あけぼの

アート、文化、健康、国際・教育、音楽、食・レシピ、日記、エッセイ、旅行記、学問

秀峰大山とゲゲゲの里、水木しげるロード 

2017-07-22 08:58:23 | 講演・アート・音楽・スピーチ

 ここ、境港市は水木しげるさんのお蔭で発展に陰りが見えない。久方ぶりに訪問したがやはり外国人や県外からの観光客が街を歩いていた。境港は日本海側では最大の漁港、秀峰大山は鳥取砂丘と並ぶ鳥取県の自然遺産だ。大山は中国地方の最高峰で、1963年に蒜山地域、隠岐島、島根半島、三瓶山地域とともに「大山隠岐国立公園」に指定された。名峰大山から望む弓型の島根半島や山陰の牧歌的風景は1度は訪れて頂きたい推奨地だ。10年以上前、アメリカの大学で日本文化を教えていた時、サムが「先生ちょっと来て!」と筆者をPC室へ誘導し、コンピューターで見せてくれたのは「ゲゲゲの鬼太郎」のシリーズ全作だった。筆者の帰国後、教え子たちが日本を訪問すると、東京を観るより先に「水木ロードに行ってきます!」。6年前、コーカサス地方のアルメニアで短大訪問したがその時、女子大生たちが「ゲゲゲの鬼太郎を知ってる!」と得意気だった。鳥取県東部では、駱駝に乗って歩ける鳥取砂丘が勿論お奨め、そして1ぱい1万円以上する松葉蟹もどうぞ!(彩の渦輪)

   写真 1.ねずみ男と。 2.鬼太郎駅。 4.鬼太郎ちゃんと。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山陰の玄関、米子市とゲゲゲ... | トップ | 講演終わる:「アメリカ・地... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

講演・アート・音楽・スピーチ」カテゴリの最新記事