東京アイランド

OCNブログ人サービス終了に伴い、ここに引っ越ししました!

萩駅(その2)

2017-07-01 00:02:56 | 2017初夏山口旅

 鉄道利用者向けの萩駅待合室。大正14年(1925)年の姿をとどめるものの老朽化が激しかった駅舎を萩市がJR西日本から譲り受け、今から20年前の1998(平成10)年、当時の姿を再現できるようにきれいに復元したらしい。
 今日は土曜日。普通なら観光客でにぎわってもよいのに、誰1人もいない。シャッターが閉まっているのはキヨスク跡なんでしょうか。

 実は、萩駅の改札口は3ケ所もあるんですっ!!ここは鉄道利用者向けの改札口、方角からにすると東萩寄りの東口かな?
 中央口は、鉄道資料館の出入り口。

 西口はこちら。大正3年東京駅開業時も、この改札口に似たような雰囲気。開業から100年超えた現在は自動改札機が連なっている風景。萩駅開業時は、何人もの駅員さんがここで硬券に入鋏や集札・・・。

 資料館にあった写真。美祢線の終着駅ということは、あの美祢線のことですかね。確かに美祢線沿線の駅舎を見ていると、開業当時からそのままの古い駅舎が使われているところが多い。

 改札ラッチの説明。日本語と英語併記。

 資料館にあった、柱時計。電池や電気で動くわけでなく、ゼンマイで動く機械式時計。

 電波腕時計の時刻を見て、柱時計の時刻もあっているか、ツッコミを入れるために細かくチェックしてみたところ・・・
 このゼンマイ式時計は・・・・電波時計並みに正確に時を刻んでいました!!機械式とはいえ、狂いが出ないように非常に正確に調整されているようです。さすがにニッポンの鉄道。JR東海の東海道新幹線開業40年記念(2004年発売)も見た目、おもちゃっぽい。JRのプライドに賭け、クォーツでもあまり狂わない。(クォーツ=水晶振動子を用いたもの)

 資料館の空間。とても広いです。駅舎の向かいに観光協会。資料館の管理人も駐在。それでも切符の発売や集札もやらないので、定義では無人駅扱いになってしまいます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日は就航ーっ!です | トップ | 今日は予想通り条件付き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2017初夏山口旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。