明神山を借景に、我がスローライフ

標高472.5mの大明神山の麓での勝手気まま生活の近況報告です。

今日は十三夜、大きな芋をお供えします

2016年10月13日 | 畑の恵み
十三夜のお供え用に、さつま芋「紅はるか」を収穫した。
十三夜は別名「栗名月」と言うようだが栗がないので「いも」を
お供えしお月様に許してもらおう。
今年の芋の名は「紅はるか」苗屋やのおばさんによると「この
芋はとても美味しいから作ってみて」と言うので苗30本を
買って我が家の畑に作った。写真では一つの茎に5個付いている
ように見えるが下にあるのもそうで、裏側にも4個付いていて
全部で10個も付いていた。それもみんな大きい。


下側にもまだ芋は付いていて、全部で大きいのが10個も付いた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野県小川村の高山寺三重塔... | トップ | イノシシが入った »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。