Officeの基本を知る

Officeの基本を知る

Office 2010パッケージエディションではなく、ダウンロード版を選択する理由

2016-10-18 17:43:01 | visio2016

マイクロソフト社はパッケージ付きのDVDエディションの代わりにダウンロード版を普及させていきます。技術更新の速い時代において、パソコンのDVDドライブも少しずつ淘汰されていきます。一方、インターネットがますます増速し、新しいエディションのWindows 10,Office 2016は完全にDVDパッケージエディションを諦めました。現在、直営店でソフトウェア製品を購入する場合、DVDディスクではなく、ダウンロードアドレスとアクティブ化用のプロダクトキーが提供されます(POSAとダウンロード)。消費者が製品を購入したあと、ダウンロードアドレスにアクセスしてダウンロードし、それをパソコンにインストールし、そしてプロダクトキーを入力してアクティブ化すれば、使用できるようになります。

Office 2010にはDVDパッケージエディションもありますが、購入から届くQまで2−3日待つ必要があります。製品が届いたら、またDVDドライブ付きのパソコンでディスクを読み取らなけらばなりません。

一方、ダウンロード版であれば、最初から最後まで簡素化できます。製品を購入したあと、ダウンロードアドレスとプロダクトダウンロード版がもらえます。Office 2010 のISOファイルは1.63Gで、既存のインターネット環境において10Mの帯域幅を例に、ただ18分でダウンロード完了できます。インストールとオンラインでアクティブ化する時間を加えて30分以内かかります。今すぐOfficeソフトウェアを仕事に使用しようとするユーザにとって、ダウンロード版は最も賢明な選択肢です。

そして、Office 2010は2010年に発売され、市販のDVDパッケージエディションも2010年に作られ、パッケージエディションを購入するのは、何もアップグレードしていない古いエディションです。インストール後、気が遠くなるほどアップグレードして、SP2になります。一方、ダウンロード版はSP2を内蔵しており、インストール後、最新のSP2エディションです。

永久保存する必要があれば、ダウンロードしたISOファイルをDVDに焼くことも可能です。

ダウンロード版をシェアと送信するのも簡単で、会社のコンピュータ管理人はそれを公共フォルダに入れることで、他人にシェアできます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Office 2016つてどんなソフト? | トップ | Office 2010 ダウンロード版... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。