心のケアルーム ウィル

「心理カウンセリング・ウィル」
http://www14.plala.or.jp/yorii-will/

男の子はなぜ乱暴なのか №254

2017-06-18 09:33:51 | 日記
 男の子を育てたことのある多くの母親が一度は感じるのが「なぜ、男の子はこんなに乱暴で、落ち着きがなく、言うことを聞いてくれないのだろうか。自分の子育てが間違っているのか、それとも自分の子はどこかおかしいのではないか。」という疑問だそうです。そんな疑問に応えるのが、PHP研究所から出版されている「男脳がつくるオトコの行動54の秘密」という本です。著者はカリフォルニア大学のローアン・ブリゼンディーン教授で、女性の精神神経医学者です。彼女の研究は、自身が男の子を育てながら感じたことがはじまりのようです。
 研究によると、男の子は生後7ヶ月になる頃には、母親の怒りや恐れの表情を読み取れるようですが、生後12ヶ月になると、母親のそうした表情に「免疫」ができてしまいあっさり無視するようになるという。女の子の場合は逆に母親の怒りに敏感になるということです。実験によると、玩具にさわってはいけないと父親が叱っても、女の子の倍の警告が必要だということです。生後2歳7ヶ月頃になる頃には、親に隠れて禁断のものを追いかけたり、手に入れたりすることを平気でするようになる。玩具の取り合いや取っ組み合いのけんかの回数は、女の子の6倍になるということです。
 なぜ、男の子は競争的な遊びを好み、女の子は協調的な遊びを好むのか。それはホルモンの関係であるということです。テステステロン(支配欲と攻撃性が強く、力強い。これと決めた目標に向かって邁進し、他の男を出し抜こうとする)やMISホルモン(屈強で探索的な行動の回路を形成し、女性的な行動回路を抑制する)が男の子に、動きのある玩具や競技スポーツ、戦争ごっこに誘うという。
 では、いつになったら男脳といわれるホルモンをコントロールすることができるようになるのでしょうか。男性ホルモンの抑制システムが完全に成熟するのは20代前半であるということです。16歳から24歳までの交通事故発生件数が群を抜いて多く、自動車保険の保険料が高くなっているのは理にかなっているといえます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引きこもりになりやすいタイ... | トップ | 根拠のない自信はどこからく... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL