旅と歴史

全国各地の史跡を取り上げて紹介しています。

清涼寺

2016年11月26日 | 旅 歴史
 滋賀県彦根市古沢町に清涼寺があります。
 祥寿山清涼寺は彦根市の北東、佐和山の麓にある曹洞宗のお寺です。嘉永年間(1624-1633)に彦根藩2代藩主井伊直孝が父である井伊直政の墓所として、旧領であった上野国の叢林寺から愚明正察(ぐみょうしょうさつ)禅師を招いて開山したのが始まりと伝えられています。
 以来、歴代彦根藩主井伊家の菩提寺となり、崇敬庇護され繁栄しました。裏山の高台には旧藩主の宝篋印塔が6基並んでいます。諸国から高僧が招かれ住職を務め、厳しい修業道場として有名だったそうです。最盛期には200人の衆徒が蒔水の修行をしていたと伝えられています。
 佐和山城は関が原の合戦で敗れた石田三成の居城でした。境内は、三成の重臣・嶋左近の屋敷があったところです。本堂左のタブの木は嶋左近手植えのものと伝えられています。清涼寺の七不思議といわれる伝説があり、それらすべてが佐和山落城に関連するものばかりだそうです。

下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠城謙道石碑 | トップ | 清涼寺本殿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅 歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。