大橋社労士の気まま日記

仕事上のエピソードや日常の出来事、日頃興味を持ったことなどを随時ご紹介していきます。

ためになる「本」のご紹介

 | Weblog
月に一度の「ためになる話シリーズ」です。

今回は、いつもとちょっと趣向を変えまして、読んでためになるお勧めの「本」のご紹介をしたいと思います。年末年始など、お時間のある時に読んでみてはいかがでしょうか。
(以前に当ブログでも書きましたが、本は自分のためでなく“他人のために”読むと本当に役に立ちます。)

◎「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」(福島正伸著:きこ書房)
⇒当紙上でも何度かこの内容はご紹介していますね。タイトルどおり、日々の何気なく見える仕事が劇的に“楽しい仕事”に変わる実話が紹介されています。主に若い方やこれから社会に出る方、あるいは日々の仕事に行き詰まった方などに読んでもらいたい本です。

◎「メンタリング・マネジメント~共感と信頼の人材育成術~」(福島正伸著:ダイヤモンド社)
⇒こちらは、どちらかというと中間管理職の方々に読んでもらいたい内容です。部下を育成するというのはなかなか大変ですが、指導と育成の違いから始まり、上司自らが手本を示すことによって共感と信頼を得る方法などのエッセンスが山盛りです。
  
◎「9タイプ(エニアグラム)・コーチング」(安村明史著:コスモトゥーワン)
⇒会社の中での人間関係上はもちろんのこと、相手の人格や生まれもった性質を理解した上で接しないと、思わぬトラブルや軋轢を招きます。まず、人は「9つのタイプ」に分けられるとの理論から始まります。そして、自分と相手がどのタイプなのかを見分ける方法、また、それに合った接し方・対応法を指南してくれる本です。

◎「労使トラブルを解決するならこの1冊」(河野順一著:自由国民社)
⇒労使トラブルは「予防」するのが一番ですが、万が一紛争や訴訟などに発展してしまった時の具体的な解決法が、豊富な判例や経験に基づいて紹介されています。トラブルの解決の糸口を見つけたい時に参考になる一冊です。

◎「職場のメンタルヘルスの正しい知識」(吉野 聡著:日本法令)
⇒“うつ”をはじめとしたメンタルヘルスは、対応が難しい事象の一つです。そもそも「メンタルヘルスとは何か?」から始まり、その分類や見分け方、そして、実際の業務の中での対応方法や職場復帰の際の留意点など、「具体的に何をすればよいか」を実際の事例を基にしながら精神科医としての立場から詳細に述べられている本です。

~上記の中には刊行からやや時が経っているものもありますので、探される場合にはご注意下さい。~


恐らくこれが今年最後の更新になると思います。
みなさま、今年1年当ブログをご拝読頂きありがとうございました。
それでは、よいお年をお迎え下さい。

※事務所HPでもご案内しておりますが、当事務所は12月30日~1月3日まで(実家への帰省のため)お休みとさせて頂きます。
ご了承下さいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三連休

 | Weblog
クリスマスイブを挟んで三連休ですね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
(いやあ、今日はそれにしても寒い! 明日はさらに寒くて、最低気温がマイナス4℃らしいです。)

私は今日は久しぶりに「日帰り温泉」に行ってきました。
山梨は上野原の「秋山温泉・秋山ネスパ」という所です。
特に写真は撮っていないので、詳細はこちらのサイトをご覧下さいませ。

http://www.akiyamaonsen.com/

この辺りの日帰り温泉施設は「藤野やまなみ温泉」をはじめとして、だいたいは制覇しているのですが、ここだけはどういうわけか今まで存在に気づかず、今日が初の訪問になりました。

どんな季節に行ってもいいものですが、冬はやはり体が芯から温まる感じがしていいものですね。
食事もしつつのんびりしてきました。

帰りにはとっさに思いついて、こんな所に寄ってきました。

http://www.e-shokokai.or.jp/sanpo/obara_honjin.html

で、ついさっきラッキーなことを発見。
今日は立川の昭和記念公園で「冬花火」があったのですが、その時間にふと自宅リビングの窓から外を見たら、花火が見えるではありませんか!
前には遮るものが何もなく、きれいにはっきりと、音もちゃんと聞こえて。
3階ですが、富士山も見えるはで、何かとお得な場所です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あと2週間

 | Weblog
今年もあと残す所2週間余りとなりました。
年賀状もめでたく全部完成しました!
あとは郵便局に持っていくだけの状態です。

毎年この時期はこれから大掃除・・という所なのですが、まだ引っ越してから半年もたっていないので、そんなに汚れても散らかってもいないので、まあそこそこでいいかと思ってる今日この頃です。

本当に今年は3月に起きた大震災が何かにつけて大きかったなと思います。
もちろん直接被災された方々が一番大変なのですが、色々な意味で「人と人とのつながり」の重要性を実感し、「本当の幸福とは何なのだろう?」とか生きることの意味を深く考えさせられた1年だったように思います。

あまり軽々しくは言えませんが、来年はよき年でありますように。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間?

 | Weblog
日本人というのは、何かにつけ「時間」を重要視していると思いませんか?

単純には、遅刻など約束の「時間」に遅れたりするのをものすごく嫌います。
(電車などが時間に正確なのはいいことです。)
受験の時や資格試験を受ける際にも、合格するためにはどれくらいの「時間」勉強したらよいか・・なんて指標がよくあったりします。
部活やクラブでも長い「時間」練習すれば報われる・・みたいな信念めいたものがありますよね。
社会に出ても、「時間」で給料が支払われ、この「時間」は労働をしたかしてないかなど、しばしば「時間」が登場しますし、いまだに長い「時間」働くことが評価されることも多いです。

別にそういったことに異議を唱えたくて書いているわけではありませんが、「では、“質”はどうなの?」とよく思ったりします。
その「時間」を本当に有意義に使っているかということです。
自分自身は「時間」で区切られたりするのがどうも合っていないようで、ついつい「その時間をやり過ごす」ことに気がいってしまいます。
むしろ「やるべきこと」だけ決めておいた方が、効率よく物事が進みます。
こういうことについては個人差があるでしょう。

ただ、職業柄、以下のような問題によく突きあたります。
会社が支払う「残業手当」。
仕事のスピードや能力は人それぞれなのに、長時間働いた人が得をするようなシステムですよね。
悪く言えば、仕事の能力が低くて時間がかかる人の方が給料が多くなる場合もあるわけで、なかなかに難しい問題です。

同じ時間勉強したり仕事したりしても、その進度や成果は人それぞれだと思いますから、単に「時間」を指標に基準を決めたり評価をしたりするのはどうなんでしょう?
何時間やるか・・よりも「何をどれだけやるか」の方が重要な気がするのですが、いかがなものでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大田黒公園

 | Weblog
この所寒い日が続いていましたが、今日は実に暖かい日曜日でした。
というわけで、杉並区にある「大田黒公園」にちょっと遅めの紅葉を愛でに出かけてきました。

     

これが「公園」へのエントランスです。
イチョウの葉はもうだいぶ落ちてしまっていますが、とても風情のある道となっています。
ちょっと“京都っぽい”感じです。

さて、園内ですが・・・、

  

  

携帯で撮った写真なのでイマイチ写りがよくないですが、木によって若干落葉したり枯れ始めていたりするもののまだまだ充分紅葉が楽しめます。
元々ここは紅葉の時期が例年遅めとのことです。
庭園そのものも、いわゆる池泉回遊式のバランスのよい落ち着いた感じのものです。
そもそもここは大田黒元雄さんという音楽評論家の方のお屋敷の跡なのです。
このようなお庭が自宅についているなんて何とゼイタク!
音楽評論家だったこともあって、敷地内の資料館みたいな所にご本人所有のピアノなども展示してありました。
(写真だけ見ると「杉並区」という感じがしませんね。)

この辺りは昔も今もどちらかというと高級住宅街の装い。
帰りに荻窪駅まで歩く道すがらも、まるで美術館かと見間違えそうな「邸宅」がたくさんありました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虫の知らせ

 | Weblog
昔から「これは“虫の知らせ”ってやつか?」と感じることがしばしばあります。
(先日、非常袋の話をした後に思い出しました。)

特に身内の不幸とか大災害の時です。
多いのは直前に全く眠れなくなるか、急に胸騒ぎみたいなのがして気ぜわしくなるのです。

一番象徴的だったのが、かつての阪神大震災の時です。
当時は大学3年生。京都で一人暮らしをしておりました。
ちょうど大学の試験期間だったのですが、震災の日を挟んで3日間はたまたま「空きの日」でした。
3日ぐらいの空きではいちいち実家に帰ったりもしない(特に直前の年末年始に帰ったばかりでしたから)のですが、なぜかその時は訳もなく急に帰りたくりました。
帰りたいというよりも何か京都から離れたい・・みたいな妙な気分だったのです。
京都駅に行っても、別に電車の時間が迫っていたわけでもないのになぜか気ぜわしくて、移動中もなんだかそわそわしていました。
何かいつもと違うなあ・・とずっと思っていました。
そして、震災の前の夜、けっこう疲れていて布団に入ったらすぐにでも寝れそうな感じなのに、なぜかずっと寝つけませんで・・。
そのまま朝が近づいてきまして、該当の震災のまさに直前、何かが地の底から湧き上がってくるような不思議な感覚が体を襲いまして、程なく地震が起きました。
名古屋は震度3ぐらいだったですから、全然大したことはなく、日本に住んでいればこれぐらいの地震は日常茶飯事みたいなもので、普段もこれぐらいの揺れではいちいちニュースを見たりもしないのですが、直感的に尋常ではないことがどこかで起きていそうな気がして、すぐさまテレビのある部屋に直行しました。
まだ詳細な状況はわからないまでも、関西の方でとんでもなく大きな地震があったことはすぐにわかりましたので、とにかく色々なことが心配ですぐに京都に戻ることにしました。
電車も関西方面へのものはほとんど止まっていましたので、かなり苦労して大回りして時間もかけて下宿にたどり着きました。
京都の街の様子もわりあい普通でしたし、下宿の外も中も被害的なことはそんなになかったので、ひと安心してテレビを何気なくつけたら、それはまあ神戸の方がとんでもないことになっていまして。
(当時はネットもなかったですから、今ほど情報は迅速に得られないのです。)

祖父母が亡くなった時も、直前に寝つけなかったり、亡くなったのとほぼ同じ時間に目覚めたり(もちろんそれは後でわかるのですが)。
どういうことが起きるかまで予測が出来るといいのですけどね・・・。

今回の東日本大震災の時も同じような感覚がありました。
その日、当初の予定では都区内のハローワークや年金事務所などへ手続に行くはずでした。
ただ、幸か不幸か一部の書類が整わず、後日に出直すことになりました。
普段の私ならば、(週末でしたし)手続できるものだけでも先に行って済ませてしまおう・・と考えてとりあえず出かけたりするわけですが、なぜかその日は都区内の方に出る気が全く起きませんでした。
午後になり、急に予定が変わって暇になっているはずなのに、なぜか時間の経過が妙に早く感じられ、ちょっと気ぜわしい。
傍らのラジオからはFM放送の音楽が流れているのですが、どういうわけかあまり耳に入ってこない。
今までの経験から、これは何かありそうだ・・と思いかけた頃、つけていたラジオから「緊急地震速報」が流れました。
これを聞くのは初めてでして、へ~え今はこんなに科学が進歩しているんだ・・と意外に冷静でして、速報の言う「来たるべき揺れ」に対して、万全の態勢で家具を押さえながら身構えておりました。
その後の状況は今さら語るまでもないですね。

というわけで、ある意味「予感」だけで、いつどこで何が起きるかまではわからないので、イマイチ精度が悪いです。
まあそれがわかったら怖いですけどね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も早め?

 | Weblog
今年もあっという間に12月、年の瀬となりました。
カレンダーもあと1枚しかありません。当たり前ですが・・・(笑)。

本当についこの前新しい年が明けたと思ったらあの大震災があって、これまでには経験したことのない様々な状況の中で月日が過ぎていったという感じです。
そうそう、気温や気候の変化もやたらと激しい1年だったような気がします。

その例にもれず、12月になったとたんのおととい、昨日とやたら寒かったです。
昨日は「みぞれ」みたいなのも降りました。
これまでつけずに頑張ってきた(何とかなった)暖房も昨日からついに解禁しました。
前にも書きましたが、私の仕事部屋は北向きなので夏には涼しいのです。逆にいうと冬にはすごく寒いわけで・・・。
引っ越してきたのが今年の夏だったので、最初に迎える冬への心の準備がなされていなかった感じです。

さて、今年こそ(も)年末年始に向けての色々な準備を早め早めにしたいと思っています。
年賀状は昨年もけっこう早めに作成等しましたが、今年はさらに早くできるものはできるうちに・・と思う今日この頃です。

みなさんも多かれ少なかれそうだと思いますが、これからの時期、忘年会やら何やらでお酒を飲んだりする機会も増えると思いますし、飲み過ぎ・食べすぎには気をつけたいものです。
日頃からのせっかくの節制(?)が一気にムダにならないように気をつけねばと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加