ちかさんの元気日記

辛いことを乗り越えて元気に生きている私“ちかさん”の
涙と怒りと笑いの介護記録。

暴れん坊“認知”将軍

2017-06-16 23:58:44 | 日記
凶暴な認知症老婆・ソノ子の部屋で
夕食の介助をしていたときのことである。

食べさせることに躍起になってしまうと機嫌が悪くなるので
テレビを見ながら、会話をしながら
何気ないそぶりでご飯を口元に運ぶ。

今回もそうしようと、テレビをつけた。

と、そのとき流れていたのは
精神化病棟が今、受け入れ先のない認知症高齢者で溢れ返っている
というニュース。
看護師たちが、私たち介護職員と同じように
暴れる認知症高齢者と対峙している光景が映し出されていた。

高齢受刑者の増加により
刑務所が介護施設化しているという話は前に聞いたことがある。
家庭内の老老介護ももちろん大変だが
この超高齢社会、看護師も刑務官も大変だわねえ。

そんな思いでふぅっと溜息をつき、はっと我に返る。
私がそのとき食介をしていたのは
まさしく、精神科病棟に入ってもおかしくないほど凶暴で手に負えない
認知症高齢者・ソノ子なのである。

目はテレビ画面を追っていても
その内容は理解できないことの多いソノ子。
彼女はその認知症特集の番組を見て悪態をつく。
「バッカじゃないの? あはは、バカば~っかり!」

あのねえ、ソノ子さん、これ、アナタのことだよ。

私も同僚たちも
まるで義兄弟の印でもあるかのように
腕にアナタが噛んだ、つねった、ひっかいた痕があるのよ。

息子の稼ぎがいいからウチのような高齢者住宅で
お客様扱いされているけれど
じゃなかったら、アナタだってこのテレビに映っている人たちのように
精神科病棟に入れられていると思うよ。

今日、ソノ子の凶暴性をなんとかしようと
管理者がアロマテラピーを取り入れた。

体操、ティタイム、お散歩、音楽、そして医療と
これまで様々な作戦を練ってきたが
どれもこれも撃沈。
ではアロマならどうだ!?と、わずかな望みを託したわけだ。

アロマテラピストがソノ子のために調合してくれた香りは
確かにいい。
介護する私たちの苛立ちを鎮めるのに効果的かもしれない。

しかし、あれ、おかしいぞ。
アロマは私たち職員のために用意されたのではなく…
当のソノ子は今夜も大暴れ!と
ついさっき、夜勤をしている同僚からメールが届いたのであった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白髪そうめん | トップ | HELP!? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。