名古屋グランパス不定点観測

名古屋グランパスを中心に、Jリーグ、日本代表から世間の話題、その他諸々に至るまで、脈絡もなく書き連ねます。

新装開店・ルヴァンカップ初代王者は浦和レッズ

2016-10-16 06:25:18 | 日記
なかなか天気が安定しなかった今年の秋ですが、昨日(2016年10月15日)は朝から気持ちのいい青空が広がりました。午前中の外出が長引き、遅めの昼ごはんを食べてから少し昼寝。前半の途中からYBCルヴァンカップの決勝戦をテレビ観戦しました。関東地方も素晴らしい秋晴れに恵まれたようです。

リーグ戦と同様、カップ戦も例年より大会進行が早まり、決勝戦は半月ほど前倒しされました。ワールドカップ最終予選も観なかったので、生の試合は久しぶりです。勝った負けた、点が入る入らないはさておき、ボールが軽やかにつながるだけでサッカーというゲームはこんなに心地よいものになるのかとあらためて感じ入りました。終盤は両チームともお疲れ気味でややパフォーマンスが落ちたものの、ニュートラルな立場でも十分楽しめました。ペトロビッチさんの変なジンクスみたいなものが破られて、なんだか今シーズンはこのまま浦和レッズの進撃が続きそうな予感がしています。ひょっとすると、三冠なんてことも…。


近所のスーパーで目についたので買ってみました。麦茶がまだなくならず、午後のティータイムもこんな感じです。
味覚が敏感じゃない小生には、この商品のウリである発酵種云々はよくわかりません。ナビスコ時代のリッツとの区別も(形以外は)つかないほどです。強いて言えば、少し薄味で口当たりも柔らかい気がします。いい意味でリッツのDNAを引き継いだ印象で、いろいろ乗せて食べてもおいしそうです。
なお、大会の名称は変わったものの、
Longest sponsorship of a professional football competition
のギネス世界記録は継続されることになった由。祝着至極です。
                                      

華やかな舞台から遠く離れリーグの底辺であえぐ名古屋グランパスは、J-STEPでの秋季キャンプを終えて名古屋に戻ってきました。中断前の試合でもすでにかなり戦術は浸透していたので、それを再確認&徹底させることに時間を費やしたようです。シーズン途中で監督が交代し、いくらでも時間がほしかったグランパスにとって、天の恵みともいうべき3週間のオフでした。大会名が変わったのをきっかけに、来年はYBCルヴァンカップでも好成績を残してほしいものですが、それ以前にまず参加資格…。


にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お気の毒なハリルさん | トップ | なんとかなりませんかね?育... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。