神戸へお嫁にきてみたら

自分の人生を自分の足で自分の思ったようにいきていこうと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

終わりは始まり

2012年12月04日 | サッカーばなし


今シーズンも終わった


ヴィッセル、J2降格が決定


残念だけれど、大丈夫!強くなって帰ってくれば大丈夫


シーズンが終わり、数名の選手がヴィッセルからいなくなることに


近藤岳登選手もそのひとり


私がはじめてヴィッセルのレプリカユニホームをつくったのは近藤選手で


情熱的なプレースタイル、明るい人柄、坊主頭のとても目立つ選手だった


私が近藤選手のファンになったのはモバイルサイトの相談


色んな悩み(?)に答えてるんだけど


その回答が、もう、何と言ったらいいのか、私のツボ(笑いのではなく)にはまった


この人、勉強はできんかもしれんけど頭がすごくいいんだと


こんな発想できるなんて、素敵


スマートフォンにかえてモバイルサイトにアクセスできなくなって


ヴィッセルにスマートフォンでも見れるようにしてほしいですとお手紙を書いたりして


やっとスマートフォンのサービスが開始されたところだったのに


痩せて綺麗になったら一緒に写真を撮ってもらおうと思っていたのに


すごく残念で寂しくて


でも、きっと本人は「終わりは始まり」と思ってるんだろうな


私もそう思おう


「移籍先の新しいレプユニ買わなくちゃ!応援のため遠征しなくちゃ!忙しくなるなあー」




・・・う~ん、やっぱりさびしい・・・(泣)





この記事をはてなブックマークに追加

かわいいけれど

2012年12月04日 | オーラソーマ


先週金曜日からはこのボトル


87番、愛の叡智


今まで、はっきり言ってかわいくないボトルばっかりだった


オーラソーマって修行みたいで癒しって感じがほとんどしない


はじめての可愛いボトル


癒しはやってくるのかな?


かわいい顔して修行かな?やっぱり・・・

この記事をはてなブックマークに追加

おこることはすべてベスト

2012年12月04日 | オーラソーマ
ブログを更新する余裕もなく、また、地に足がつかないほどにグラグラにしてくれた4本目のボトル




72番のピエロ、DNA、RNAの情報に作用することが大学の研究でわかったという別名RNAボトル


今まではボトルワークを終えるごとに大きな気付きというか悟りというかメッセージがあったのだけれど、今回は・・・


私の中で一番しんどかった、つらかった時期を吐き出させてくれた


今まで自分を責めて裁いて自ら針山を歩いていたような私


私はその一番つらかった時期に、何とか光の指すほうへと


自分ができる全てのことをやった


自分の力を全部出した


それでも私の望む光のほうへは行けなかった


それを


もっとこうしたらよかったんじゃないか、もっとできたんじゃないか


そう思ってずっと心に持って自分を裁いていた


けれど、私はできることすべてを全力でやったんだ


それでも行けなかった道というのは行くべき道ではなかったのかもしれない


行くべき道ではないから、どうあがいても行けなかったのかもしれない


時々目に見えないものの力が作用してるなと感じることがある


それを人は神と呼んだりするのかもしれない、なんだかわからないけれど


私は、自分自身が呼び寄せている力だと思っている


今、ここ


それは私が意識的に選んではいないものの呼び寄せた道なんだろう


そして、ベストを尽くしたから今ここに居るんだろう


今ここは私のベスト


ああすればよかった、こうすればよかった


それは違う


やっと、10年近くかかって思えた


やっと、抜け出すことができた






3本目の47番のボトル、古い魂

仕事でパソコンに向き合っていたら「やりたいこと」がピーンとひらめいた

あ、やんなきゃって

それで今、やりたいことを勉強勉強の毎日


この記事をはてなブックマークに追加

自分をありのまま

2012年10月22日 | オーラソーマ


高校の美術クラスで出会った親友


かわいくておしゃれで面倒見が良くて


強くて生き生きして


作品展に私のすっぴんのポートレートを出品して事後報告されたこともあった


大好きな人だ


彼女が学生時代に言ったひと言が、時を超えて私の心におちた


「ひろちゃん、嫌いな人っておる?私はおるよ。いっぱいおる。」


今の私にとっての金言だ


世の中に、自分のありのままの姿で生きている人がどれほどいるのだろう


子どもだって、大人の目を気にして別の自分を演じてみたり


世間様から見てよい母親、素敵な主婦であるように


もう大人なんだからしっかりと


先立つものは常に自分の気持ちではなくて周りの目


「嫌い」というネガティブであり表現することを一番押えているであろう感情


親友は、どんな感情でも話してくれた


彼氏ができない、フラれた、喧嘩した、あの子嫌い、こんなことした・・・


ドロドロの感情を何のてらいもなく話してくれた





自分を演じていないか


自分の感情に罪悪感を持っていないか


自分を自分として誇りを持ってのびのびと生きていけるように






私の名前を旧姓で読み解くと


もう、ピンクとイエローしか有り得ない、かわいくて丸っこくて・・・と、いう本質があるらしいく


随分離れてしまったなあと思いながら


本来の自分と離れてしまうまでにもがいてきた自分も受け入れていこう




ピンクとイエローの22番の再生者、目覚めのボトルは混ぜると私の魂の色オレンジに

この記事をはてなブックマークに追加

変革手前はめちゃくちゃしんどい

2012年10月17日 | オーラソーマ


私のごくごく身近に1本目のボトルワークに取り組んでいる人がいる


仮にその人の名前を「ぱぱん」としよう(「ぱぱん」って感じだから)


「ぱぱん」のボトルは49番の「ニューメッセンジャー」


最近、ぱぱんの様子がおかしい


肩が凝って仕方ないという


いつもブツブツ独り言を言っているが、本人には自覚がないらしい


ついには出社拒否に陥った


今まで真面目一本だったぱぱんが理由なく出社拒否・・・!聞くと「理由はないけど行きたくない」のだという


ボトルを見せてもらうと、大汗をかいている


しかも、半分くらい使ったところ


どうやら、今が一番しんどい所なんだろうと思った


乗り越えの真っ最中、戦いの真っ最中





オーラソーマは一つのアイテムだ


この壺を買えば、この財布を使えば幸運が・・・ってものとは違う


ボトルを使うと、課題が出てくる


そして、その課題を自分で乗り越えなければならない


そう、自分で


「自分の足で乗り越える」これが、私がオーラソーマを選ぶ理由


自分自信で向き合わないと依存心に支配される


「これがないと」「この人がいないと」


逃さないためにお金を湯水のように使ってしまったり


アイテムは、あくまでもツールだ


使いこなすものであって、支配されるものではない





ぱぱんのボトルの易を見ると「変革」(脱皮)とあった


ボトルワークを終えたぱぱんは一皮むけているんだろう


その道はものすごくしんどうそうだけど、めちゃくちゃ楽しみだ

この記事をはてなブックマークに追加