東京アイランド

OCNブログ人サービス終了に伴い、ここに引っ越ししました!

小笠原のご当地切手(南島)南島上陸 その3

2016-12-20 23:08:29 | 2016小笠原

 平成元年11月1日。山口県に住んでいて、小笠原に行っていたというわけではなく・・・子供のくせに、山口から小笠原に郵便で送ると、ものすごーく日数がかかる。1並びのが欲しくて、10月の中旬頃に「100-21 東京都小笠原村 小笠原郵便局御中」と書いて、1並び記念の風景印が欲しいですと日数を計算して郵頼。
 (当時、風景印はなく、通常の丸型印で返ってきました)
 今のようなインターネットもなく、何もない田舎だというのに、こういう情報がどこから入ったのか自分でもよく覚えていません。あの頃から探求心がかなり強く、学校の図書室で調べたりしていたなのかも知れない。

 当時の船は、東京から父島まで29~30時間!!(初代のおがさわら丸)

 2代目は1997年から2016年の「おがさわら丸」、25時間半に短縮。


 
 3代目の新おがさわら丸就航して間もなく。さらに1時間半短縮し、24時間っ!!あの頃から行きたいっ!と小笠原に関するものなら!となんでも収集していたので、切手アルバムを広げても、こういうものばかり。
 1968年6月26日、小笠原諸島は米国から返還された記念切手ですが・・・小笠原で見る西に沈む夕景は絶景そのもの。1個下の、青ヶ島で見る夕景も同じく絶景ですが、なぜか、青ヶ島で見る夕景も絶景ですよ!とクローズアップされていない・・・。

 1973(昭和48)年に発行された、20円の小笠原国立公園記念切手の図案のもとになっている風景です。しかし・・・20円切手の中で描かれている「オガサワラビロウ(ヤシ科)」なんて南島のどこに行っても見かけませんでした。
 もしかしたら、小笠原らしく、南島の風景にオガサワラビロウを合成した図案なのかも。こうなると、事実を伝える切手ではない!とツッコミを入れたくなりそうですが、発行されてからもう何年目でしたっけ??よんじゅう・・・さんねんめ!?当時の郵政省デザイナーを責めることはできぬ。

 これは・・・サンゴ礁が隆起したものなんです。このあたりでも、もともとは海の中。43年前、小笠原国立公園記念切手を発行するのにここを20円切手の図案にしようとしたのはご覧のとおり神秘的な風景だからでしょう。地形変動でもともとは海の中にあったサンゴ礁が隆起したもの。

 道は人が作ったものだけど、これがないと、上にある丘に上がれなくなってしまいます・・・。

 南島の自然を満喫中~!!初めて小笠原に来たのは2代目の真新しい「おがさわら丸」が就航した1997(平成9)年。左も右もわからない、超ビギナーなとき。今回でもう8回目なので、小笠原のことはもう知り尽くしている(?)状態。友人は初めての小笠原でしたが・・・いろんなところへ行けて満足。ただ、今回は母島を中心とした観光。今度は父島を中心に回ってみたいというリクエスト。はい、辺境な場所なら得意分野の私に任せてくださいっ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の就航状況 | トップ | 北海道から九州新幹線の指定... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良いですね (しげなか)
2016-12-21 09:53:34
しばらく来ないうちに読んでない記事がいっぱい。。。 スゴイですね!

さて、南島の位置が分からなくて調べてしまいました。
良いですね、この隆起サンゴ礁の風景。

小笠原諸島に行きたいですが。。。 休みがなぁ。。。 お互い休み関係が大変ですね。。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2016小笠原」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。