大橋社労士の気まま日記

仕事上のエピソードや日常の出来事、日頃興味を持ったことなどを随時ご紹介していきます。

社会保険の「算定基礎届」って何だろう?

 | Weblog
今日は月に一度の「ためになる話」シリーズです。


毎年この時期になりますと、社会保険の「算定基礎届」という言葉を耳にします。
では、そもそもこの「算定基礎届」っていったいどういうものなんでしょうか? 今回はここを解き明かしたいと思います。

◎社会保険料の“総決算”
前号で「労働保険の年度更新」のお話をいたしましたが、今度は通称「社会保険」と呼ばれている『健康保険・介護保険・厚生年金保険』についてのお話です。

こちら社会保険の保険料はどのように決めるのか簡単に申しますと、4月~6月の間に払われたお給料(税引き前)の平均値を個人ごとに出し、それを「保険料額表」(下記参照)にあてはめて算出します。
その“平均額を出した結果を報告するがために社会保険事務所に提出する書類”のことを「算定基礎届」と呼んでいます。

この書類を提出することにより、その年の9月から翌年の8月までの1年間の個人ごとの社会保険料が決まるのです。
なお、このお給料の平均額を出す際には、原則として賞与の額やお祝い金、出張旅費などの一時的な所得は含まれませんが、通勤費は含めて計算をします。

【「保険料額表」から一部抜粋】 ※下記金額と同じ額を会社が負担
給料の額(以上~未満) 健康保険料  介護保険料  厚生年金保険料
290,000円~310,000円   12,300円   1,785円     23,025円
310,000円~330,000円   13,120円   1,904円     24,560円

※例えば、43歳の方の4月~6月の給料の平均額が「323,556円」だった場合は、この年の9月~翌年8月までの保険料は(上記の表に当てはめて)「健康保険料:13,120円、介護保険料:1,904円、厚生年金保険料:24,560円」となります。


◎「月額変更届」とは?
同じ時期によく聞く名称として「月額変更届」というものがあります。書式も記入する内容も「算定基礎届」と非常によく似ています。

こちらは、“昇給や降給などで大幅に給料の額が変動した時に”出すものです。つまり、固定給の変動があった際には不公平が出ないように算定基礎届の時期でなくてもそのつど届け出て保険料の変更を行うのです。
(上記の表で2等級にわたって上下した時だけとなります。)

これを提出しますと、給料の変動があった月から数えて4ヶ月目の保険料から変更になります。
【ex.※8月に昇給があった場合⇒「8~10月の平均をとって、11月分から保険料が変更」】

実際に注意を要するのは、あくまでも基本給や毎月定額で払う手当などの“固定給”が変動した場合だけで、残業手当などが一時的にかさんで給料が増えた場合には提出の必要はありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株主総会

 | Weblog
先日、JR東日本の株主総会に出席しました。
自身通算二度目の株主総会でしたが、昨年の日産自動車の株主総会(←詳細は昨年の6月26日の項を参照)とは全く雰囲気が違っていたのでビックリしました。

会場のホテル周辺はもちろん、最寄り駅の辺りから労働組合と思われる方々が抗議活動やビラ配りをしていまして、警備もやや物々しくそこかしこに立っている社員の方々の数も尋常じゃありません。

これは荒れた会になるな・・とイヤな予感がしましたが、案の定総会が始まるやいなやヤジや怒号の多いこと。

確かに信濃川からの違法取水や羽越線の列車事故をはじめとして色々と問題の多い会社ではありますが、ある一部の側面だけを取り上げてごちゃごちゃ言うのはどうかと思いました。

中には「意見」や「提案」とはかけ離れた文句や嫌味ばかりを発言する人や自己チューとしか思えないことを捲し立てる人もおり、見ていていい感じはしませんでした。
また、最低限のマナーやルールも守れない人も中にはいて、そういうことをしていたらますます提案のたぐいは通りにくくなるのにな・・と思いました。

確かに会社内に様々な問題があり、諸々の責任の取り方や対応の仕方にも疑義な所は多いですが、議事の進行を妨げるくらいの常識を逸脱した振る舞いはちょっといかがなものかと思います。
あれでは役員の方々もかわいそう・・・。

文句言ってる株主の人たちもみな日頃JRの利用者でしょうし、駅や売店も利用しつつ様々な形でお世話になっている。そしてなおかつ、等しく配当も頂いてそれなりの利益を享受しているわけですから、まずは感謝の心を持つことも大事ではと思いました。

ただ、そのように“荒れてしまう”ということは、社内に色々な問題が渦巻いていて組織的なゴタゴタがあるというのも事実でしょう。
経営者の方々はただ単に「うるさいこと」と片付けず、今一度原点に立ち返って職場風土の点検や見直しなどをしてもらいたいものです。
(と、社労士的な意見・・・。)

いずれにしても、会社組織の在り方とか労使双方のイニシアチブの取り方とか、色々なことを“生で”学べた貴重な体験でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議な力?

 | Weblog
先日、仕事上の“つて”から不思議な魅力を持った人とお会いしました。

パッと見は「普通の人」なんですが、一緒にいて話をしているとだんだん心が癒されるというか、モヤモヤも吹っ切れて何だか元気が出てくるのです。

その人も分野は違えど「独立開業」をされていて、またその開業に至った経緯が私と実に似通っているので、そもそも親近感が持てるのかもしれません。

この前話をしたのはわずか1時間程度でしたが、帰る頃には実にスッキリとした気分になっていました。
実はここ最近ちょっと疲れ気味で、何となく体がだるくてスッキリしない状態が続いていたのですが、おかげで体調も良くなったような気がしています。

その方はエステサロンを経営されているので、このような人間性を持たれていることはまさに“適性がある”のだと思いますし、きっと成功されると思います。

東京都内という土地柄、なかなか大変なことも多いかと思いますが、ぜひご自身の特徴を活かしてご活躍されることを祈念しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪出張

 | Weblog
今日は仕事で大阪に行っていました。

およそ1年ぶりに行きましたが、前と変わらない所、逆に1年のうちに変わってしまった所など色々ありました。

いつもとは違う風景・習慣・言葉の街。何よりもそれが新鮮です。
また、過去に京都で4年、大阪で5年過ごした経験がありますので、妙な懐かしさも加わり不思議な感じでした。

しかし、“ブランク”は怖いですね。
地理的な部分は全然平気で、少しも道に迷わず電車の乗り継ぎもバッチリだったのに、エスカレーターの立つ位置(大阪は右側)をすっかり失念し、もう少しで“人の流れ”を壊すところでした。
関西弁にも微妙にアジャストせず、ようやく帰り間際になってイントネーションが関西風になり、帰京した時には自分の言葉遣いがおかしな調子になっていました(笑)。

同じ日本なのに文化や慣習が微妙に違うのは本当に面白いです。
特に大阪方面に行くたびにそれを強く感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日

 | Weblog
実は今日は私の誕生日なのです。
それだけなんですけど(笑)。

もう36歳になってしまいました。
これぐらいになると特別な情感もあまりなく、特に今日はフツーに仕事だし・・・。
みなさん、歳はとりたくないですねえ(笑)。

でも、せっかくの記念日なので、一日気分良く過ごしたいと思います。

あっ、プレゼントのある方はどうぞご遠慮なく(笑)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

賞品の分配

 | Weblog
先日の新聞にこんな内容の記事が出ていました。

『イギリスの子供たちにあるゲームをしてもらい、その結果1位になった人にたっぷりのご褒美(賞品)をあげた所・・・、
1位の人がとても喜んだのは言うまでもなく、1位になれなかった他の人もその人に惜しみない称賛の拍手を送ったそうです。

これと同じことを日本でしてみた所・・・、
「1位の人が賞品を独占するのは不公平だ!」と大ブーイングが起きたそうです。
そこで、順位に合わせて賞品を配り、下位のほうの人には「参加賞」と称し結局全員に何か行き渡ることにしたら子供たちはみな大満足。』

「勝者が富を独占するのはよくないことで、公平に皆で分かち合うことをよしとする」という日本の文化的価値観がしっかりと子供の頃から根付いていると感じられるエピソードではないかな・・と思いました。
そして同時に、欧米との価値観の違いがはっきりと出ていると思います。

確かに大儲けをしてお金をがっぽり持っている人は、どこか妬まれる風潮がなきにしもあらず。
そして、「お金持ちになったら所得の一部は貧しい人に還元しましょう」的な発想もありますよね。

昨今のリストラや派遣切りなどにまつわる問題も、ちょっと振り返ればライブドアさんに関わる一連の問題も、この日本文化の伝統的価値観が“元”となっている気がします。
もちろん、それらの問題の善し悪しは別として。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加