浅野雅之の「いつまでかけるか5」

京都府の真ん中(?)の京丹波町で小説やイラスト、マンガなど日々の雑記をかいていこうかなあ・・・。

よく読んだ絵本って・・・?

2017-04-23 20:47:13 | 日記
お題「印象に残ってる絵本は?」に参加中!
まず、最初に思い出したのは「じごくのそうべえ」と言う絵本。

調べてみたら田島征彦さんという絵本作家が絵を描かれていて

原作は落語の「地獄八景亡者戯」というもので、たしか亡き桂米朝師匠などが

よく演じられていたそうですが、その原作はあまり知らないのですが、

その絵本は話のスジとしては地獄に落ちた主人公たちが、いろいろな地獄を巡るが

閻魔様だかに呆れられて生き返る・・・ってな話だったと思うのですが、

とにかくスジよりも子供心におかしかったのが、いろんな下ネタがよく出てきて

それで何回も何回も読み返した記憶があります。(でも、下ネタで喜ぶところはあまり成長してない証拠かな・・・?)

あと、他の人も触れているけど「ぐりとぐら」や「おおきなかぶ」とかかな・・・?

後、これも他の方が触れていたけど、「こどものとも」だったか月刊の絵本が幼稚園の頃にあって

毎月よく読んでいたなあ・・・。

あと、絵本というか童話というジャンルになると、もうちょっと後、小学生以降に宮沢賢治とか読みだしたけど

正直無理して背伸びしていたかな?

後、大人になってからも絵本をいろいろ読みたいけど、なんか遠慮しちゃうのはおれだけでしょうか?




















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家のパンジー。 | トップ | 「ひよっこ」って、どうだっぺ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL