東京アイランド

OCNブログ人サービス終了に伴い、ここに引っ越ししました!

やっと指宿・・・

2017-04-22 00:38:50 | 2016九州

 指宿と書いて、「いぶすき」。全国的に有名な温泉地なので、難読駅ではないかと思ったら・・・遠く離れた関東から北海道にかけては「ゆびやど」と読んでしまうとのこと。たとえば、地元の千葉県八街も「やちまた」だけど、よその人からにすると「やつがい」。埼玉県加須市も、東北自動車道を何度か利用したことがあるなら 加須の下に「Kazo」のローマ字が付き、加須と書いて「かぞ」って言うんだと関東圏の人はほとんど知っていると思う。なぜか私は子供のころ「指宿」を「いぶすき」と知っていた理由は時刻表。垂水も「たるみ」。国鉄時代の大隅線に存在していた駅。

 この駅に降りて、次に来る観光特急「指宿のたまて箱」に乗りかえようと思っていたが・・・停車駅は喜入のみであとは鹿児島中央までノンストップ。通過する駅も見えなくなってしまう。

 二月田(にがつでん)駅。改札ラッチがあるのに無人駅化。駅名標も国鉄様式なので、30年前にタイムスリップ!?

 駅名からにすると「2月の田んぼ」。どういう由来なのかな??

 12月とは思えないようなのどかな風景が続き・・・

 海岸沿い。

 海に近いから「みやがはま」。「宮ヶ浜」の「ヶ」を「が」と読む。日本語は世界で1番難しい言語。千葉の袖ケ浦も、「そでがうら」と言いますが・・袖ケ浦市の方針により、「ヶ」ではなく大きな文字の「ケ」。パソコンで漢字変換すると、一発で「袖ケ浦」と出ます。青ヶ島は、小さな文字の「ヶ」。

 オフィシャルサイトで検索したところ、姉ケ崎は大きな「ケ」。大分県の柳ヶ浦は小さな「ヶ」。

 JRのマルスシステムは「ヶ」の小さな文字は収録しておらず、大きな「ケ」で対応しているので、「青ケ島」になってしまう。


 まだまだ旅は続きます・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は条件付きです | トップ | 今日も船は動きます! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。