あけぼの

アート、文化、健康、国際・教育、音楽、食・レシピ、日記、エッセイ、旅行記、学問

進展目覚ましい都市シアトル:スペースニードルとチフリー・ガーデン

2017-05-03 15:32:45 | 旅行記、多文化教育、国際

   全米で住みよい都市ベスト3はシアトル、シンシナティ、ピッツバーグとかつて聞いたが、シアトルを初訪問し文化水準や生活の大きな相違に吃驚した。ここは21世紀の都市機能を備えている。海沿い陸地と湖と坂道の多い丘陵地帯で緑に囲まれた美しいエメラルド・シティーだ。誰にとっても暮らしてみたい憧れの街だろう。マイクロソフト、フェイスブック、アマゾンのIT産業や7時間フルに充電すれば400キロ走る800万円の電気自動車、テスラなどのハイテクノロジー産業の拠点、スターバックス・コーヒー発祥地でもある。郊外にはボーイング社の世界最大の建物が観光の目玉になっている。だが物価は高くニューヨークに次ぐだろう。著名人ビルゲイツ氏もここ、シアトルの住人だ。今回はワイフのかつての教え子マイクが案内してくれた。高さ184mのスベース・ニードルとグラス芸術のチフリー・ガーデン:スベース・ニードルは1962年の万博跡地に出来たシアトルのランドマークだ。時は4月末、水と緑に囲まれた近代都市で360度の大パノマラマが堪能できた。チフリ・ガーデンはガラスの彫刻家デイル・チフリ美術館。館内では色彩と形状豊かなガラス細工工芸品に圧倒され、ガーデンでは植物とガラス作品が競い合い幻想的な世界を演出、規模の大きさとオリジナル性に魅了された。(自悠人)

   写真1,2,3ガラス作品 4.スペースニードル 5. 巨大建物 6.観光後はMikeやお姉さん夫妻と食事


『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牡丹満開無事帰国、Good-bye... | トップ | ハイテクソフト企業が集中、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行記、多文化教育、国際」カテゴリの最新記事