赤い実

2007-10-06 | Weblog
花水木(ハナミズキ)の実が
赤くなっていました。
   
   来年の花芽もしっかり♪

秋といえば実。
果物も美味しい季節ですね~。
柿はまだ赤くないけれど(スーパーには
もう出始めましたね。甘かったです)
小さな実はどんどん赤くなっています。

ここ数日で見つけた赤い実を並べてみました。

一位(イチイ)は生垣でお馴染み。
実は甘いけれど種は有毒だそうです。
   
別名:笏の木(シャクノキ)
昔この木で貴族の持つ笏を作らせて
正一位を授けたので「一位」と
名が付いたという説もあります。

蔓バラの実も真っ赤で目立ちます。
確か春には白っぽい花が咲いていたような・・。
   

ピラカンサスは鉢植えになっていたもので
一部だけ赤くて思わずパチリ。
   


今日もキンモクセイのオマケ。
蕾が顔を出し薄い黄色が目立ってきました。
   
注:昨日載せた写真とは違う木です。
一日の変化ではないと思いますので
誤解のないように・・。






   クリックするだけで募金ができるサイト
   



ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千日紅♪ | トップ | 白雪姫♪ »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (mico)
2007-10-06 18:53:27
私も今日の散歩でハナミズキの赤い実と
金木犀の蕾を見かけ嬉しくなりました。
金木犀蕾なのにもう好い香りがしてましたね。
一位の木の実は初めてです。
ピラカンサの色づきが早いですね。
我が家のはまだ緑です。

実の季節ですね (beniha)
2007-10-06 19:23:05
色々と見かけます。

キンモクセイ、確かに今年は遅いです。
 (水戸小紋)
2007-10-06 19:24:12
 薔薇の赤い実は かわいいですね。
 大事にしている オレンジの薔薇は 次のために早く切るので 実が当然つきません。
 ほったらかしの 目立たない薔薇には いっぱいつきます。
 (うさみ)
2007-10-06 19:39:50
お花に比べると、実は地味なのでつい見逃しがちですが、頑張って実を結ぶことこそがお花の存在意義なんですよね。
バラの実は、バラだと気付きますが、それ以外は何の実かな~と思うだけのことも多いです。
きんもくせい! (前向きな心と人のぬくもり)
2007-10-07 00:38:37

ofuuさん

 いつもコメント有難うございます。

 私も、夕方、娘と散歩しているときに、きんもくせいを見つけました。いい匂いなんですよね。
(^○^)

 またお立ち寄りください。
Unknown (こむぎ)
2007-10-07 01:26:37
赤い実、かわいいですね。
イチイの木のことを、北海道の義母は「オンコ」といっていました。
我が家に、義母が北海道から持ってきて植えてくれたのですが、枯らしてしまいました。
この木で作った、茶筒と茶托があります。
義母のことを思い出しました。
ありがとう。
micoさん♪ (ofuu)
2007-10-07 14:54:13
micoさんもハナミズキの実とキンモクセイご覧になりましたか。同じ日に見ていたなんて何だか嬉しいです♪
キンモクセイ蕾でも香りがするみたいですね。今日はもう近寄らなくても香りがして秋の空気を満喫できました。
イチイの木は身近に沢山ありますが実の生らない木も多いみたいですね。私は近所に二箇所実の生る木があるので毎年眺めています。
ピラカンサス、他より早く色付いたようです。こちらでも、まだ色付いていない木も多いですよ。
benihaさん♪ (ofuu)
2007-10-07 14:59:31
赤く色付いた実で秋を感じました。平地では紅葉は今ひとつなので毎年実の方を楽しみにしている向きがあります(苦笑)
キンモクセイ今日はあちこちで香りがしていたので、やっと開花したようです。とても遅いですね。
水戸小紋さん♪ (ofuu)
2007-10-07 15:11:54
バラの実も可愛いですよね♪
大事なバラに実をつけるわけにいきませんね。よく分かります(笑)
記事に載せた蔓バラは、蔓がいっぱいに伸びて花を摘むどころではなさそうな木でした。あまり手をかけなくても自然のままで元気一杯のバラなのでしょうね。
水戸小紋さんの家の実がいっぱいつくバラも、ほったらかされていても元気なタイプではないかしら♪
うさみさん♪ (ofuu)
2007-10-07 15:20:24
植物にとっては実や種子の方が大事なのですよね。人間の都合で綺麗な花や食べられる実ばかり注目しますけど(苦笑)
実だけだと区別のつかないものも多いですね。
お花に興味を持って観察するうちに、花の後に出来る実、それから葉や樹形など植物全体を見る機会が増えてきたように思います。そうはいっても目に留まるものは限られていますが・・。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。