浅野雅之の「いつまでかけるか5」

京都府の真ん中(?)の京丹波町で小説やイラスト、マンガなど日々の雑記をかいていこうかなあ・・・。

〝すず”さんを描いてみた。

2017-05-14 06:03:57 | イラスト
映画「この世界の片隅で」の主人公〝すず”さんを描いてみたけど・・・。

面長な顔が丸顔になったし、昔の服装がうまく描けなかったし・・・。

とにかく!映画の感想も書いていくと

背景などの描き込みの細やかさ、すずさんの色っぽさ(?)、〝イイ”セリフも随所にあるし・・・。

コトリンゴさんの音楽(エンディングテーマもイイけど、オープニングの「悲しくてやりきれない」も!)、

あと、戦争のあった時代も、日常と地続きなんだなあと感じました。(今の時代もそういうかんじがするけど・・・)。

あと、実は原作の漫画を図書館で借りていたのですが、最初の方だけしか読んでいませんでした。

こうの先生、ゴメンナサイ!また、ちゃんと読まないと!

また、映画も繰り返し観たら感想など書きたいです。

最後に予告編などでも、よく使われていたセリフ、映画を観て〝ちょっと”意味が分かった気がしました。

「ありがとう。この世界の片隅で、うちを見つけてくれて。」





















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「この世界の片隅で」っ... | トップ | 〝竹原ピストル”ってどう? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL