どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

あらしのよるに

2017年06月14日 | 創作(日本)
               あらしのよるに/木村裕一・作 あべ弘士・絵/講談社/1994年初版

 おはなし会で面白かったので、さっそく図書館から借りてきました。

 初版が1994年ですから大分前に出版されています。こんな楽しい物語もおはなし会にいかなければ知ることはありませんでした。

もっともこの本は大分評判だったようで、多くの感想もよせられています。七巻まであるようです。聞いたのは第一巻。

 あらしのよるに、壊れかけた小屋に逃げ込んだ白いヤギと足をくじき鼻かぜをひいたオオカミ。

 真っ暗闇の中で、匂いもわからず、声だけがたよりです。

 オオカミの声を聴いたヤギは、「オオカミみたいなすごみの ある ひくい おこえで」といいかけますが、失礼だと思って口を閉じ、オオカミの方も「ヤギみたいに かんだかい わらいかたでやんすね」といおうとして、相手が気を悪くすると思って、やめにします。

 食い物で、ヤギはおいしい草といい、オオカミはおいしい肉といいますが、その声もカミナリにかきけされます

 どこに住んでいるかの話で、お互いの違う思いが交錯するのも笑わせます。

 ”ぴかっ”と稲妻が光り、お互いの顔が見えたと思うと、ヤギはしたをむき、オオカミは、まぶしくて思わず目をつぶって相手の正体はわからずずまい。

 ”ガラガラガラガラ~”とカミナリガなると、この二匹はしっかりと体をよせあってしまいます。

 気が合うどうしで、いい天気の日に食事をしようとなって、合言葉をきめます。

 「あらしのよるに」

 奇妙な友情に結ばれた二匹、次のはれた日、丘の下でなにがおこるか、わかるはずもないと、結びも意味深です。

 オオカミはヤギの天敵、恐ろしい敵です。あかるいところならギャとなるところですが、あらしの中で友情が生まれるというなんとも楽しい話です。

 舞台設定も巧みな感じがしますし、続きが読みたくなるのも当然です。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つなみ てんでんこ はしれ... | トップ | エングラシアおばちゃんのお... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む