若女将の修行日記

『写真館の若女将・成長記録』のはずが、いつのまにか『若女将のおとぼけな毎日』になっていました。

「Sinigin' in the Rain 雨に唄えば」に行ってきました!

2017-04-28 13:02:12 | 音楽(足利市民合唱団)
写真屋さん春の陣を無事乗り越えて、昨日は若女将の遠足でした(いつも一人で遊んでばっかりいて二代目に申し訳ないけど……)。
 
「ヒカリエでお洒落ランチして~♪ ミュージカル観て~♪ スイーツ食べて~♪ ショッピングして~♪」
 
と夢見ていましたが、ランチはどこも大行列、ヒカリエの隅っこの珈琲スタンドで何とかソフトクリームにありつき(←これがランチ)、ショッピングは人混みに疲れて5分でリタイヤの体たらくでした。私、よく10年間も東京でなんとか生きてたなぁー(笑)。
 
「雨に唄えば」は、原作が大好きなだけに不安でいっぱいだったけど(大抵ガッカリさせられるから)、最っ高でした!客席でじっとしていることや、帰りの電車で鼻歌を我慢するのが本当につらいレベルのHappyな舞台でした~♪ 往年の作品ファンをガッカリさせない守りの演出であるのに加えて、いい感じに新しいエッセンスも加えてあって、本当に楽しくてあっという間でした。アダム・クーパーと12トンの本物の雨が舞台に降ることの2点が大きな宣伝要素として入ってきていたけど(実際、私もそれを楽しみにして行ったけど)、他のキャストが全て素晴らしかったし、雨は「あぁ、本当にそうやって単純に降らせちゃうんすね」って静かに納得した感じでした。映画のサントラCDは持っているけど、DVDも買っちゃおうかなー。やっぱりすごく楽しい作品なんだなって改めて思いました。
 
あー。楽しかった!GWはお休みなしみたいだけど、これで頑張れる!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムーンライトと受難曲

2017-04-16 02:57:32 | 音楽(足利市民合唱団)

普段だったらまず観ないであろう重い社会派の映画「ムーンライト」と、合唱団の練習曜日だからと何となく毎年諦めていた聖金曜日のバッハ・コレギウム・ジャパンの「マタイ受難曲」に、行ってきました。同じ日の昼間と夜に。そんな重たいリレーは、体力的にも精神的にも負担が結構大きいので普段だったらしませんが、この時期、スケジュールがきついので止むを得ませんでした。「マタイ受難曲」はずっと行きたいと思っていたのだけど、そこまでしてどうして今回この映画に行こうとしたのか自分でも不思議。でもまぁ、「絶対観ないな」と思っていた気持ちが予告編を観た時に「観よう」と変化したので、「仕方ない観るか」といった感じでした。

 

結論から言うと、この2つを同じ日に受け取って良かったなぁ、と思っています。お互いが何か響き合って、自然と入ってきたようなそんな感覚でした。脈々と横たわる主人公の悲しみや繰り返される許し、裏切る側のつらい気持ち、群衆のひとりとして恐ろしい思想や行動に身をゆだねてしまうことの重たい責任、そしてそんな悲劇でしかない場所にも必ずある希望のようなものの存在……そんななんやかんやがとても近い感覚で。お腹いっぱい食べたけど、胃もたれはしない。そんな気持ちの良さで、飛び乗った最終列車でゴトゴトと帰ってきました。

 

お。思ったよりコトバ化できた。でも、私の中に残ったのはもっともっと大きな、不思議なくらいの充足感。前を向こう、ちゃんと食べて、立って、歩こう、よりカッコつけて言っちゃえば、生きようっていうほどの。

 

とても良い遠足させてもらいました。さて、と。働こう。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画っていいですねぇ~

2017-03-15 10:48:21 | 映画と本

朝7時半と8時という早朝のご予約撮影をいただいていた水曜日。『定休日なのに早起き』という貴重な一日になったので、「ラ・ラ・ランド」行くぞー♪と張り切っていたのですが、どうも体調が万全ではなく、明日から暫く忙しいので『ここは体力温存』という大人の決断(えーんえーん)。

 

今年に入って観た3本の映画をブログに書いていなかったので、忘備録的にまとめ書き。完全に自分のために書いてます。いいよね、ブログってそーゆーもんですよね(一応、写真館のホームページからリンク貼ってるからまずいのかもしれないけど、きっと友達しか読んでないよな、うんうん)。

 

『ローグ・ワン』(STAR WARSシリーズ番外編)

全く期待せず、「お願いだから、大ガッカリだけは避けてくれ~。スターウォーズを語られたら観ない訳にもいかんのだ~。」位の期待値で行ったのに、まさかのヒット。とても楽しかったです♪ 主人公も良かったけど(またしても女性とは驚き)、サブキャラ達がさすがスターウォーズシリーズって感じにいちいちイイ感じに魅力的で、ファン垂涎の「おぉぉ」なシーンも散りばめられているし、あとから、エピソードとエピソードの間のお話を付け加えて作った経緯を考えると、もうこれは「傑作!」と呼んでもいいか、と。

ただなぁ……しょーがないけど、そりゃそーなんだろうけど、ラストがなぁ。そうかー、そうなるのかーっていう、うーん、まぁそうだよねぇ、でも……(以下、ネタばれになるので省略)。

 

『ミス・シェパードをお手本に』@シネスイッチ銀座

イギリスで本当にあったお話。ホームレスの老婦人が、ある家のガレージに車を停めさせてもらった挙句居付いてしまい、迷惑がられながらもだんだんその家の主と近所の人たちと不思議な関係を築いていくお話。正直、もっとハートフル感動系かなと想像してたけど、意外と淡々と出来事がつづられ、実話でその主はご存命にも関わらず、割と彼の心の葛藤(同性愛者であることや母親との難しい関係など)を中心に描かれる心理劇でした。ほんわかした気持ちになろうとして映画館に向かった日だったので、ちょっと観劇後は「うーーん……」と思ったけど、お話としては良かったし、最後の最後に超チョイ役でご本人が登場した感じがお洒落で好きだったかな。

公式サイト:http://www.missshepard.net/

 

『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』@シネパレス渋谷

アラフォー&アラフィフの女性各位。あのイーサン・ホークが駄目で可愛い中年男子役で登場ですよ❤ 必見!以上!

……で、もうOKって感じだけど(笑)、思いがけず第3の主人公のジュリアン・ムーアが良かったです。第1の主人公の女の子は知らなかったなぁ。これから出てくるお嬢さんなのかな?ジュリアン・ムーア、歳重ねてどんどん素敵になるなぁって惚れ惚れ見てたら、真似したくなってきて、現在髪の毛伸ばし中(←単純)。

それにしてもイーサン・ホーク、何歳なんだろう。相変わらずカッコよかったなぁ……。学生~20代にかけて「一番好きな映画は?」と尋ねられたら必ず「いまを生きる」(Dead Poet Society)と答えていたくらい大好きだった影響もあると思うけど、なんかイーサン見るときゅーってなる(笑)。『リアリティ・バイツ』とかも、ねぇ~~❤(って女友達ときゃーきゃー言いたい)。

公式サイト:http://maggiesplan.jp/

 

だーー。映画観たくなってきた。この春はメジャーどころも豊作の予感だし(『ラ・ラ・ランド』、『彼らが本気で編むときは』、『モアナと伝説の海』)、単館系も出来れば行きたいのあるし(『人生フルーツ』、『しゃぼん玉』……珍しく両方とも邦画)、春休みに向けて、早く体調取り戻さなくっちゃ!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高橋先生

2017-03-05 00:21:49 | 忘備録

コドモの頃からずっと教会学校でお世話になってきた高橋先生が亡くなりました。この辺りの2,30年前のコドモたちにとっては「みどり文具のおじさん」と呼んだ方が馴染みがあるかもしれません。私のこのブログの愛読者?で、毎年、年賀状には『画面の上の写真はそろそろ取り替えないのですか?』や、『最近あまり更新されませんね。残念です。』などと“コメント”を寄せてくれていました。今年の年賀状には、私がブログに感想文を書いた本を『今度読んでみようかと思っています。』とありました。

 

5年前、自他ともに認める最愛の奥様であった洋子おばちゃんに先立たれ、とても寂しい想いをされていたと思います。今回、亡くなる前に高橋先生が書き残した文章が前夜式で紹介されましたが、「洋子さん、結婚してくれてありがとう。これからはずーっとずーっと一緒にいられますね。」と結んでありました。洋子おばちゃんのときは本当につらい、痛みを伴うほどの悲しみに満ちた想いでしたが、今回は不思議な、少し語弊があるかもしれないけどほっとしたような気持ちになりました。とても自然に、おばちゃんのもとへ行ったんだな、と信じることができたからかな。

 

洋子おばちゃんが亡くなったあと、「自分が死んだ後に、捨てられてしまうと悲しいので、すべてお返しします。」と、今まで私が色々な局面で送ってきたお手紙をすべて送り返してきた高橋先生。今回、昔の私が書いたその手紙たちを御棺に入れて頂こうかと持参したのですが、自治医科大学に献体する遺志が残されていたとのことで、それは叶いませんでした。身体に障害を持っていらっしゃったので、未来の医学や研究のために、その献体の意味はきっととても大きいのでしょう。最期にかっこいいとこ見せつけられてしまったなぁー。

 

日曜日の告別式はさすがにちょっと泣いちゃうと思うけど、それでも大きな声でしっかり讃美歌を歌ってこようと思います。お迎えにきているであろう洋子おばちゃんは私が歌うことをいつもとても喜んでくれる人だったしね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッハ・コレギウム・ジャパン<ミサ・ソレムニス>に行ってきました

2017-02-05 09:56:23 | 音楽(足利市民合唱団)

「今まで成功した写真はせいぜい300枚。1枚が1/100秒だとすると、50年でたったの3秒」……というカッコいいことを言っているのは有名なカメラマンのロバート・ドアノーさんですが、私も最近似たようなことを思っていました。「生きてる内にあと何回コンサートへ行かれるんだろう。次に生まれ変わったとき人間だったとしても音楽に全く興味のない人生になるかもしれない。行かれる機会は大事にしていかなくちゃ!」……あれ?違う?(笑)

 

バッハ・コレギウム・ジャパンのベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」演奏会に行ってきました。えぇ、えぇ、またしても仕事邁進中の二代目を置いて、若女将ひとりの遠足です(ごめんなさい)。

 

ベートーヴェンでミサ曲ってイメージがなかったし、金曜日は合唱団の練習日だし、候補に入っていなかったコンサートだったのですが、出演者のおひとりから「第九歌ってるなら、おすすめなんだけどなぁ……」と耳元で囁かれ(「表現はイメージです。」)、丁度その誘惑タイミングが楽しみにしていたコンサートを仕事で諦めた直後だったので、気付いたときには手が勝手にポチリとしていました。便利な世の中、よほど自分の手をしっかり躾しておかないと、本当に油断も隙もあったものではありません。

 

いくらベートーヴェンさんだからといったってやっぱり「ミサ曲」。きっとどんより悲しい気持ちで帰路につくことになるだろうと覚悟をきめ、うちのめされる気満々で会場に向かいました(バランスをとるために、昼間観る映画も相当軽いであろうラブ・コメを選択しておくという完璧な自己管理つき)。まさか、あんなにあたたかい気持ちで、目の前の席が空いたのに座るのも忘れてぼんやりして帰りの電車に揺られることになるとは思っていませんでした。私は音楽会のあとって、割とひとりでぎゅーっと感動みたいなものを抱え込む性格だと自己分析しているのですが、今回のコンサートは終演後に誰かと「ねー。良かったよねー♪」と語りたい気持ちがむくむくしていて、ロビーで友人の顔を必死で探したほどでした。見付けられなかったけど。

 

ベートーヴェンさんも枝葉の先っちょのような音楽ファンにさえこんな想いを届けてくるなんて、やっぱりすごい人なんだなぁと思い知らされましたが、それよりもなによりも、舞台の上の演奏者の方々の熱い様子がひしひしと伝わってきて。日本で滅多に演奏されない曲らしいので、その誇りや想いが音と一緒に客席にも流れ込んできたのかもしれません。うーん、流れ込んできたっていうより、でーーーっかい布で客席ごとぶわぁぁぁと包み込んじゃったってイメージが近いかな。コトバで表現するとどうにも陳腐になるけれど、そんな感じ。私は割と熱演に弱めで、クールに淡々と歌っているようなのに「なんだかぐっときた」的な舞台が好きだと思っていたのですが(アマチュアは別)、今回に至っては気持ちをガッツリ入れ込んでいらっしゃる現場に立ち会える歓びがこみあげてきて、ありがたいなぁ、音楽が好きな人生を与えてもらえてありがたいなぁと震えました。指揮者の手がざっ!と天にむかって止められた時に、客席も一緒に息を飲むあの快感、嗚呼。

 

理解のある家族と、お仕事を頂けるお客様、健康な身体、さまざまな幸運があってこそのこの時間。なんだかいろいろなことに感謝でいっぱいになった帰り道でした。耳元での怪しい誘惑や、暴走気味な自分のポチリぐせのある手にも、心から「ありがとう!」。そしてもし次の人生が音楽好きじゃないならば、バスケットボールを顔で受けたりテニスラケットを指で受けたりしないリレー選手に選ばれるような人生も……ちょっと興味あります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

座右の銘

2017-01-31 18:30:58 | 日々雑多

マツモト写真のカメラマンである二代目が顔に似合わず(?!)かわいいブログを描いています。

今日の彼のブログを読んだら、急に「うっ」となって、泣きそうになりました。私なりに不安や心配を感じているのでしょうか。

 

20代の頃から、付かず離れず私の中にある言葉は、ロバート・ケネディ(有名なケネディ大統領の弟)さんの、『幻想をかなぐり捨てた理想主義者であれ』。

その言葉をこんなに毎日頭の中に思い浮かべたことも今までなかったな、と思いつつ、ちょっと暗い目をして新聞読んでます。

アメリカはどうなっていく……んだろうね。

 

<二代目の修行日記> 「日本語的提案」

http://ameblo.jp/d-76/entry-12243294633.html

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

一生覚えているであろう夜2『ヴォクスマーナ伊佐治直アンコールピース全曲集』

2017-01-14 12:27:18 | 音楽(足利市民合唱団)

(最初にお断りしておきます、今回ものすごく長い上に、ものすごく個人的な想いの吐露となっております。予めご了承ください……)

 

「何年も前から実現したらいいなぁ」と願っていたコンサート、『ヴォクスマーナ・伊佐治直アンコールピース全曲集』に行ってきました。

 

『ヴォクスマーナ』というのは、私が一種の追っかけと化している声のアンサンブル集団で、プロの声楽家の方々が一人一パートを担当し、「どうなっちゃってるんだ、これは」な現代音楽を驚異の精密度で歌う人々です。最初にこの方々のコンサートに行ったとき(正確に言うとこの人たちの派生団体『マドリガールズ』という女子のみのコンサートだったのですが)、驚きのあまりショック状態で終演後椅子から立ち上がれなくなったほどでした。まぁ、長距離バスの時刻が迫っていたので、その後ダッシュしたけど。

 

1年に2回行われる定期演奏会では、いつも新曲委嘱作品が演奏されるという意欲的な団体で、「まさに今ここで曲が生まれた」という貴重な場面に立ち会うことができます。その舞台上は勿論のこと、その客席も他のコンサートでは感じたことのない独特の緊張感が漂っており、1曲終わると、長いこと止めていた呼吸を「ぷはぁ」と再開するような感覚です。これがクセになるんです。現代音楽はちょっと苦手……ってずっと思って生きてきたけど、ヴォクスマーナとの出会いにより、「自分で勝手に蓋をしていた素晴らしいものが、まだまだこの世にはいっぱいあるんだなぁー」という歓びに襲われ、現代美術も見に行くようになり、ポップスさえも聴くようになり、どんどん世界が拡がっていったキッカケだったように思います。

 

そのヴォクスマーナが2008年からずっとアンコールで歌ってきた、伊佐治直さんの新曲たちを集めたコンサートを遂に開いてくれました。2010年くらいから私はずっとずっとこのコンサートがいつか開かれるに違いないと信じて待っていて、今回も最初は10月に予定されていたのに1月に延期になり、イイ感じの焦らされ加減で、とっても楽しみにしていました(なのに、前回ブログの失敗をしでかして、もう電車の中で半べそだった訳です……)。

 

最近は週末の開催が多く、定期演奏会に行かれないことも増えてしまったので全部聴いたことがある訳ではなかったのですが、まさにヴォクスマーナの歴史をたどっているような時間でした。今はいらっしゃらないメンバーのお顔やお声なども浮かんできて、1ファンにすぎない私ですら妙に感傷的になっちゃって、関係者の方々にとっては本当に大切な夜だったのではないかな、と想像しています。

 

以前は賛助会員にもなっていたのでチケットと、コンサートの録音CDを頂いていました。特に伊佐治作品のファンになった私は勝手に『伊佐治まつり』と名付けたCDを自作し、いつも車の中で聴いていました。2010年頃というと、写真館の仕事には慣れず、将来が見えなくて右往左往していた時期で、打ち合わせに向かうのが嫌でお腹が痛くなったり、その帰り道にどうしようもなく暗澹とした気持ちに襲われたりしていたものでした。そんなとき、ラジオから流れる賑やかな音楽はあまりにも攻撃的で私には耐えきれず、かといって無音の中で運転していると色々なことを考え過ぎて運転が危ない。よって、私はこの「伊佐治まつりCD」ばかりを聴いていたのでした。

 

ある打ち合わせの帰り道、赤信号で停まっていて、別に特に厳しいことを言われた訳でもないのにやけに追い詰められたような、切迫した気持ちに襲われてしまったことがありました。「なんだ?これは?」と自分で戸惑っていたところに、このCDから『なんたるナンセンス』という曲が流れてきたら、私がいきなりボロボロ泣きだしたのです。ヒトゴトみたいに言うのも変だけど、本当にもう一人の自分が「お?泣いてる?なんで?」みたいな感じだったのをよく覚えていて。でも泣くと、妙にすっきりすること、あるじゃないですか。浄化って表現すれば丁度いいのかな。その赤信号では幸いにも後続車が居なかったので(どんだけ田舎)、その曲の間、とりあえず此処で泣いとこうと思って、青空を眺めながらもう一度最初からゆっくり1曲堪能し、さっぱり明るい気持ちで帰路についたのでした。

 

それ以来、私にとって大切な作品となった曲。今回、再び生で聴かせて頂けて、本当に嬉しかったです。私、「宝くじで10億当たったら」や、「死ぬ間際にひとつだけ願いが叶うなら」って問いのとき、よく思ってたんです、『なんたるナンセンス』をヴォクスマーナさんに私だけのために生で歌ってもらう、にしようって(笑)。とりあえず私だけのためじゃなかったけど願いが叶っちゃったので、次の目標を探しておかなくっちゃ。さて、10億当たったら、何に使おうか……。

 

ヴォクスマーナに出会えて、本当に良かったなぁーと改めて思った夜でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一生覚えているであろう夜1

2017-01-13 10:04:24 | 音楽(足利市民合唱団)
何年も前から「実現しますように。いつか、いつかそのコンサートが開かれますように。」と願い続けていたコンサートが昨日あって、『無事』行くことができました。
 
まさに、『無事』。
 
仕事が入らなかったから……。勿論、それもありますが。
 
方向音痴な人生を受け入れている私は、1時間前にコンサート会場の最寄駅に到着。仕事を終えてから駆けつける友人たちはまだ来ないだろうし、とひとりで駅前のコージーコーナーへ。600円のナポレオンパイと300円のチョコレートケーキに一瞬迷って、チョコレートケーキ&アイス珈琲に着陸。Facebookに「チョコレートケーキ中♪」と書き込んだり、出演者の方へのファンレターを書いたり、合流予定の友人たちとメッセージのやり取りををしたり。
 
「電車混んでるでしょー?」というわたしに、友人A:「千代田線はそんなでもなかったよ」……ふーーん、千代田線?「次の有楽町線も座れた!」……えーっと、有楽町線?!
 
(このときは実はまだ冗談のつもりで)「ん?東陽町でいいんだよね?」と尋ねた、まだ呑気なわたし。
 
友人B:「豊洲」……「どこにいる?」
 
友人A:「え?どこ?」
 
……ここで初めて、チケット及び自分でプリントアウトしてきた会場(だと信じ込んでいた別の場所)のマップを見て、事態に気付いた私は軽くパニック。「ぎゃー!」とコージーコーナーで立ち上がり、驚いた店員さんに、「ここは豊洲から遠いですか?」といきなり尋ね、「私、いま豊洲に居なくちゃいけなかったんです!間違えてしまったんです!」と涙目になる私に、そのかわいい店員さんは「タクシーに乗るにしても、豊洲は結構距離があると思います。店長!豊洲への一番早い行き方を調べてください!とりあえずお会計しちゃいますね?」と冷静に対応してくださいました。
 
そして、「とりあえず門前仲町まで戻るのが一番です!」とのお言葉を背中に受け、殆ど手つかずのチョコレートケーキ&アイス珈琲をかなぐり捨てて、お店を飛び出したのでした……。
 
電車に飛び乗った後で、
 
友人B:「豊洲だよ!移動して!」
 
友人A:「有楽町線の豊洲だよ。大丈夫!間に合うから!」
 
というメッセージを見て、電車の中で(ココロの中だけ)小走りになりながら、会場へ向かいました(余裕で間に合いました)。
 
急に「既読」がつかなくなった私を心配しまくって、本人たちが豊洲駅で降りそびれるところだったという友人A&Bと、コージーコーナーのかわいい店員さん&店長さんに、感謝をささげる一夜となりました。
 
 
未だに、「間に合わなかったら……」と妄想すると、背中がぶるっとなります。あぁ。良かった。
 
 
 
 
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スーパースプラウト

2016-12-29 16:35:52 | 日々雑多

於:年末でごった返すスーパーマーケットの野菜売り場

登場人物:おばあちゃんとお母さんと娘さん(二十歳くらい……かな)

 

お母さん;「このスーパースプラウトってなぁに?何がスーパーなの?」

お孫さん:「(貼ってあった紙を読んで)めっちゃ栄養あるって書いてあるよ。」

お母さん:「(おばあちゃんに向かって)お母さん、食べたら?」

お孫さん:「そうだよ!おばあちゃん、栄養がめっちゃあるものは、全部食べな!」

 

おばあちゃん、にこにこ幸せそうでした。

 

年末年始に人口が増える街(田舎の証拠!)、なんだか賑やかになってきました♪ あと3日、がんばりましょー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Xmasに想うこと

2016-12-25 11:13:06 | 日々雑多

今朝クロネコヤマトのトラックがXmasプレゼントを運んできてくれました♪ いつも「原稿」とか「校正」とか書かれた荷物ばっかりなので、宅急便のおじさんも心なしかニコニコ。「お菓子」って書いてあったからかな(笑)。

 

私はプレゼントを貰うことがとっても大好き(←まぁ、当たり前)。でも、プレゼントをあげることが多分それ以上に好きです。そう言うとすごく優しい人間みたいだけど、ちょっと違って『これ、〇〇にあげたら喜ぶかなー。喜ぶよなぁ。うしし、うしししっしと想像すること』が異様に好きなんだと思うのです。だから「お誕生日」とか「クリスマス」とか決まったタイミングで(もっと言えば「お歳暮」とか「お中元」とか)ぴったりのギフトを選ぶのはあまり得意じゃないんだけど、なんでもないときに、ある人の顔が浮かんでしまうと贈らずにいられなくなってしまうのです。売り場でニヤニヤして……。

 

足利で商売を継いだ最初の4年間、本当にお財布が厳しくて、貯金は手を付けてはいけないとココロに決めていて、そのため最初に削ったのは「プレゼント資金」でした。その4年間のストレスたるや……。だから今、余計にその反動がきてる気がするのです。でも、少し前にいま人気があるらしい女芸人さんが「誕生日でもないのにいきなりプレゼントとかくれる女」が嫌だとTVで言って笑いをとっていたのを見てちょっとショックを受け、一般的な大人の常識としては控えるべきなのかぁ……とか思ってもいました。それに、贈ればきっと「何かお返しを」と気を遣わせてしまうし。特に、なんでもない時にいきなり届けてしまった場合は。

 

でもねー。もう47歳くらいなんだし。

 

生きたいように生きちゃえと思ったXmasの朝でした。気を遣わせちゃったんだよな……と反省しつつも、やっぱりだってすごい嬉しかったんだもん。プレゼント!(←結局、そこ)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加