どんぴんからりん

昔話・絵本いろいろ。語るのを目的としたものでしたが・・。それにしてもまるで森に迷い込んだ感じです。(2012.9から)

クモと糸・・月間絵本たくさんのふしぎ

2017年02月12日 | 絵本(自然)

              クモと糸/池田博明・文 荒川暢・絵/福音館書店/2015年3月号

 どこにでも見られるクモですが知らないことばかり。

 クモというとすぐ巣をイメージしますが、むかしむかしクモは地面の下にすんでいて、地面の穴から近くにやってきた虫をつかまえていたといいます。
 それからながい時間をかけ、クモの糸は狩りの道具へ。

 日本には1600種類のちかくのクモがいて、半分ちかくは網をはらず、歩き回って狩りの場所をみつけ、虫を捕まえるというのもびっくり。

 アリは大きな牙と酸で、クモからさけられているのですが、そのアリを専門に狩るのがミジングクモのなかま。
 アリとクモの関係について考えたこともありませんでした。
 クモの糸のはりかたもさまざま。

 最近は人工のクモの糸を作り出しているようですが・・・。

 あまり動かず観察しやすいクモ。もっと注意して見ていくことにします。

 この絵本に出てくるクモ。
        ワスレナグモ、キシノウエトタテグモ、ジグモ、ミスジハエトリ
        ハナグモ、アズマキシダグモ、ヒラタグモ、ナガコガネグモ
        ジョロウグモ、クロガケジグモ、アシナガグモ、クサグモ、ミズグモ
        ネコハグモ、ボカシミジングモ、オナガグモ、ズグロオニグモ、ムツトゲイセキグモ

 知っているのはジョロウグモだけ(笑)。それも名前だけ!
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青い胸のコマドリ | トップ | 亀が空を飛ぶ »
最近の画像もっと見る

絵本(自然)」カテゴリの最新記事