おが の 冗談本気

音楽、映画、阪神タイガースが好きな おが の個人ブログです。ミドリフグも飼ってます。

第1020話 「ダイエットしておりやす」

2017年01月03日 18時30分34秒 | Weblog
はい、これもまたタイトルどおりでしてですね・・・
私、ダイエット中でございます。
まぁ今は年始という事で一時中断しておりますが。
「え?そんなんでダイエットできんの?結局挫折すんじゃねぇの?」
と思われてるそこのあなた!(笑)
まぁ私の話を聞いて下さいな。

元来、私は太りやすい体質でありましてそれでも学生の頃や20代の頃は
今より全然やせておりました。
そしてありがちなパターンですが年齢を重ねるごとに少しづつ
体重が増えていった訳です。
しかも食生活は変わらないから余計に増えていく訳です。

そして今の仕事に就いてからは毎年健康診断を受けておりました。
そしたら年々、色んな数値が少しづつ上がっていった訳ですよ。
そしてついに医者から警告的なもんが来たってな訳です。

まぁ人間ってよっぽどの症状が出ないと大丈夫でしょって思っちゃう訳ですよ。
そんな私もそうなんですね。まだ最悪な感じにはなってないからよけいなんですな。

ただね、昔着てた服とかが入らなくなってきた訳です。
「う~ん・・・これはシンプルな服装で行くしかないかな・・」
なんて思ってしまうんです。これはまずいパターンですね。
太ってきた事から逃げてるんですな。

これでも私は一時期走るのにハマってた時期があるんですよ。
走るのが楽しいって思ってた時期。
何か仕事とかプライベートで嫌なことがあると走って解消できるみたいな。
人間って続けてると慣れてくるんですよね。
走ってるとだんだん走る距離が伸びてくるんですよ。
それが嬉しくて無性に走ってた頃がありました。

しかしそれも途絶えました。
理由は仕事での出張。出張を気に走るのを辞めちゃったんですよ。
出張が終わってもそのままズルズルと結局辞めちゃったみたいなさ。

そしてついに私の体重が未知の領域に突入しました。
それまで計測された事が無い数字にまで太ってしまいました。

そんなときに今現在流行っている炭水化物ダイエットを知りました。
ご飯、パン、麺類などの炭水化物以外ならいくら食べても大丈夫という安易な
方法を知り試しにやってみようと思いその手の本を購入し
実践に移してみました。

朝は鉄分の入った飲むヨーグルトと野菜ジュースにローソンの糖質制限されたパン。
昼はご飯少な目の食事。そして夜はご飯は抜いて鶏肉をメインにあとはヨーグルトとスープ程度を食す。
そしてスナック類の間食は一切食べない。甘いものはカカオ70%のチョコか
糖質制限されたチョコバーを食べる程度。
そして家の近所のジョギングと筋トレをするようにしました。

これをしばらく続けてました。このメニューにしたのはいきなり色々と制限すると
続かないと思ったからです。

そして毎朝、体重計に乗ってたんですがある日、何といきなり8キロ減ってました。
「マジで・・・すげーな・・」と思い毎朝体重計に乗ってたら少しづつ減っていくんです。
そのときに「あ、これはいけるかも・・・」と思いました。

そして私はこの食生活に慣れてきたんで夕食の鶏肉メインの量を少しづつ減らしていきました。
そしてついに夕食のメインはプロティンドリンクにシフトチェンジしました。

そしてその結果・・・なんと・・・
私が一番太ってた頃の体重と比べると何と30キロ減ってました!
これって凄くないですか?自分でも不思議な感じなんですよ。
走ってた頃もさすがにこの体重にはならなかったしね。
多分この体重って学生以来じゃないかなぁ。
ジーンズはもうブカブカだし昔に着てた服も余裕で着れるし。

仕事場の人たちにはやせたんで心配されたりとかしてますね。
まぁ今んとこは自分的には何ともないんだけどもね。

まぁご褒美じゃないけど年末年始は好きなもんを食べさせてもらいました。
自分的には久しぶりに色々食べたらまた元の食生活に戻るんじゃないかと思ったんですが
何か久しぶりに色んなもん食べても感動が無いんですよ。
「あれ?こんなもんだったっけ?」って感じで。しかもすぐお腹いっぱいになって
量は思ったほど食べれないしね。

明日から仕事が始まるんですが明日からはまた元の食生活に戻します。
何か今回はリバウンドしない自信がありますね。
人間の慣れって不思議だなぁって思いましたね。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1019話 「電子書籍を導入」 | トップ | 第1021話 「バイク事故」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL