東京アイランド

OCNブログ人サービス終了に伴い、ここに引っ越ししました!

休みの日のごはん

2017-11-05 22:17:00 | 麺類・パスタ

 昨日のランチ。エビ塩焼きそば。塩分はNGなので、調味料も塩分控えめ。

 麻婆豆腐。豆板醤は唐辛子をふんだんに使われたものなので、塩分は少ないかと思ったら、意外と含まれているようです。コチュジャンのほうが少な目。

 今日のランチ。中身はエビぷりぷりとベーコン、玉ねぎ、にんじんたっぷりのチャーハン。

 青ヶ島のお友達からいただいた、赤い高級魚をフライにして、タルタルソースかけ。青ヶ島から超速達で届いたときは、お刺身、四国旅行のときにいただいた、鳴門の鯛どんぶりや、宇和島の鯛めし、カルパッチョ・・・いろいろ作れるけれど、冷凍してしまうと再びお刺身にすることはできない。加熱料理になります。

 野菜不足は韓国のチョレギサラダでカバー。最近、台風や長雨のせいで、生野菜の値段は高騰。おとなりさんから、収穫したての生野菜を分けてくださるので助かります・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忙しいときはこれで!

2017-10-29 00:00:00 | 麺類・パスタ

 今日は両親の通院付き添い。1ヶ所ではなく、2ヶ所。忙しいときは外でランチ、と思っていたが、5月に買いだめていた、九州のインスタントラーメン「うまかっちゃん」の賞味期限が10月まで。捨てるのはもったいないので、今のうちに!!とぱぱぱっと作ってしまいました。
 東京に来るまではらーめんといえば、白いトンコツスープが常識だと思っていたのに、多様多種のらーめんがあるのに驚愕ってこともありました。千葉に来ても、「博多らーめん」の暖簾が出ているところに入ってしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超贅沢!?あおがしまパスタ

2017-10-15 22:47:53 | 麺類・パスタ

 青ヶ島のオナカダイをマリネにして、パスタに乗せました!
 生で食べられるのは明日まで。一部をチルドにして、あとは冷凍。明日は・・・鳴門のホテルで泊まったときに出されたときのパクリ、「青ヶ島鯛どんぶり」。宇和島の「鯛めし」は、タレを作る必要はあるけれど、鳴門の鯛どんぶりはシンプル。ご飯の上に鯛を乗せて、茗荷、貝割れ、人参、大葉、いくらを乗せる。塩、徳島名産のすだち、わさびを鯛どんぶりにかけるだけ。ここでは、いくらの用意ができていないのでパス。塩はひんぎゃの塩にして、すだちは柚子で代用。自宅でも出来てしまいます!!
 毎日のように青ヶ島の美味しいものをいただけるなんて至福です!いつも、ありがとうございます!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青ヶ島鯛めし(本当は宇和島の青ヶ島バージョン)

2017-10-14 22:42:31 | 麺類・パスタ
 休みの日はいつも私が調理当番。昨夜の晩御飯にトンカツが出たので、母に「トンカツの余りある?」と聞きましたが、「トンカツを揚げて翌日まで保存するなんてできないんですよ!」もし、トンカツが余っていたら、根室のエスカロップを作ろうと思っていたのに!!

 根室エスカロップの発祥地、「どりあん」というお店でご当地グルメを検証して、自宅でも根室のパクリ料理。タケノコ入りのバターライスが決め手。根室はなまるというお寿司屋も美味しかったな~!!雪道での運転は苦手なので、夏の間に来てしまったけど、冬の根室はどんな表情を見せてくれるか!?最東端の都市なので、冬の間の日没時刻は本州では考えられないほど早い。15時45分ころには暗くなりかけ、16時には真っ暗。東京や千葉は16時半あたりから暗くなりますが、根室は本州より早く夜が来てしまいます。
 小池さんが旗揚げした、希望の党。政見放送を見ましたが・・・グリーンに日本地図が映し出されます。真っ先に目を付けたところは根室の先にある歯舞群島が付いていないのに違和感が・・・。単なる付け忘れだと思いますが、私みたいに納沙布岬に立ち、この先に見える島々はロシアの占領下に置かれているが、歯舞群島も日本領土だ!と主張する人々たちからにすると、希望の党は歯舞群島を置き去りにしているので、投票しないという人もいるかも知れない。1票でも多く獲得したければ、グリーンの地図にちゃんと歯舞群島をつけるべきです!!

 エスカロップを作るのに、トンカツを揚げて、タケノコ入りのバターライスを作るとなると手間がかかる。急遽、廣島風のお好み焼きに変更。廣島の正しい文字は「広島」だけど、ボロ國鐵廣島と入力しすぎたのか、パソコンはもうすっかり学習しちゃっている状態。まあ、確かに山口県はJR西日本廣島支社。山口県内で真新しい227系(宮島の紅葉、廣島カープの色に因み、レッドウイング)が乗り入れているのは、徳山まで。新幹線も停まるし、あのあたりは山口県徳山市と言いたいところですが、現在は「山口県周南市」になっています。徳山まで新しい車両が入るのに、なかなか下関には来ない。依然と古くてボロ國鐵車両のまま。113系、115系、117系。117系はかつて、京阪神圏の「新快速」として活躍していた車両なのに、新型の225系量産に伴い、古くてボロになったものは山口県に捨てている。山口県は國鐵車両王国なんです。山口県の山陰本線も、私が幼い頃に何度も乗ったキハ40や47が國鐵色に戻してバリバリ現役。千葉に移してから長らくも山陰本線のキハ40や47は乗車していない。そのため、他方でキハ40や47に遭遇すると懐かしく思い出す。
 我が家で廣島風のお好み焼きを作るようになったのは、衝撃的な出会い。

 平成27年。こういう変な経路の旅。経由欄の山口線・新山口・新幹線・東京 のところに注目。

 廣島を過ぎたあたりに、猛烈な「お好み焼き」の香りがぶーんと漂う。発生源を見たら、廣島駅で買ったと思われる「お好み焼」。じゃあ、我が家でも廣島のパクリだ!!と作り始めるようになる。廣島の特徴は、重ね焼き。すると、いつもながら白戸次郎さんは、食べ方が変。重ね焼きを分解して、それぞれ食べている。我が家でホットプレートで韓国風石焼きビビンパを作ったときも。コチュジャン、ナムルをきれいに盛って、それからごちゃまぜに崩してから食べるのが普通。それなのに、コチュジャンまるごとを直に口に放り投げ、それからナムルを口にして・・・なので、「待て!」をかける。昔からのクセなのか、仕方がない。

 じゃーん!青ヶ島鯛めし(本当は四国の宇和島鯛めしのパクリ)と、アラをくまなく食べるためのすまし汁。超高級の魚なので、アラについていた身を全部食べるのだ。

 白戸次郎さんのほうを見ると、やはり・・・身と御飯を一緒に食べる様子もなく、身だけパクパク。「待て!」をかけ、「こういう食べ方じゃないんですよ!!身と御飯、一緒に食べる!!」すると、「美味しかったな~!同じものをもう1杯!!」と要求されましたが、「予備のものはありません!!」とお断り。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3連休どこも行かずでした

2017-10-10 00:00:00 | 麺類・パスタ
 3連休はどこも混むから・・・と外出はせず、家でまったり。暖房器具の出番・・・と思ったら、夏のような暑さにぶり返しているので、保留。先日は20度を切る寒さもあったんだけどな・・。

 棚を整理したら、9月20日で賞味期限切れの사리곰탕면(サリコムタンミョン)。今は熱いラーメンでもいけるので、作ってみました。サリコムとは、牛肉の骨をとんこつスープにしたもの。

 唐辛子とかそういった成分は含まれず辛くないけれど、ナトリウムの量が多いのに気になるところ。

 青ヶ島のお友達からいただいた多量のお魚を冷凍庫で保存中。青ヶ島が恋しくなったら、冷凍庫から取り出して煮つけ。

 四国旅行のときの「徳島ラーメン」。徳島のスープは博多のとんこつスープに醤油を加えたもの。麺は表示された時刻より2分長めにゆでても「カタ」。柔らかめが好みなんだけどな~。本場徳島では生卵を乗せるけれど、こちらは半熟卵を乗せて。

 カンパチ刺身。近所のスーパーで調達。白戸次郎さんが「カンパチが残り1切れしかないんですか!?」と私に吠えていた。自分で鮮魚コーナーの板前さんに交渉しなさい!と突き放してみたら・・・なんと!!身振りでうまく交渉して、板前さんが「あー、なるほど、もう1つのが欲しいってわけだね」と奥からカンパチを取り出して、さばき。
 ずっと昔の接客業でも、聞こえるお客さんとコミュニケーションが取れるのに不思議に思っていたら、相手に通じるようなイメージで表現できるからね・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

讃岐うどん

2017-10-01 23:23:01 | 麺類・パスタ

 ランチは四国旅行の時に購入した「讃岐うどん」。西日本の「つゆ」なので、あっさりとした味になっています。東西の文化の分かれ目は岐阜県の関ヶ原あたり。JR東海と西日本が関ヶ原でスパっと境界を引き、すべて関ヶ原で乗り換えとなると、かなり不便になる。米原で境界を引き、米原発豊橋行き(東海)や、米原発姫路行き(西)とか超距離電車で名古屋圏と関西圏をつなぐ役目。
 姫路から豊橋まで350.7キロもあるのに、米原乗り換えの新快速を使えば5時間、新幹線は2時間。3時間の差だけど、新快速も結構速い。
 硫黄島唐辛子を少々まぶすだけで、美味しさ倍増!になりました!讃岐うどんはコシがあるので、はまってしまいそうです。

 ディナーはエビフライ、かぼちゃコロッケがメイン。今までタルタルソースを作るのに、ゆで玉子を使っていましたが、今回はゆでる時間がない。手抜きに短縮!!電子レンジを使います。電子レンジはマイクロ波を使うので、生卵をそのまま入れるとどっかーんと爆発する。黄身のところに2~3ヶ所穴を空けて、爆発させるような膜を取り除いていれば大丈夫。タルタルソースを作るために、ゆで玉子を用意・・・とはガス代もかかってしまいます。
 次郎さんは塩分制限のため、枝豆を茹でるときは塩分抜き。私だけ、青ヶ島のひんぎゃの塩を少々用意。サッポロクラシックは北海道限定のはず、いつ頃だったかな、近所のスーパーで忽然と並んでいたので、速攻で購入。今でもあるのかな~と思ったら、ない!!根釧地区で採取したという北海道牛乳もない。かなり気まぐれなのか、いつ入荷するか未定。サッポロクラシックは糖質ゼロやプリン体ゼロではないけれど、北海道らしく味はかなり濃厚。全国のビールを飲み比べてみると、美味しい!と思えるのは、サッポロクラシック。
 常夏の土地なら美味しくなるのは沖縄のオリオンビール。小笠原の父島や母島でも当たり前のように陳列されていて常時発売中。しかし、このビールは内地で飲むと水っぽく感じるのは不思議。その土地でないとダメっぽい。それなのに、サッポロのクラシックは本州で飲んでも美味しい。道内なら美味しさは倍増ですが・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エアコン清掃&扇風機収納

2017-09-30 23:08:27 | 麺類・パスタ
 もうエアコンや扇風機の出番はなさそうなので、今日は「夏の間ご苦労さん!」とエアコンのフィルター清掃と、リモコンで内部清掃。扇風機も解体して物置へ。暑くなる6月半ば頃出して、9月まで。およそ4ヶ月。暖房器具は11月から4月の半ば頃まで5ヶ月半。
 エアコンは暖房と兼ねているので、冬でも使えるはずなんですが・・・親がエアコンから出てくる熱風が嫌いと言うので、灯油。
 1番大変なのは北海道なのかも。どの家庭でも庭に大型の灯油タンクが備えつけており、容量は490~500リットル。汽車の窓は夏の間なら一重だけど、冬になると氷点下の世界になるので、もう1枚降りてきて、二重窓。戸建ての玄関もサンルームのような小部屋、二重扉になっているところが多いです。北海道の冬はとても長い。冬の間は小笠原や沖縄とか暖かいところへ逃げたくなる寒がりなので、北海道の冬は想像を絶するほど寒いっ!!

 今日のランチ。中身はただのチャーハンに卵をかぶせ、あんかけ。すると、次郎さんが前回のトラウマなのか「また同じものを作った!?ニワトリ!?」と。「今日は鶏肉買いましたか!?ベーコンなんでしょ!?」

 今夜は外食。週末は予約がなかなか取りにくいお店。予約無しでも行けるけれど、席の数が限られていて、長時間待ち。

 まず、最初にサラダ。

 ウエルダンは身が小さく縮むと前回学習した次郎さん。かなり神経質なのか、ナイフを入れたときに中身がまだ生なので、気持ち悪いと文句を言うので、ウエルダンを頼んだら、ミディアムと見比べると縮んでいる。「なんで私のは小さいんでしょうか」と。ウエルダンは中身まで火を通すから小さく縮むんですよ、わかりましたか!?そんなに文句言うなら、次はミディアムで頼みなさい!と言ったのか効いたみたい。(表面だけ焼いたのはブルー、またはロー)
 私の故郷、博多らーめんも、麺のゆで具合をお客さんに必ず確認します。1番硬いのは「生麺」。ゆで時間0分なので、生麺のままトンコツスープ。次は何というんでしたっけ・・・「粉落とし」。ゆで時間は5秒くらいなので、生麺についていた粉を取り除かれただけ。「ハリガネ」は針金のように硬い麺。ゆで時間は15秒くらいかも?次は「バリカタ」。博多弁で「バリ」は「超」を意味するものなので、とても硬いという意味になります。30秒だけ茹でるという「カタ」より短め。次は「カタ」。1分くらい。「普通」は1分30秒茹でたもので、噛み応えはちょうどよい。「やわ」は2分過ぎてゆでたもの。「バリやわ」は「普通」より2倍以上も茹でているので「超柔らかい」。
 博多らーめん、いつも頼むときは「普通」。個人差によりますが、「普通」でも硬いと感じる人もいますが、私は噛み応えがあればOK!「生麺」から「バリカタ」、頼む人はあんまりいないかも・・・。「カタ」なら、まあ何とか行けるけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口の瓦そば

2017-09-24 21:24:36 | 麺類・パスタ

 今日のランチ。山口県下関市豊浦町川棚の郷土料理、瓦そば。山口県に帰るたびに老舗の元祖「たかせ」で食事していましたが、山口県が懐かしくなったら、我が家で作ってしまいます。毎日、というわけではなく、思い立った日。

 麺は1人100gと計算して、作りましたが・・・父はそれでも食べ足りず。残り少なくなったのを見て・・・

 「残り少なくなりましたね~。半分っこにしましょう」と。黙っていると取られるので、先手を打つため「戦わず 勝つのが兵法 犬の辞書」。まさしく、その通り。

 今日、偶然にも山口県の何もない田舎からクール宅急便が届きました。シーフレンズふたみ謹製のアジ南蛮。
 頭だけではなく、中身の骨まですっかり柔らかくなるほど揚げているので、そのまままるごと食べても美味しいです。骨まで柔らかいということは相当な技術で揚がっているんじゃないかな~。

 母の餃子水炊き。ごちそうさま!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

讃岐うどん

2017-09-24 00:00:00 | 麺類・パスタ

 明太子うどんにアレンジ。讃岐うどんはあらかじめゆでたものと、半生タイプの2種類あって、後者のほうがコシがあって美味しい。 

 父が足りないと言うので、余ったものを追加~!!

 夕食。食前酒は青ヶ島のお友達からいただいた、青酎梅酒。白戸次郎さんが一気飲みしてしまわないように、奥の小さなグラス1杯まで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アッパ ケ

2017-09-18 22:25:29 | 麺類・パスタ
 3連休は全日「雨」という予報が出て、どこも行かなかったのに最終日の18日は朝から晴れていて、気温も30度。数日前までは肌寒くてそろそろ衣替え替えかなと思い、衣装ケースを取り替えようと思っていましたが、この暑さだと当分の間「夏服」のままで行きます。
 季節の変わり目、例えば、扇風機を片付ける前にきれいにして収納。本格的な寒さになる前に暖房器具を取り出すとか、それが面倒くさい。
 近所のスーパーへ買い物。うちの父は珍しく、買い物に積極的で品定めをしたり、この店は高くてあっちの店のほうが安いだとか。今日のランチは根室のエスカロップにしようかなと思っていたけど、久しぶりにオムライスを作りたくなったので、鶏のムネ肉パックを隠すように買い物かごへ。買い物をしたあと、袋詰めをしなくてもいいようにマイバスケットのまま帰宅。
 隠すようにしたのは、父は鶏肉が大っ嫌い。ケンタッキーを買うときも、トンカツを揚げなければならず、かなり面倒。オムライスを作るときはどうしてもチキンライスが必須になる。バスケットから取り出すのはあとでいいや、と思ったら、父がちゃっかりとレシート通り照合しているか1個1個ずつ検品していた。鶏のパックも入っていたこともばれた。
 「ここにバーコードがあるんでしょう!わざわざ検品しなくても大丈夫だってば!」
 父「バーコードのない商品だと、打ち間違えがあるんですよ。たとえばりんごを買ったのに、違う商品名で計上されたとか・・」
 電子蚊取り器をまめにOFFにするので今夏は何度も蚊に食われたとか。電気代が1円でももったいない、スーパーでの打ち間違えは許さないとか、徹底っぷり。 

 中身はチキンライスのオムライスできあがり~!!
 すると・・・父が「ニワトリを解体したものがこの中に入ってんだな。見てしまったんだからな」とオーバーリアクションで。

 やはりソフトバンクのコマーシャルに出ているお父さん犬のセリフに似ている。いくら鶏が苦手とはいえ、そのように言われるとさすがに怒ってしまいました。せっかく作ったのに邪悪なムードに。非常に神経質な方で、仙台の牛タンも牛のペロだと知るようになってからは食べなくなった。タイトルの「アッパ ケ」は韓国語でお父さん犬。日本ではかわいい動物だというのに、向こうの国では侮辱の対象になっていて、日本語の「ケッセキ(欠席)」は「この野郎」という意味になります。(正確に言えば「ケーセッキ」ですが・・・)今はもうすっかり外国へは行かなくなりましたが、昔、独学でハングルを覚えたときの片隅を引き出し。

 父は魚が大好物なので、青ヶ島から送られてきた冷凍庫で保存中のお魚で煮付け、野菜天ぷら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄が恋しくなったら・・・

2017-08-21 00:00:01 | 麺類・パスタ

 これです!ソーミンチャンプルー。素麺は意外と賞味期限が長い。去年のものなのに、賞味期限は2018年と刻印。家にある素麺をかき集め、ランチはオキナワ風のソーミンチャンプルー。あらかじめ、自分の好みの材料(家の冷蔵庫に入っている野菜何でも)を炒めておく。沖縄のスパムや、ケンタッキーをほぐしたものがあれば美味しいですが・・・ウィンナーと豚肉で代用。麺を1分30秒茹でた直後、氷がたくさん入っているポールに入れて締めておく。その後、オリーブオイルを少々絡めておけば、麺と一緒に炒めても、麺がベトベトつかなくなり、食感も美味しくなりますっ!!根室のエスカロップ、川棚温泉の瓦そば、博多らーめん、沖縄のソーミンチャンプルーなどなど。その土地に出かけ、美味しいと思えるものを自宅でパクリ。

 晩御飯はアジに生姜、醤油、みりんなどあらかじめ漬けておいたものをフライ。かけるソースはマヨネーズでOK。どちらも塩分控えめにしておいたけれど、調味料に必ず塩分は含まれている。量はどうなんだろうな~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オガサワラが恋しくなったら・・・

2017-08-20 00:13:24 | 麺類・パスタ

 限定出荷の文字に弱く、ゲット!!今でしか入手できない「小笠原パッションフルーツ」。
 あの・・・青ヶ島もパッションフルーツの産地なんですー!!「青ヶ島パッションフルーツ」だったら、世界遺産に匹敵するほど有名になるかも知れない。

 夏野菜たっぷりの生パスタ・ナポリタン。このお皿で1人前だけど、うちの父が案の定、足りないと言うので、もう1杯追加。2倍!!
 この夏、オガサワラに行った友人からの話。船内レストランの味はバッチリ!美味しかった、とのこと。島塩ステーキがあまりにも不味すぎる!!とアンケートでクレーム入れたのが効いたらしい。オガサワラマルのレストラン、美味しかった!と評価されていればよかった!
 レストラン自慢のおが丸島塩ステーキとはどんなものなんだろ?と期待していたが、出されてきたものはすっかり冷めきっていて、肉は上質ではなくかなりボロい。噛んでも硬い。美味しくないわ!!と半分残したけれど、今年のはかなり、改良されたようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR花咲線牛乳!?

2017-07-30 21:42:11 | 麺類・パスタ
 近所のスーパー。乳製品コーナーに行ってみると、西多摩郡日の出町で作られた東京牛乳も置いてある。たぶん、店長さんは「東京」ブランドが好きなのかね~?
 その中で目を見張るものが・・・・

 根室のコンビニで品定めしたときに、全国どこに行っても同じパッケージのものよりも中標津産を購入。
 中標津空港の所在地は中標津町。空港連絡バスで根室に向かう途中、牛さんを飼っている牧場を何か所も見かけました。中標津町では牛乳で乾杯が条例になっています。
 牛乳で乾杯しなかったからと罰則は付かないけれど、中標津町の居酒屋では、まず牛乳で乾杯してからそれからお酒を頼むのが慣例だそうです。
 何せ、人口より牛乳を生産する牛さんのほうが多いですしね・・・。
 ここは根室市だけど、隣の中標津町の条例に従い、まず中標津産の牛乳を飲んでみました。さすがに北海道なので、味はかなり濃厚。これがホンモノの牛乳だ!と言えるほど。

 まさか、1週間前に飲んだ牛乳がここでも買えるとは思いもしなかったので、速攻でお買い上げ!!
 根釧の文字は、道外の方だと、あまり馴染みがないけれど、根室と釧路の頭文字を取って、「こんせん」と言います。
 根室発の汽車はすべて、釧路行きなので、この牛乳の名付けるとしたら、北海道牛乳よりも「JR花咲線牛乳」のほうがいいんじゃない?
 JR北海道さんに商標許諾をもらい、JR北海道の萌黄色のロゴマークも付けていたら、全国の鉄道オタクがこの牛乳を愛飲するようになるかも知れない。
 
 根室直送の牛乳だったら、すごいな~!と思ったら、加工地は埼玉県でした。根室で飲んだときと比べると、味は微妙に違う。千葉の空気だと、味が変わってくるんですかね・・・。
 青ヶ島の給食に出ている牛乳と同じブランドかと思ったら、1文字だけ違っていました!

 お昼は・・・札幌らーめん(味噌風味)。スープが味噌なので、豚肉も味噌仕込み。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道に何度も来ているのに根室は23年ぶり

2017-07-25 00:00:00 | 麺類・パスタ

 このすべての硬券は鉄道で行ったのではなく、ゴールデンウィークの長期休暇を利用して、東京からクルマで北海道のすみすみまで行く狂気の沙汰、という旅のとき。あの頃はまだクレジットカードを作っていなかったので、北海道でも手数料無料~!の郵便貯金(現:ゆうちょ銀行)キャッシュカードで引き出したような記憶が・・・。ホテルや旅館に投ずる余裕もなく、全日程車内泊まり。今だったら、絶対に無理。
 最東端の東根室駅、そして根室駅に行ったということになりますが、あのころの記憶はあんまり・・・。根室での御飯はどうしたのかというと、東根室駅近くにモズバーカーを見つけ、そこで晩御飯、ということは覚えている。あの頃は少ない量でも腹は持ちこたえていた。

 今だったら、根室の郷土料理は何だろう?と事前にリサーチ。本場でいただいたときは、バターライスが決め手。前回作ったときの改良版。本場のバターライスはガーリック、しょうゆ、塩コショウも少々含まれているのか、味にメリハリあり。
 「ネムロの郷土料理」と親に伝えても、北海道のどこなのか、わからなかったみたい。

 晩御飯は、いきつけの鮨屋さん。「あの~父が・・・だからシャリはいつもより少なめで」と板前さんに伝え、にぎってもらいました。
 「なになに病の自覚症状がなくても、食べ物には気をつけるんだぞ!」と言っても「シャリが少なくても、オカネは変わらないんでしょ、シャリを少なくした分、値下げしてもらわないと!シャリが少ないと、たくさん注文するからかえって高くなるんじゃないの?」と相変わらずケチっぷりを発揮。「黙れ!文句言うな!」


 2貫あったのに、1貫食べたあとにパチリ。シャリ少なめでも、結構いける。糖質を制限する人や、ダイエットを目指す人でも寿司が食べられるように、シャリを少なくするリクエストがあるということは鮨屋の板前さんも情報はしっかり存じていると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑い日でも熱いもの

2017-07-18 00:00:00 | 麺類・パスタ
 今日のランチ。ものすごーく暑くてもエアコンを使いたがらない親に閉口。風が出ていて涼しいと言っているけど、室温33度だとしたら、出てくるのは熱風。エアコンを18度にして、パワー全開。普通は、28~29度の省エネモードでつけっぱなしにしたほうが、パワー全開にするよりも節電だってば・・・。
 山口県の岩国駅で買った切符で旅行中?と聞かれましたが、3連休はどこも混んでいるから・・・と返事したら、クルマは混むけど、鉄道はスイスイ時間通りじゃないの?と突っ込まれました。確かに鉄道は高速道路の渋滞とは関係ないはずだけど・・・。

 エアコンで涼しくなったので、熱い長崎ちゃんぽん。
 ずっと昔、何もない漁村で過ごしていたころ、お店が忙しくて近くのチャンポン店に出前を頼むと、スープの冷めない距離なので鍋ごと、どーんと届けてくれたのを懐かしく思い出します。

 出前してくれたチャンポンはもっと味が濃かったけど、うちの父は塩分控えめになっているので、減塩モード。

 熱いものをいただいたあとは冷たいデザート。九州の従兄弟からいただいたものです。

 青ヶ島ごはんは、もっとすごい。こんなに暑い日なのに、名物の「鶏鍋」。冬の間だけかと思ったら、夏も出すんですよね。エアコンが効いている部屋に鍋でも行けるはず、だと思います。お刺身を和風カルパッチョにしたものも食べてみたいな~!!

 偶然にも今夜は青ヶ島から届けてくれた、キントキの煮つけです。身は全部お刺身やカルパッチョにしてしまったけど、頭もきれいにいただきました!!ごちそうさまでした~!!糖質ゼロのビールは太らないです。アサヒの贅沢ZEROは、今まで糖質ゼロのビールを飲み比べてみて、美味しいと思える銘柄。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加