京都の長岡京市会議員の小原明大(おはらあきひろ)です。九小・三中・西乙・神戸大卒。ツイッター・FBもお願いします。
おっはー!






<↑クリックで動画表示>撮影し送っていただいた村上さん、ありがとうございました!



伏見の板橋小で行われた演説会、500人を超える盛況でした。長岡京市の6人の候補者も紹介され、私が代表して訴えました。


見るのもかったるいと思いますので、テキストもあげときます。

内輪向けに言ってるので、若干きつい部分はご笑覧くださいませ。



 みなさんこんにちは。長岡京市会議員団、団長の小原明大です。こんど新人で挑戦する広垣くんは小学校からの同級生です。6人全員当選へがんばりますので、よろしくお願いします。

 前回の市会議員選挙は、5人でたたかいました。今回は1人増やすたたかいです。


 1月にあった共産党の党大会では、全国の共産党地方議員がこの3年で100人以上増えたことが報告されました。そのうちの4人は、この京都3区です。

 さきほどご紹介いただいた、長岡の補欠選挙で定数2で通ったすみだ議員。伏見の赤阪さん、山根さん、そして上原さんです。


 この党大会で決めたのは、安倍政権を倒して、野党連合政権を本気でつくろうということです。本気で政権をとろうというとき、地方議員もたくさん必要なのは当然です。

 5人から6人、けっして楽なたたかいではありません。維新も2,3人出てきそうです。それでも、政治を変えたいと願うすべての人と力をあわせて、かならず勝利する決意です。

 その力で、上原さんの分もともにがんばって、京都3区から金森さんを押し上げましょう。よろしくお願いします。



 いま、安倍政権による地方創生というのが、行政をゆがめています。

 これから人口が減っていくから、施設やお店はまちの真ん中に集めます。へんぴな所に住まないでまちの真ん中に集まりなさい。市町村は観光客を呼んで稼ぎなさい、移り住んでくる人を増やしなさい。これが地方創生です。

 要は大っぴらに地方を切り捨てながら、まちの真ん中は再開発して企業にもうけさせる政策です。


 向日市でも、市役所と市民会館をまとめて建てかえるとか、JRの駅を大開発して儲けようという話が出ています。

 大山崎町でも、学童保育の施設を学校のなかに放り込んで、空いた土地に民間保育所を建てて公立はつぶすという方針に、ちょっと待てという署名が人口の8割ぐらい寄せられています。

 長岡京市では、市役所の向かいにあった保育所を小学校の中に放り込んで、できた空き地を企業に貸してもうけさせる方針です。さらに、わずかな農地を2万㎡もつぶして、20億円以上税金かけて道の駅をつくる構想が出ました。農家や商店街からも疑問の声があがっています。



 このように企業のもうけの開発に走る行政のなかで、保育所の待機児童はどんどん増えています。高齢者も、障がい者も、若者も、きびしく不自由なくらしをされています。

 京都市もそうだと思いますが、外から観光客を呼んできて稼がねばならんという行政の発想そのものが、実際に住んでいる市民のくらしがきびしいことを示しているんじゃないでしょうか。


 戦争や教育勅語ばっかり好きな安倍政権。そして開発ばっかり好きな市政。共通するのは、住民のくらしに目が向いていないことです。しかし住民のくらしが守られていないのに、まちが豊かになったり、日本人の心が豊かになったりするでしょうか。


 日本共産党議員団は4年前にかかげた公約を実現してきました。水道料金値下げ。小学校卒業まで医療費無料化。中学校給食の実施決定。東部地域に新しいバス路線。市民のみなさんと運動をすすめ、補欠選挙で6人にふえての成果です。


 くらしを守る6議席。そして野党共闘を前進させ、総選挙で勝ち抜くための6議席。京都3区のみなさんの力をぜひ6議席実現のためにお貸しください。ありがとうございました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« え?長岡京市... HAPPY PRIDE »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。