どんぴんからりん すつからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

ケーキやさんのゆうれい

2016年10月16日 | 絵本(外国)

         ケーキやさんのゆうれい/ジャクリーン・K・オグバン・作 マージョリー・ブライスマン・絵 福本由美子・訳/フレーベル館/2007年初版

 ケーキとゆうれいの取り合わせ、はてなと思いましたが、おいしそうなケーキが次から次へとでてきて思わずなまつばを飲み込むことに。

 コーラ・リー・メリウェザーはケーキ屋さん。おいしそうなケーキが並んでいるのですが、コーラ・リーは、素敵なケーキを作る人にみえません。いつもレモンを食べたみたいに口をすぼめ、かみをぎゅっとしばって、小さなおだんごにしていました。
 でもお客はケーキだけをみて、コーラ・リーをみていませんでしたから、あまり関係なかったようです。
 コーラ・リーが亡くなって、町中の人がお葬式にやってきたのですが、誰も泣いていません。しかし牧師さんが店で売っていたケーキの名前を読み上げると、みんなは、すばらしいケーキがもう食べられないとわかって泣き出します。

 家族がいなかったコーラ・リーの店は売りに出されます。
 しかしこの店を買った人は、次々に店を手放します。なにしろコーラ・リーがゆうれいになってでてきたからでした。

 しばらくして、大きな船の台所でデザートをつくっていたアニー・ワシントンが、この店が気にいって買い取ります。

 ここから、コーラ・リーとアニーのバトルがはじまります。

 コーラ・リーは仕込みをしている台どころに出てきて、ボウルをころがしたり、たまごをパックごと投げつけ、20キロもある小麦粉の袋を引きちぎり投げつけたり。

 アニーも負けていません。パイ生地の真ん中に顔をだしたコーラ・リーをバターをのせてつつみこみます。

 どうしてとさけぶアニーにコーラ・リーがいいます。
 「わたしにケーキを作っておくれ。むねがいっぱいになって、なみだがこぼれるほどすばらしいケーキ。わたしなら作れるけど」。

 それからコーラ・リーが満足するケーキづくりがはじまるのですが・・・。

 最後のページには「ワシントンとメリーウェザーのケーキ店」とあります。

 おいしそうなケーキが並んでいる絵には、おもわず食べてみたくなります、

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はじまりの日 | トップ | めんどりがやいたパン »
最近の画像もっと見る

あわせて読む