パソコンサポート Q & A

パソコン講習会で寄せられた質問を解説しております。


電子メールを安全に使うために(添付ファイルの取り扱い)

2017年05月14日 | メール

ビジネスでは欠かせない電子メールですが、ウィルス感染やフィッシング詐欺など危険が潜んでいます。

特に電子メールの添付ファイルの取り扱い上の注意点をあげておきます。

・添付ファイル付きのメールは厳重注意する
 メールの添付ファイルは、不用意に開かないようにしましょう。
 最近は見た目で怪しいメールかどうかを判断することは難しくなっているので注意が必要です。

・添付ファイルの見た目に惑わされない
 WordやExcel、画像ファイルなどウィルスに感染することのないファイルに見せかけた添付ファイルを送り付けるウィルスが発見されており、注意が必要です。添付ファイルはアイコン表示や見えている拡張子情報に惑わされないようにしましょう。そのためにも「拡張子」は表示しておきましょう。
   拡張子の表示方法はこちらにあります。

・知り合い・実在の組織から届いたものこそ添付ファイル付きのメールは疑ってかかる
 知り合いや実在の組織になりすましてメールを送られている可能性もあります。
 少しでも不自然なことがあれば、先方に問い合わせるなどして安全を確認してからファイルを開きましょう。

・メールの本文でまかなえる情報はファイルにして添付しない
 必要な情報はメール本文に記載し、メールに添付ファイルを付けるのはできる限り避けるのが好ましいですが、必要に迫られる添付ファイルはウィルス検査を行ってから添付しましょう。

・各メーラー特有の添付ファイルの取り扱いに注意する
 一部のメーラー(メールソフト)では、受信時に添付ファイルを自動的に開いてしまうものもあります。
 このようなメーラーの特殊性など添付ファイルの取り扱いに関連する事項をよく把握して使用することが大事になります。

 

 

 よろしかったら・・・応援クリック・・・お願いします。励みになります。


人気ブログランキングへ

ジャンル:
セキュリティー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セキュリティ対策の基本 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。