オハイオで息子2人を育てています

オハイオ州コロンバスで暮らしているお母さんのブログです。
ひっそりとたくましく生き抜いています。

アメリカの性犯罪

2016-10-15 | お役立ち情報
今日はアメリカ在住日本人の方々にぜひ使ってほしいサイトをご紹介するわ。

日本でも有名だけど、アメリカは性犯罪を犯した人間を、
インターネットで国が晒すっていう素晴らしい法律があるのよね。

これって調べるのはとっても簡単で、

このHP にアクセスすれば自分の家の周り半径3マイル以内にいる犯罪者を調べることができるわ。

ちなみに
お母さんの家の周り半径3マイルには22人の性犯罪者が住んでた。
息子たちが通うダンス教室の周りは半径1マイルに59人の性犯罪者。
うち3人は同じストリートで3軒となりに住んでるじゃない。

びっくりよね。どんだけ性犯罪者いるの?!
幸い今住んでいるストリートには性犯罪者はいないけど、
地域によっては1ブロックに一人くらいいるわ?!

もうね、本当に恐ろしい。
しかも犯罪歴見ると3回つかまってから今そこに住んでるとこ、とか。

Walmartの掲示板なんか見ると行方不明の子供の写真が山ほど貼ってあるのよね。
信じられないけどあれだけの人数の子供たちがさらわれてるんでしょう?

銃規制はどうなってるのかしらね。
この性犯罪者たちはもちろん銃なんて所持できないわよね?
そう願うわ。
息子たちの通う学区の中にも何人もいるもの。

性犯罪者が近所に住んでるとわかったからといってどうすることもできるわけじゃないけど、
日本とは性犯罪の件数がけた違いに起こってる国だってことを改めて認識できるわ。
そして昼間でも1歩外に出たら気を緩めないことが大事よね。

お母さんの住む地域は中流層がほとんどで、
みんな穏やかでいい人たちばかりよ。
あの中に性犯罪者がまぎれてるなんて信じたくないわ。

だけど、自分や家族が犯罪に巻き込まれないために、
時々このサイトを見て、つい慣れて気を抜いてしまう自分を戒めるようにしてるのよ。

実はお母さん、実際家の近所で怖い思いをしたこともあるの。
あの時も警戒心のアンテナを立ててたから気が付いて回避することができたんだと思うわ。

危機感、とっても大事だと思うわ!
気を付けて平和に暮らしましょうね。。。


「日が短くなってきた最近、
暗くなる前に家に帰るわよ!!」

と思ったら、このボタンを押して頂戴!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家で起こった大事件 | トップ | 原始人 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いったいどうやって (とおりすがり)
2016-10-17 20:55:27
アメリカって子供だけで留守番させたり
子供だけで外出させたり車に残したり出来ないですよね?
それなのにいったいどうやって誘拐するんでしょう?
よっぽど巧妙なのでしょうか・・・
Unknown (お母さん)
2016-10-18 08:22:41
とおりすがりさん

噂できいたことがあるのは。。。

庭で遊ばせているときにちょっと目を離したすきにさらわれそうになった、

とか、

道路側でバスケットボールをしていたらさらわれそうになった、

とか、

モールのトイレの前で子供が出てくるのを待ってたら、
ジャケットにくるまれて子供が知らない男に抱き上げられてさらわれそうになった、

とか、

けっこう聞きますよ~。。。

治安のいい地域でも聞きます。
本当に、油断できませんね!!
庭で・・・ (とおりすがり)
2016-10-18 15:46:25
ありがとうございます。
自宅庭で誘拐される場合があるんですね。
自分の家でも気を付けなきゃいけないなんて・・・
トイレで、っていうのは日本でも聞いたことがあります。
子供を守るためには親は油断できませんね、ホントに。
Unknown (お母さん)
2016-10-19 02:30:15
子供も自分も、いつも危機感を持って危険回避したいですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL