鳥見雑記帳

庭や近所の公園で観察した野鳥についての雑記帳

この冬のルリビタキ

2017年01月17日 | ルリビタキ
ルリビタキは、高度の高いところ(例えば富士山の五合目あたり)で繁殖し、冬に里に下りてくる漂鳥だ。
地元の公園でも冬季にはほぼ毎年見られる。今年私は少なくとも3か所で見た。

12月初め水場にときどき現れた個体




同じく12月初めに別の場所で見た個体





どちらもメスタイプと言われる雌雄のはっきりしないタイプ。もしかしたら同個体かもしれない。
ルリビタキのオスは3年経たないと綺麗な青い色にはならないので、若いオスとメスの見分けが難しい。

この場所は代替わりしても、メスタイプもオスとわかるタイプもよく見られる場所なので、ルリビタキが好む場所なのだろう。
ルリビタキが降りてくるころは、すでに木の実や種は他の鳥に食べつくされているころで、ルリビタキは低木の地面に近い枝に止まり、地上に下りては落ちている種を拾ったり、虫を捕まえて食べている。

1月になってから見た個体







この場所は、例年はどちらかというとジョウビタキがよく見られる場所なのでちょっとびっくりした。ルリビタキにしては、かなり明るい場所にもどんどん出てくる。やはりメスタイプ。

そして、この個体はあとでよく見ると右脚指が丸まっている。







特に痛そうな感じや不自由そうな感じがなかったので気が付かなかった。生まれつきなのかもしれない。
それでも、やはりこうした明るい開けたところの方が活動しやすいということがあるのだろうか。

元気に一冬を過ごしてほしい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モズとはやにえ

2017年01月06日 | 野鳥
モズは秋になると、高鳴きをする。

2016年10月6日 アンテナで高鳴きするモズのメス





繁殖地を離れるのか、繁殖地にいてもペアを解消するのか、縄張りをひとりで守って冬に備えるようだ。

地元のモズのメス 2016年12月24日 







頭でっかちで、お腹が丸くてかわいい体形だが、嘴は鋭く、小さな猛禽と言われる。
時々「ジュンジュン」というように鳴くのは、やはり縄張りを主張しているのだろうか。

ところで、モズははやにえを作るので有名だが、地元ではなかなか見つけられない。
小さな緑色の蛾の幼虫みたいなものを一度だけ見たことがあるぐらいだ。

そこで、はやにえが見られるという丘陵地へ行ってみた。

トノサマバッタの立派なはやにえ。2016年12月21日


こちらは、フクラスズメ(蛾)だが、あまりにも目の前にあったので、ほんとうにはやにえなのかどうかモズに聞いてみたいところ。



あるところには、あるものだ。
餌がそれだけ豊富で、すぐに食べる必要がないからだろうか。

さて、今年に入ってからも、地元ではモズが見られているが、今日は、雌雄が取っ組み合いのけんかをしていたと聞いた。「冬来たりなば春遠からじ」なのに、けんかしていてよいのだろうか。

けんかしていたというオスのモズ 2017年1月6日



ジュンジュンと鳴いていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アトリの当たり年

2017年01月03日 | アトリ


明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、この冬はなんといってもアトリの当たり年。
地元の公園でも、11月中旬ごろから100羽ぐらいのアトリが群れ飛ぶようになった。
初めのころは主にケヤキの種を食べに来ていたが、高い木の上で、ケヤキの葉に紛れた姿はなかなか写真には撮りにくく、結局単独になったところを狙うしかなかった。







種子食の鳥は、水分補給が欠かせないので、ときどき水場に下りてくる。
そこもねらい目だ。









しかし、ごちゃごちゃとたくさんいる小鳥の群れを撮るのもなかなか難しい。

木のうろにに溜まった水を吸いに来る場合もある。



今季は、また、群れの中に頭が部分的に白くなったアトリがいて、話題になった。



初めは2個体いるように思えたが、左右で見え方が違うことがわかった。



酷い写真だが、正面顔。もちろん、これ以外にも別個体がいるのかもしれない。

白いのは昔から縁起がよいと言われているが、目立ちすぎて捕食されやすいこともあるだろう。
無事に一冬生き抜いてほしいものだ。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

オジロビタキとリュウキュウサンショウクイ

2016年12月30日 | 野鳥
自転車で行ける距離の公園に胸元が赤いオジロビタキが入ったと聞いて、行ってみた。







すでに20~30人のカメラマンが集まっていた。
このような胸元が赤いオジロビタキを見るのは初めてなので、三脚の列の隙間から証拠写真を撮った。
もっといいカットも撮りたいとは思ったが、その後連日100名ぐらいのカメラマンが集まるようになったらしく、そういう場所はトラブルのもとなので再挑戦はしていない。
ニシオジロビタキというらしい。

地元の公園でアトリを見ているとき、聞きなれない鳴き声が聞こえ、お仲間が居場所を見つけた。
姿はサンショウクイのようだった。






あっというまに飛んでいってしまったので、数カットしか撮れなかった。
みんなで写真を検討して、リュウキュウサンショウクイではないかということになった。
リュウキュウサンショウクイは沖縄で見ているが、最近北上中で、関東地方でも見られるようになっているらしい。
ただし、サンショウクイとリュウキュウサショウクイのハイブリッドもいる可能性があるという。
識別できる角度から撮れた写真がないので、結局結論は出ていない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縄張り守るジョウビタキ

2016年12月25日 | ジョウビタキ
今年もジョウビタキが飛来する季節となった。
ジョウビタキは一際縄張り意識の強い小鳥だ。
縄張り宣言する「ヒッ、ヒッ」という声で、飛来してきたことに気付くことが多い。


テレビのアンテナの上で縄張り宣言するジョウビタキのメス(11月4日)



地元の公園には今季、このメスがやってきた。



あっち向いて「ヒッ、ヒッ」


こっち向いて「ヒッ、ヒツ」


そのうち、このメスは、いつもこんな殺風景な場所に陣取っていることが多くなった。



観察していると、




ガラスに写ったライバルに盛んに攻撃をしかける。

ときどき水を飲んだり、餌を採ったりするとき以外は、ほとんど一日中この場所で攻撃を繰り返していた。


決して退散しないライバル。いったいいつまで続けるのだろう。お疲れ様なことだ。



ふぅ。


でも、ここ1週間ぐらいは、この場で姿を見ていない。
ライバルに負けて退散してしまったのだろうか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コミミズクとケリ

2016年12月23日 | 野鳥
年の瀬も押し迫ってきたが、滑り込みで今年のライファー2種を追加することができた。

コミミズク



コミミズクは一度は見てみたい鳥だったが、今までチャンスがなかった。
そこで、コミミズクが渡ってくることで有名な場所に、今年も入ったという情報があり、連れて行ってもらった。

夕方茂みから出てきて杭に止まり、一声二声鳴いたところ。ギャァというような威嚇声。


コミミズクのスサー。飛びだす前のストレッチ。太い脚だ。これでネズミなどを捕まえるのだろう。




夕やみ迫る前の飛翔写真は、いくらゆっくり飛ぶと言ってもなかなか撮るのは難しい。
正面顔が見えるものは、遠景でごまかす。



コミミズクはフクロウ類の中では特に人気があるが、それは、他のフクロウ類が昼間はほとんど眠っているのに対し、コミミズクは活動している場面が見られるからだろう。


ケリ

タゲリは何度か見たことがあったが、ケリは初めて。





行きと帰りに同じ場所で。夕日の色に染まるケリ。


はるばる案内してくださって、ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩秋の鳥たち 遠征先にて

2016年12月03日 | 野鳥
晩秋に昆虫探しのついでに立ち寄った遠征先にて。

アリスイ





ここは毎年アリスイがいるという話は聞いていたが、実際にみたことはなかった。ダメもとで寄ってみると、例年になくよく姿を現すようで、なんとか見られた。
藪から出て場所を移動するときに姿を現すようだ。
今年は北海道で繁殖の現場も見られたので、アリスイがぐっと身近に感じられるようになった。





アリスイの場所には、珍鳥が出ているらしく、そちらにはたくさんのカメラマンがいたが、折よく鳥が出てきたのでついでに撮ってみた。
キマユホオジロという鳥らしい。このカットのみ。

タゲリ





以前ヘムレンさんに連れて行ってもらって初めてタゲリを見た場所と同じ。
敏感なので近寄れず、なかなか撮るのは難しい。地面に降りるとどこにいるのだがわからなくなる。



ミヤマガラス





黒い鳥は、これも撮るのが難しい。
コクマルガラスが混じっていないか探したが、いなかった。
でも、ミヤマカラス自身もライファーです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の思い出から

2016年11月08日 | 野鳥
6月。近くの公園で今年もオオタカが繁殖していると聞いた。
巣はとてもかわりにくい、見にくいところにあり、あまり知られていないのか、カメラマンも3~4人ぐらいしか来ていない。

雛が見える頃、一度だけ見に行ってみた。





猛禽の雛はみんなこんな具合に白くてふわふわ。



お母さんがしっかり見張りをしていた。
考えてみると、都会でもよく見かけるオオタカだが、巣立ち前の雛を見たのは初めてだった。

7月。たまたま近くに行くついでがあり、ネット情報をたよりにササゴイを探してみた。



ネットによれば、ここでは、毎日のように魚を捕る狩の様子が見られるそうなのだが、この日は前日の雨で川が増水し、狩の様子は見られなかった。





5月と9月

地元では、毎年アオバズクが飛来する。初夏のころには夜に鳴いているのが聞かれるそうだが、なかなか姿は見つからない。昨年は雛連れのアオバズクの写真を撮ったという人がいて、地元の観察仲間は地元で繁殖しているのではないかと色めきたった。しかし、昨年も今年も、繁殖は確かめられなかった。

今年の初夏のアオバズク



樹の枝の中にいるこの塊のようなアオバズクを見つけた人がすごい。
前から見てもこんな具合。



渡ってきたばかりのころだろうか。

そして、9月。やはりこんな見つけにくいところに。



こちらは渡っていく前なのだろうか。
来年こそ、地元で繁殖しているのを確かめたいものだ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の思い出から

2016年11月07日 | 野鳥
すでに冬鳥がぞくぞくと飛来してきているが、アップする機会を逃した今年の鳥たちを遅ればせながらピックアップ。

春のシマアジ

近所の川にシマアジが来ていると聞き、ほとぼりが冷めたころ、まだいるかどうか見に行ってみた。







数人のカメラマンがレンズを向けていたが、それを気にすることなく、すぐそばまで来る。
人馴れしすぎていると思ったが、シマアジをこんなに近くで見たのは初めてだった。


この日は川の土手の桜が満開。
スズメたちが何羽か蜜を吸いに来ていたので、久しぶりにスズメちゃんの花狼藉シーンに挑戦。
なかなか姿を見せず、このカットを撮るのがせいいっぱいだった。



春の渡りの鳥たちは不調で、あまりいいカットは撮れなかった。

水から上がってきたキビタキ


オオルリ


サンコウチョウは全く出会えなかったが、かわりに非常に珍しいムギマキが現れた。
ただし、暗くて写真は酷い。



珍しく、水場に下りたセンダイムシクイ


これらはすべて4月の写真。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

珍しいお客さん ハジロカイツブリ

2016年10月22日 | カイツブリ類
地元の池に珍しく(たぶん、初めて)ハジロカイツブリが1羽やってきた。



普通のカイツブリより少し大きい。冬羽(非繁殖羽)で、赤いルビーのような目がきれいだ。



正面から見ると、ほっぺたが膨らんでいるのがわかる。





ボートがたくさん行き交う池でもあまり気にすることなく、合間を縫うようにして泳ぎ、盛んにもぐる。

潜る時間も長いので、出てくる場所がわからず見失うこともある。
しばらく潜って獲物を十分に採ったあとは、盛んに羽繕い。最後にぶるっと羽を広げる。





あたりには、キンクロハジロの群れがいて、時々まるでその群れの一員のように一緒に泳いだりしていた。
キンクロハジロの群れも、とくに気にかけていないようだ。
しかし、同じ仲間の普通のカイツブリたちは、このよそ者が縄張りに入ってくることを嫌い、ときどき追い払おうとしていた。




ハジロカイツブリのかわいい姿がかなり身近でみられて楽しかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の思い出 高山にて つづき

2016年09月30日 | 野鳥
富士山の水場で出会った小鳥たちのつづき。

ルリビタキ



ルリビタキはこの水場の常連だけれど、オスはなかなかやってこない。
毎年、メスかメスタイプの子どもたちが現れることが圧倒的に多い。
今年は久しぶりにここでオスが見られた。







水浴びすると羽が乱れてふわふわ感がなくなるが、そこそこきれいなオスだった。

ウソ



ウソはオスもメスも現れたが、これも水を浴びるとグチャグチャになってしまう。
比較的きれいめに撮れたオスだけ紹介。
まるまるとしていてかわいい。





キクイタダキ



キクイタダキは水場には現れず、周りの林の中で、子供に給餌しながら飛び回っていた。
すごくぼさぼさでお疲れ模様。

さて、その子供だが、残念ながらうまく撮れなかった。
酷い写真だが、こんな子供時代の様子はめったに見られないので、諦めきれずに載せておく。



(ピントが後ろに・・・)



(ピントが前の枝に・・・)

その他、常連のヒガラ・コガラ・メボソムシクイも現れたが、写真は大したものがなくカット。
ここで見られる鳥は種類が限られているが、それでも毎年見られる種類が違うので、いろいろな出会いがあって楽しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の思い出 高山鳥たち

2016年09月29日 | 野鳥
毎年8月には、高山の鳥を見るためと、避暑を兼ねて富士五合目あたりへプチ遠征する。今年はそれに加えてチョウ撮りがてら乗鞍方面へも行った。

ハイマツのてっぺんで囀る乗鞍のカヤクグリ 8月上旬


また現れた個体をよく見ると、嘴に幼虫をくわえている。

しばらくして、ハイマツの茂みに飛び込んだので、きっと中に巣があるのだろう。
あちこちで、虫をくわえるカヤクグリが見られたので、繁殖の真っ最中だったらしい。

富士五合目付近の水場で 8月下旬


この個体は、人がいるすぐそばの道の水たまりに現れて、水浴びを始めた。
人が集まってきてあちこちから写真を撮っても、ぜんぜん気にしない。
餌を採るときも、かなり近くに寄ってきた。



家に帰って写真を拡大してみると、嘴の横にゴムパッキンがある。若鳥だったのだろう。
この時期は、若鳥が独り立ちする時期だったのかもしれない。

水場に現れたホシガラス



あまりに近くて、画面いっぱいになってしまった。

ズームレンズをひいて撮る。



光の当たり具合は難しく、ちょっと白飛び気味を修整。

天気が怪しい日だったが、なんとか数種の鳥が見られてよかった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご近所のかわいいヒナヒナたち

2016年09月24日 | 野鳥
池の鳥は、比較的撮りやすいが、小鳥たちは難しい。
近所の公園などで出会った小鳥たちのヒナヒナ。

スズメ

スズメは、家の傍の電柱で毎年子育てをしているので、巣立った雛が庭にデビューする。
特有のおねだり声が聞こえてくるとわかるのだが、けっこう用心深くて、なかなか撮れない。

5月20日






この日は、庭(雑草園)に降りていた雛たちが、疲れておねむになってしまい、座り込む。初めはガラス戸越しに撮っていたが、戸を開けてもすぐには逃げなかった。
でも、こんなところに座り込んでいたら、危険。

こちらは、公園内。もう少し大きくなっているが、親を追いかけまわして飛び回っていた。

5月19日


シジュウカラ

5月25日


シジュウカラの雛も親子でよく庭に現れる。雑草園の庭には、餌になる虫がいっぱいいるからか。
こちらは完全にガラス戸越しで酷い画像。

6月2日 公園で。




ホワイトバランスがおかしい酷い画像だが、急に目の前に現れたので調整する暇がなかった。やはり親を追いかけてせわしく飛び回っている。

コゲラ

5月8日 公園にて






鳥の巣の撮影はいろいろ神経を使うが、巣立ちの日だったので、あえて撮る。今年は2か所で営巣しているのがわかった。

ハクセキレイ

6月10日


少し遠くの田んぼがある公園で。こうしてみると、もう若鳥に見えるが、まだおねだりしていた。







すべてぜんぜん珍しくもない鳥たちだが、雛はどの鳥でもかわいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かいぼり27と池の鳥 バン編

2016年09月22日 | クイナ類
私がバンの雛が孵っているのを発見したのは5月28日のこと。



初め1羽かと思ったら、2羽でてきて、



最後には3羽いることがわかった。



バンも以前はこの池で繁殖していたこともあったのだが、かいぼり直前のころは成鳥の姿さえほとの見られないようになっていた。そして、前回のかいぼりの後にまた繁殖し始め、今回のかいぼりのあとでも繁殖したので、やはりかいぼり効果と言っていいだろう。

初めペアは少なくとも2組いたのだが、1組はこんなところで抱卵を始め、なにものかに襲われたのか、その後営巣はしなかった模様。

丸見えの巣 5月19日


もう一組の巣は、浮島の葦の中で、双眼鏡で隙間を覗くと、かろうじて親の黒い体や赤い額板が見えるような場所だった。



6月2日、浮島にこんな生まれたばかりの雛がぽつんと1羽いた。


1羽で大丈夫なのだろうかと心配していると、どこからともなく親が現れて、餌をちょっと与えてまた置き去りにしてどこかへ行ってしまった。


また次の日の6月3日にも単独の雛が。


という具合で、バンもどうやら、卵を産むとすぐ温めはじめ、雛の孵化にも差があるようだ。

6月4日 3羽の雛に餌をやる親


いったい雛は何羽いるのだろうか。しばらく観察していると、2羽の親の元にたくさんの雛が集まっているのが見えた。


動き回るので数えにくいが、写真に撮って写っている雛を数えてみると、9羽はいる。
もし、5月28日までに3羽孵っていて、その後毎日順番に孵っていくとすると、9羽になる計算なので、納得だ。
(その後10羽になったのを見た人もいた。)
こんなにたくさんの雛を孵したバンを見たのは初めてだった。

バンの子育ては、カイツブリやカルガモと似ているところもあれば、少し違うところもある。
卵の温め方はカイツブリと似ているので、兄弟の雛には体格差が出る。
また、カルガモと違って、生まれたばかりの雛には給餌するが、餌は主に草や木の実や種のような植物なので、雛たちは割と早く自分で餌が捕れるようになる。(もちろん、トンボなどの昆虫も捕れれば食べているようだ。)動いている魚などを水に潜って狩るカイツブリは、その技を身に付けるまでに時間がかかり、自立は遅い。

6月8日。まだ給餌を受ける雛。雛たちはしかし、そうとうばらばらになっているのも特徴。


6月17日の雛。これくらいになると、自分で餌が採れているようだ。こういうところに上っていることが多い。


7月14日。若鳥の羽になっている。


7月27日。


しかし、10羽近くいた雛たちの姿は、その後あまり見られなくなってしまう。独立してどこかへ行ってしまうのか、なんらかの理由で命を落としてしまったのか。

こんなわけで、今年の夏は、カイツブリ、カルガモ、バンの雛ラッシュだった。
そして、3種3様の子育ての様子がよく観察できて面白かった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かいぼり27と池の鳥 カルガモ編

2016年09月20日 | カモ類


今年はカルガモの雛もたくさん産まれた。
上の写真は5月25日のもの。4羽の雛を連れた親。

こちらは5羽の雛を連れている。5月26日。


他にも2羽の雛を連れたものもいた。

カルガモにとっても、かいぼりされた池は繁殖しやすい池になったようだ。
そのカルガモたちを観察していると、これもいろいろ面白い発見があった。

6月4日のカルガモファミリー


この日も目の前の浮島から、生まれたばかりに見える4羽のカルガモを連れた親が現れた。
カルガモは普通子育てはメスしか行わない。
しかし、このファミリーの傍には、もう一羽成鳥がついている。
後から守るように泳いだり、写真のように見守っているようだ。
しかし、しばらくすると、飛んで行ってしまった。

これはオスのガードダックだと思われる。
カルガモも、時にはオスがファミリーを守るような行動をとるらしい。
天敵から守るのか、ほかのオスが近づかないようにしているのかはよくわからないが。

そして、なんといっても今年のトピックスは、10羽の雛のファミリーだ。

6月24日の10羽の雛


この時、雛たちの傍には、親の姿がなかった。
雛たちは10羽でしっかりまとまって、このあたりを行ったり来たりしている。

カルガモは卵を産んでもすぐには温めず、全部産み終わってから温めはじめるので、雛は全部一度に孵り、成長の差はない。
そして、孵るとすぐに泳げるし、自分で餌を採れる。親は給餌をする必要はなく、餌のあるところへ誘導したり、天敵から身を隠すようリードしたり、休憩する場所に案内したりするのが主な務めだ。

だから親がいなくても、すぐに困ることはないかもしれにが、それにしても親はどこへ何をしに行っているのか。まさか育児放棄ではあるまいが。

次の日もこのカルガモ一家を探していると、その日はちゃんと親がついていた。


6月25日のファイミリー


親は育児放棄どころか、10羽の雛たちを上手にリードして池を1周し、休憩場所へ向かう。

休憩場所でくつろぐ一家


一家はこの後も、毎日池を1周しては休憩場所へ戻っていくようだった。

7月10日 池の岸で休憩する一家。


普通カルガモは初めはたくさんの雛を連れていても、雛の数はどんどん減って、3~4羽ぐらいになってしまうことが多い。それなのに、この母親はその後も時々雛たちを置き去りにしてどこかへ行ってしまうことがあるにもかかわらず、半月経っても雛は10羽ちゃんと生き残っていた。
親のしつけがいいのか、雛たちが優秀なのか、池がそれだけ安全になったのか。

そして、1か月以上たったころ、雛は1羽減って、9羽になっていたが、それでも奇跡的な生存率だと言える。

8月3日のファミリー ずいぶん大きくなったが、9羽になっている。



今、池はカルガモだらけだし、雛たちも親と同じぐらいの大きさに成長しているので、なかなかどれがこのファミリーの雛たちなのか見分けがつかないが、ときどき7~8羽の群れを見るので、それがこのファミリーかもしれない。

もう一つびっくりしたこと。

7月16日のカルガモ。


この日、池にはギンブナの稚魚がなんらかの原因に弱ってしまい、たくさん浮いている状態だった。
そして、なんとカルガモたちがたくさん集まってきて、その弱ったギンブナを次々に捕まえて食べ始めたのだ。



カルガモが草ばかりでなく、昆虫なども食べることは知っていたが、魚を食べるところは初めて見た。
そして、前にカイツブリの記事で書いたように、どうやらカイツブリの雛さえも、食べてしまうことがあるようなのだ。

この夏の池は、あと1種、大繁殖した水鳥がいて、観察するのが大変なほどのベビーラッシュだった。

つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加