていて、イラッとした声に落ち込む…笑
留守電入れるんなら用件入れといてくれたらいいのになぁ。
でもきっと急ぎの用事だったんだろうなぁ、困ってないかなぁ?

…ということをぐるぐる頭で気につつ、1日の家事育児を終え、子どもが寝てからもごろごろしながら考えてたら、急に閃いた。


あ!私は自分を誰かに受け止めてもらいたかったんだ!

そう気づいた時に、今までの人生でやってきたことの辻褄が合って、あー、そういうことだったんだ!ってすごくスッキリ。
難しいパズルが解けた時みたいなスッキリ感。

今まで、趣味で音楽をしたり、文や絵をかいていたことがありました。
人と関わるのも話すのも苦手だから、会話以外で自分を表現したいんだな、実は自分嫌いと言いつつ自分を表現するのが好きなんだ、だから芸術で表現することに惹かれるのかなぁ〜…ややこしいヤツめ!と思っていました。
でも自分らしさとか、自分にしかないオリジナルなものを!と追求すると苦しくなるし、やりたくないし、嫌いになる。
そして、趣味を極めようと努力する気にはならないけど、人からの賞賛はとても欲しかった。
そもそも趣味のはずなのに、本心では好きではないんです。
ただ、早く上手くなって、何か偉い人とか、有名になりたかった。
そうなってどうしたいとかはないけど、とにかく凄い人になってすごい!と言われたかった。
今なら凄い人って…何だそれ?って感じですけど、当時は真剣でした。汗

けれど本当は、表現するのが好きなのではなくて、自分の表現することや存在をただ誰かに受け止めてもらいたかっただけだったんだなって納得しました。

私はこんな人間だよ。受け止めてくれよーってずーっとずーっと20年以上訴え続けていたんだなぁ。
しんどかったよなぁ、ずっと受け入れて貰えなくて苦しかったよなぁ。悲しかったよなぁ。と、自分を労わる気持ちで今はいます。

心の底から受け入れてもらいたかったのは、母親です。
幼い頃から私が話せば、普通は〇〇でしょ?とか、あんたの言うことや性格はおかしいとか、母親の価値観で評価されたり、否定で返ってくるので、今も親には本音で話すことはあまりないです。
勇気を出して本音で話そうもんなら、否定でメンタルやられてしまいます汗
今も自分の意見に自信がないし、誰かと話していても変なこと言ってないかな?とか、私は普通じゃないのかも?って不安になって、親しい友人関係を築くのが苦手です。
育った家庭自体が表面では繕いつつ、裏で否定し合ってるような環境だったので、人間関係が苦手になっても仕方ないよなぁと思います。

凄い人、有名になりたかったのも、母親自身がそうありたかったとずっと私に語ってきたからかもしれません。
母親は、もしあの時あの道に進んでいたら、今頃は〜という話をよくしていたし、私に対してもあんた小説家になれるかも?とか、絵の才能あるから〇〇になったらいいかも?とか、〇〇作家になれるかも?というのを今でも言われます。
ずっと親の期待に応えようとしてただろうなぁ。
私自身子どもを育ててみて、当時の母親が子育てしていた環境は色々大変だったんだろうなと思うし、きっと母親も同じように言われて育ってきたのかもしれないなと思います。

昔から自分が大嫌い!(本当は大好きになりたい!)と思って生きてきたんですが、1年ほど前から自分の本音やイラッとしたことをできるだけ評価したり否定しないようにして、感じ尽くすとか、受け入れることをコツコツ続けてきたら、自己嫌悪状態から少しずつ自分を受け入れてもいいかな?自分の話を聴こうかな?に変わってきました。

子どもを怒る時やイライラした時、親にされて嫌だったことをしている自分がいて、未熟だなと反省も多いです。
早とちりで子どもにダメ!って言ってしまったり、感情的になって怒ってしまうこともある母ちゃんですが、子どもや自分が何を感じているのか、考えているのか理解したいって心で唱えて、子どもといるようにしています。

あ、夫は後回しです。笑
夫は八つ当たりしてしまっても、ありがたいことにあーまた八つ当たりかぁと受け入れて(諦めて?)くれてるなぁと感じるので、甘えさせてもらってます。
気持ちにゆとりのある時に、いつも八つ当たりされてくれてありがとうって伝えてます。ごめんよ夫。
少しずつでも、ありがとうと伝えられる時間を増やせたらいいなぁ。
夫や子どもと一緒にいられることが幸せだと感じられる時間をたくさん作りたいなと思うので、自分のことを少しずつでも受け入れていきたいなぁと思っています。

少し人として前進?した気がしたのが嬉しくて書いてみました、重たい話。笑
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 5日目だ!と思ったら… | トップ | お片づけノート3週目 感想 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。