四季優彩 Annex

身近な自然を中心とした写真ブログです!

エゴノキ、ムサシノキスゲ、カルミア(赤塚植物園)

2017年05月17日 21時40分45秒 | 板橋区立赤塚植物園

引き続き赤塚植物園です。

万葉薬用園の入り口付近にはエゴノキの花が咲いています。

白い小さな花が下を向いて沢山咲いています。

ニッコウキスゲの仲間のムサシノキスゲもきれいです。

もうすぐ夏ですね!

カルミアの花も咲き始めました。

ツツジ科でアメリカシャクナゲとも言います。

ご覧の通り、花も蕾も可愛らしいです。

しかし、別名は「Lambkill」(羊殺し)です。

なぜ、こんな恐ろしい名前が付いているのか?

カルミアの葉にはグラヤノトキシンと言う毒成分が含まれており、羊が中毒にかかりやすいそうです。

最後は葉の上の忍者です!

シャチホコガ?の仲間です。(正式な名前は不明)

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スイレンと紫の花(赤塚植物園) | トップ | 浮間公園のカキツバタ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む