旅と歴史

全国各地の史跡を取り上げて紹介しています。

大村邸跡長屋門

2017年07月18日 | 旅 歴史
 京都府宮津市字柳縄手に大村邸跡の長屋門があります。
 宮津市の柳縄手付近は慶長までは柳町といわれ藩政時代の武家屋敷があったところだそうです。大村邸はもと藩医小谷仙庵が住んだという邸宅です。
 仙庵の次男謙次郎は明治13年(1880)に帰郷開業して立憲政党に加盟したそうです。その後旧藩士大村政智が住んだようです。昭和61年(1986)100年間維持されてきた邸宅が焼失しましたがこの長屋門だけが免れたということです。


下記のサイトにもお立ち寄りください!
http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/


日本一周 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


http://blog.fc2.com/
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カトリック宮津教会 | トップ | 田辺城跡(舞鶴公園) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。