どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

からだのなかで ドゥン ドゥン ドゥン

2017年06月17日 | 絵本(日本)

               からだのなかで ドゥン ドゥン ドゥン/木坂 涼・作 あべ 弘士・絵/福音館書店/2002年

 この絵本をよんだあと、子どもがお母さんの胸に耳をあてて、心臓の鼓動を聞く様子が目に浮かびます。

 もっとも心臓の鼓動というのは文にはありません。

 人間だけでなく動物、鳥も体の中で命の音を響かせています。それぞれ鼓動の音が使い分けられています。

 音をとおして命のふしぎさをあらためて感じさせて絵本です。脈の動きももう一つの鼓動です。

 ラッコ、くじら、クマの心臓の音も聞いてみたいですね。クマはちょっとこわいかな?

 旭川動物園に勤務されていたあべ弘士の絵もいいですね!

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スモールさんはおとうさん | トップ | にげだしたひげ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む