オフィスだいの業務日報

クリエイティブコンサルタントとして活動する自分のための記録です。

中学英語と資格試験

2017-03-07 15:09:30 | 日記
昨日は中学英語の準備と資格試験についての指導を行った。

中学英語に関しては、ようやく英語とは何なのか。というところに差し掛かった。

読む、書く、聴くという行動を関連付けて効率よく楽しく記憶してもらいたい。








それは中学英語だけではなく、勉強全般に言えること。

楽しくと言っても、人それぞれ『楽しく』の概念が異なる。

そのためには、こちらが思考錯誤して各々の『楽しく』を知ることからはじまる。

ただ現在の小学生の日々の行動観察をしていると、

『何かを考える』ということをする学習者が極めて少ない。

それは勉強面だけではなく、日常生活や遊びに関しても言える。





たくさん遊びたいから、早くに家庭学習を終わらせよう。

そのためには丁寧な作業をしていると時間が掛かるから手短に終わらせよう。

などなど。

保護者の視点からすると良い行動に思えないだろう。

しかしながら、そこには自発的に物事を考える視点がある。

自発的な視点からスタートすることで、やらされているという義務感がなく積極的に考える。

積極的に考える姿勢こそ学習の第一歩である。

ただ与えられたものをこなすこともなく、『宿題(課題)が出来ません。だからしませーん。』

という学習者及びそれを黙認する保護者が多い。

そういうご家庭は大概、『うちの子は悪くない。学校や先生が悪い。』という考え方だ。

その考えを元にして、批判的に考えるならば構わない。

ただ、それを言い訳にして(言い訳にもなっていないと思うが)、ただただ子供がかわいいです。

というのは子育てというのか疑問に感じる。

学習者の自発的な視点の有無は保護者に寄って変わると感じる。

資格試験に関してはインプットは既にしているようだ。

実際に試験問題を通してアウトプットしたが、全体の半分程度の出来だった。

試験に向けて少しずつ詰めていくことにする。

また苦手なところが分かるように解答するように指示を出している。

そうすることで、次回以降の間違いなおし、確認の作業が飛躍的に簡単になる。

そこで簡単に分からないと時間がかかり、他の事項に時間を割り振れなくなる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中学英語 | トップ | 文章を書く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。