どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

ひょうたんめん

2018年01月12日 | 絵本(昔話・日本)

               ひょうたんめん/神沢 利子・文 赤羽 末吉・絵/偕成社/1984年

 「牛方と山姥」ににていますが、山姥ならぬ”ひょうたんめん”というお化け?。鯖ではなく塩が大好きです。

 種子島の昔話ですが、登場人物も”おとじろうまごじろう”と、はじめは二人かなと思った長ーい名前。

 ”おとじろうまごじろう”が塩を買って、さびしい山道にさしかかると、なにやら声がして「おーい、おーい、おとじろうまごじろう まて やーい。その塩 くわせろ」とひょうたんの格好をしたおばけ。

 馬を食うといわれて、”おとじろうまごじろう”が、塩の入った俵をぶんなげると、ひょうたんめんは、さも うまそうにむしゃむしゃ。

 それでも馬をくわせろとおいかけるひょうたんめん、にげる”おとじろうまごじろう”

 馬もがぶり、ペロリンと食べてさらに”おとじろうまごじろう”をおいかけるひょうたんめん。


 この、ひょうたんめん 馬を食べたりと怖いはずなのですが、どことなく憎めない存在です。

 風呂に入っていたひょうたんめんですが、ふたの上に、大きな石をのせられて、釜茹で、ぐんにゃり しずかになります。

 結末も、ひょうたんめんがいなくなって、村人が安心して山道を通ることができるようになり、”やあれ、やれ”です。


ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪おなご | トップ | 親父を焼く »
最近の画像もっと見る

絵本(昔話・日本)」カテゴリの最新記事