どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

しまふくろうとふゆのつき

2016年10月25日 | 絵本(日本)

           しまふくろうとふゆのつき/手島圭三郎・作/偕成社/1993年初版  

 ページいっぱいにえがかれたおおきなしまふくろう。広く広げた羽根の一枚一枚が鮮明にえがかれ圧倒的な存在感があります。

 雪ですべてがおおわれ、シーンとした森。
 真っ黒な空に輝く月。
 獲物を狙う目、耳。

 躍動と迫力という表現がピッタリぴったりです。

 日本では北海道にしか生息しないというしまふくろうは、世界最大のふくろうというのですが、今は絶滅の危機にあるといいます。

 最後のページに、木の上に二匹のふくろうが並んでいるのですが、絶滅の危機にあるしまふくろうへの作者の思いが凝縮されているようです。


ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三つのねがいこと・・東北コ... | トップ | ちょっと長い昔話の結び »
最近の画像もっと見る

あわせて読む