東京アイランド

OCNブログ人サービス終了に伴い、ここに引っ越ししました!

備後落合駅は米子支社、廣島支社、岡山支社の境界なのに無人駅

2016-10-19 00:00:00 | 2016木次線・赤穂...

 備後落合駅。中国山地にたたずむ、小さな無人駅だと勘違いしてしまいそうですが、ひも解いてみると、1番線は木次線、米子支社。

 2番線は三次方面の芸備線、廣島支社。3番線は新見方面の芸備線、岡山支社なので、備後落合駅は3方面のターミナル駅。
 しかし・・・3方面への連絡がスムーズにできるように、乗り換えタイムはとても短い。14時34分に着いて、三次行きは14時38分発。新見行きは14時37分。乗り換えタイムがとても短いので、備後落合駅で途中下車はなかなかできません。

 2番線の汽車は14時31分、備後落合到着。3番線は14時25分到着。先客の乗り換え客がたくさんいました。私たちは14時34分に着いても先客で席は全部埋まっていて、満席。ほとんどは青春18キッパーでしょう。
 1日3回だけ、各方面への乗り換えで瞬時に賑やかになる駅なんです。1番線、2番線、3番線すべての汽車が出てしまうと、備後落合駅はなーにもない秘境駅なので、人影すら見かけなくなるかも知れません。ちなみに木次線は14時44発車。
 
 よく考えてみれば・・・
 2015年7月の旅も同じ時間でした。木次線にキハ120 4も全く同じ車両。
 ・2015年の記事は こちら
 2015年の記録によれば、三次に行って、三江線に乗りかえ。今回は三江線ではなく、福山方面の福塩線に乗り換えます。

 すでに先客で満席なので、宍道から乗ってきた「おばてつ」3人組は顔をしかめっ面。「超閑古路線のはずなのに、立たなければならんの!?」とはっきり顔に出てしまいましたね・・・。
 去年の夏も、備後落合駅での乗り換え客がたくさんいて、今回も同様です。秘境ブームなのか、人気があるみたいです。しかし、JR全線普通列車乗り放題の青春18きっぷだと木次線に割り当てる収入はほぼないに等しいし、利用実績にはならないんでしょう。
 備後落合駅は始発の6時40分三次行きがあるので、前日の三次発19時22分の汽車で備後落合に着くのは20時43分。折り返しの汽車はなく、この日の最終列車。翌朝6時40分発になります。そのため、乗務員宿泊施設も兼ねているので駅舎はかなり大きい。もちろん、ワンマンカーなので、運転士さんが1人で備後落合駅で一晩明かすわけですが・・・あの場所は本当になーにもなく、本当に寂しいところです。住所を調べてみたところ、廣島県庄原市。日本一秘境村の「青ヶ島村」は夜になれば2軒の居酒屋さんが開いていて、とーっても賑やか。備後落合駅は庄原市の「市」であっても、駅前は居酒屋すらもない。飲食できるところも全くないっ!!
 19時22分乗務前に夕食を済ませてしまうと、満腹感による居眠りも懸念されるので、夕食と翌日の朝食のお弁当持参かも。20時43分、備後落合駅に着いたとしても、乗客はゼロ。寂しく、エンジンを止め、汽車が勝手に動き出さないように車両止めをかけて、本日の乗務日誌に記入。駅の乗務員宿舎へ。21時から翌朝の6時まではプライベートタイム。しかし、なーにもない秘境なので、何か楽しめるものは皆無。夕食のお弁当を食べて、あとは翌日に備え、寝るしかない。今の季節だったら、まあ、なんとか・・・だけど、冬季はかなり大変。備後落合駅周辺の冬はかなり豪雪地帯なので、除雪作業もしなければならない。氷点下の世界、1人だと気が滅入ってしまいそうなので、雪が降る冬の間だけ、運転士さんと車掌さん2人勤務体制がよさそう。JR西日本だというのに、中国山地のJR線は冬季の間、白銀の世界が続くJR北海道並みになります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あおがしま丸本日も就航ーっ... | トップ | 本日も就航します »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。