牧師室

ようこそ! 写真付でいろいろな記事を掲載しています。
カテゴリーで選択してご覧になることもできます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トルコの旅は聖書の世界への入口

2007-09-17 11:19:34 | 新しいお知らせ
今、トルコの旅が注目を浴びていますね。
国内で「トプカピ宮殿の至宝展」が開催されたこともあってか、
トルコの旅が好評とのことです。
今朝の各新聞にも全面広告で「トルコの旅」が掲載されていました。
トルコの旅はエキゾチックで、海外旅行としてはとにかく破格の安さ、
しかもトルコの人々はもてなし上手です。
私が現地で車を走らせていますと、次々と行き交う大型観光バスには
日本からの旅行者でいっぱいです。
トルコを訪れるリピーターも多く、日本人の肌合いに合うようです。

トルコは日本の国土の二倍、人口は日本の半分、食事も日本人に合い
まず不自由することはありません。
一般の観光コースではイスタンブール市内見学、映画で知られるトロイ、
月面に下り立つような大自然の神秘カッパドキア、
温泉地パムッカレ、エーゲ海に面した広大な遺跡エフェソス見学
(写真)が見どころでしょうね。

私は度々トルコを訪れたり、聖書の旅を企画主催したのでしたが、
せっかく行くのでしたら8日間位の日程ではなく14日間位の日程を
お薦めします。
トルコ8日間の旅で15万円という広告を見ましたが、14日間の旅でも
同料金のトルコの旅を見付けることは可能です。
(もちろんホテルのグレードは異なりますが・・・)
実は現地諸費用は驚くほど安い値付けの見積もりで入手できるのです。

ところでトルコの旅は、聖書を読むもの、クリスチャンにとっては、
パウロの足跡をたどる旅であり、使徒の働き(使徒言行録)の世界、
黙示録七つの教会を訪ねる旅を実現することでもあります。
それだけに、一般のトルコの旅、観光ツアーでは少々物足りなさを覚えます。
パウロの生地タルソから始めて、パウロ伝道の足跡をたどり、
黙示録七つの教会へ至るコースがあれば、それはもう満点と言えますが
果たして見つけることができるでしょうか・・・。

一般の8日間コースの旅でも「トルコの旅」は、それはまた聖書の世界への
入口である旅でもあります。
もしご都合つけばあなたもご参加になっては如何でしょう。
そして多分、トルコに魅了されリピーターになられることでしょう。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏が大好き・・・ | トップ | クリスマスのイルミネーション »
最近の画像もっと見る

あわせて読む