小椋悟メディア情報まとめ

映画プロデューサー小椋悟さんのメディア掲載情報などをまとめていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小西真奈美、“役づくりできない”と、橋本以蔵監督と小椋悟プロデューサーを叱る

2016-12-13 17:27:29 | 日記
2014年9月10日 シネマトゥデイ(http://www.cinematoday.jp/)掲載記事より一部編集

窪塚洋介と小西真奈美が共演した医療サスペンス映画『風邪(ふうじゃ)』の完成披露試写会が、10日、東京・シネマート六本木で行われ、監督・脚本を手掛けた橋本以蔵と小椋悟プロデューサーが撮影時のエピソードを語り、窪塚や小西ら俳優陣の役づくりへの並々ならぬ情熱を称賛した。

『下妻物語(2004年)』(中島哲也監督)、『蟲師(2007年))』(大友克洋監督)などインディペンデント映画の話題作を数多く手掛けてきた小椋プロデューサーは「今作は、窪塚くんの配役が最後に決まったとき、いけると感じましたね。彼の演技は以前から気になっていて、少年っぽい純粋な役をやると、はかない、いい表情をするんです」と新作への手応えを明かす。

これまで『陽炎II』でメガホンを取ったほか、映画『AKIRA』などで脚本を務めてきた橋本監督は「小椋さんから最初にいただいたのは『風邪(ふうじゃ)』のタイトルと『ウイルス』『リンチ』というキーワードだけ。そこから脚本をまとめたんですが、つい手直しをしたくなり、撮影当日に変更の脚本をお渡しすると『芝居のプランが立てられません』って小西さんに怒られ(笑)、わたしは『ごめん、ごめん』と謝るんです」と撮影を振り返り、「窪塚くんも『映画全体は、監督がわかっていると思うけど、このシーンのこの役は、俺よりわかっているやつはいない』といって、こちらが望む以上のものを返してくれる。役者さんたちの入り込み方が、とても真剣でうれしかったですね」と続けた。

「柄本(明)さんの演技も、名優という言葉で表現するのがいいんじゃないかと思いました」という小椋プロデューサー。「撮影現場はピリピリした雰囲気だった。もちろん和気あいあいで和やかな時間もあったけど、緊張した現場っていいもんだなと思いました」と実力派俳優たちの共演をたたえていた。

本作は、地球上に約200種類存在するといわれる風邪ウイルスを駆逐する奇跡の特効薬の開発をめぐって、ある天才科学者と、彼に嫉妬する狂気の医師や利権を狙う秘密組織、謎の女スパイらによる激しい攻防が展開していくウイルスハザード・サスペンス。窪塚洋介が天才科学者、小西真奈美が女スパイを演じ、柄本明や秋吉久美子ら実力派が脇を固める。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第四回:プロデューサーは大... | トップ | 小椋悟氏、「日刊スゴい人」... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。